« 確定申告の頃 | トップページ | エイプリルフ-ルでも嘘はつけない眞鍋スマイル »

2010年3月31日 (水)

腑に落ちん

眞鍋かをりさんの一件につき、どうにも腑に落ちない点がある。

 

アヴィラは「不透明な金の流れ」が

「脱税に当たる」と認識していたというが、

同時に、眞鍋さん側にその認識がないことも

「認識」していたのではないだろうか。

 

意図的に脱税工作をしていたのなら、

そんなものを放置して脱税王相手の訴訟を起こすとは、

どう考えても不用心、不自然で辻褄が合わない。

 

そもそも業務委託契約だけで「脱税と認識」できるはずがない。

自分が実行し、摘発された脱税工作と完全に重ね合わせていて

自分がやってきたからこそ成り立つ推理と憶測だ。

 

だからこそなおさらおかしい。

 

本当に同じ穴のムジナだったら、

親分が逮捕されるのを目の前にして放っとくはずがない。

アヴィラの帳簿が査察で押収されているのだから、

いつバレたっておかしくないのだ。

とっとと身の周りの整理をしていたはずであろう。

 

結果的に、眞鍋さん側に脱税工作の意図などなかったことを

逆に証明している様に思えてならない。

だが、それがつけ目だったのだ。

 

不意打ちは相手が気付いていないからこそ効果がある。

一社のみにリークし独占スクープとして大きく扱わせ、

「してやったり」と他社の追随を促すファックスを送る。

 

そのはしゃぎっぷりは

眞鍋さんが査察調査を受けたかのような話を、

ファックスでは断定してしまったところにも伺える。

 

過失、見落とし、認識不足で修正申告することはよくあること。

それだけでは脱税という犯罪は成立しない。

一般紙が扱わないのは当局がまだ動いていないからだ。

今後の動きについてはまだ分からない。

 

だが、「独占スクープ」を貰った某紙は、

アヴィラサイドに立った報道姿勢を続けている。

悪い噂を流すことだけが目的だったとしたら、

まんまとそれに乗せられていることになる。

 

眞鍋さん側は訴状以外の発言を控えてきた。

それに対し、アヴィラ側がやったことは

記者からさんざん逃げ回った挙句の腹芸。

徹頭徹尾、公正には生きられない人なのだと感じざるを得ない。

 

本当の巨悪は誰なのか、

今一度出発点に立ち戻って欲しいものだ。

 

|

« 確定申告の頃 | トップページ | エイプリルフ-ルでも嘘はつけない眞鍋スマイル »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 やっぱり報復行為なのでしょうか?
 
 会社の脱税問題を管理職でも役員でもない契約者が黒幕ですのでご理解くださいという話は始めて聞きました。

 そもそも立場が逆で、事務所(会社)に言われてしかたなく脱税に加担した(社員)が情状酌量を認めて下さいならわかるのですが、

 管理職でもない契約している(社員)に頼まれて、仕方なく脱税を行った(会社)が許してくださいって

 パワーバランスが 眞鍋>事務所 ってこと。


 報復ではなく、真実を明らかにするための文章と読み取ろうと思ったのですが、

 これを読んで、ああなるほど これならば事務所の責任は軽い
なんて思う人はいないでしょう
 
 事務所に だから何? という質問をしたら、
 返信は何? 

投稿: firstheart | 2010年3月31日 (水) 22:37

現段階では事務所の嫌がらせとしか思えませんけどね・・・。
今回の報道でバッチリ眞鍋さんが悪い女だというイメージを埋め込まれた人もいるようですが・・・。

話は変わりますが今日は芸能人としての眞鍋さんの誕生日ですね。
本当の誕生日を知っている私にとっては
「かをり~ん!誕生日おめでと~~~( ^ω^ )イェイッ( ^ω^ )イェイッヘ(゚∀゚ヘ)イェ~~~イッ!!ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ 最後の20代だね☆(σ・∀・)σゲッツ応援しちょるよ~~^^」
・・・・・なんてコメントを見ると少しせつなくなります。

投稿: まりも | 2010年3月31日 (水) 23:01

 誕生日に関しては、うすうす気づいていたというか、言える範囲ですこしずつ公表していましたからね。

 ファン同士で話す(コメントする)ときにも、誕生日の話になると、相手は知っているのか探り探りしないといけないのが残念なところで、

 Nagaraさんも私に対して気遣って3月31日ということで話をあわせて、私もご存じないものだと思って話をあわせたのですが、結局 両方知っていました。

投稿: firstheart | 2010年3月31日 (水) 23:20

読めば読むほどアヴィラ側のボロが見えてくる文書ですよね。
あんなのを無批判に垂れ流す神経が分かりません。

私も現役記者時代、様々なリーク情報に接しましたが、自分で裏が取れないものは上にはねられてしまうので、活字に出来たものは一割にも達しませんでした。
スポーツ紙の倫理基準が分かりません。


眞鍋さんのホントの誕生日は、眞鍋さん自身がラジオで言ってしまいましたね。

投稿: KenNagara | 2010年3月31日 (水) 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腑に落ちん:

« 確定申告の頃 | トップページ | エイプリルフ-ルでも嘘はつけない眞鍋スマイル »