« まだ明けないお正月 | トップページ | 眞鍋さんからの契約解除、四つの理由 »

2010年3月13日 (土)

2010眞鍋さんに活目!

時効撤廃がいよいよ動き出した。

飲み屋のつけは一年で時効だが、

こっちは撤廃されないらしい。

 

社会人になりたての頃、調子に乗ってつけで飲みまくり、

当時の収入では有り得ない金額に膨らんでしまった。

性根を入れ替えて支払いの為だけに店に通い、

何とか全額を支払ったのだが、

請求を恐れて店に行かなくなるのが

一番いけない事の様で、店も困るらしい。

一人で外出できなくなってから店には行っていないが

今でも年賀状は来る。

 

それに比べると眞鍋さん、調子に乗ることなく、

一過性の流行に便乗することもせず、

地に足をつけて着実に歩んできた。

フレンチの食い過ぎで生まれて初めて

体重50kgオーバーを達成してしまったことはあったけど、

プロ意識に燃えてすぐに立て直した。

肥え過ぎで芸能界を引退したどっかのアイドルとえらい違いだ。

 

自ら切り拓いてきたこの歩みこそ眞鍋さんの力。

2008年は気配りの行き届いた大人の眞鍋さん。

2009年は遠慮なく自分を開放する眞鍋さんだった。

となれば、自立心が強まるのは当然の帰結だ。

でも、大人なので独りよがりの暴走はしない。

やっぱり地に足がついている。

 

前にも書いたことだけど、

波に乗って砂浜に残した足跡は、

次の波が来たら消えてしまう。

でも、しっかり足場を踏みしめてきた

眞鍋さんの足跡は消えない。

足場が崩れないように、

今も踏み固めているに違いない。

 

一つのターニングポイントになった2010年。

さて、どんな眞鍋さんが見られるのだろうか。

活目して見よ!

なんて言われなくても見てしまう。

眞鍋さんだって、必ず魅せてくれるはずだ。

 

|

« まだ明けないお正月 | トップページ | 眞鍋さんからの契約解除、四つの理由 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010眞鍋さんに活目!:

« まだ明けないお正月 | トップページ | 眞鍋さんからの契約解除、四つの理由 »