« 宮根、丸岡両氏の「栄転」 | トップページ | 恩師は「坊っちゃん」?~眞鍋さんのアンビリーバボー »

2010年2月24日 (水)

芸能誌の眞鍋さんと青空

水を含ませ過ぎた水彩のように薄いが

雲ひとつない青空だ。

遠景に霞がかかって見えるのは春っぽいが、

都会の青空はいつもこんななので実感はない。

でも暖かい。

 

お陰で病院までの道のりはとても楽だった。

治療方法がないので経過報告だけの通院。

だが、これが馬鹿にならない。

数年前のこと、階段で転倒し鎖骨を折った際、

救急車で運ばれた病院からそのまま帰された。

手術は勿論、何の措置もしてもらえずに、である。

 

ジストロフィーと聞くと麻酔医がビビる。

術後も元に戻らなかったら責任を問われるから。

で、「主治医のいる病院へ」となる。

足元のおぼつかない身というのに、

おちおち骨も折っていられない。

折りたくもないが。

 

そういう訳で、「主治医」を確保しておかなければならないのだ。

年に何回かは診断書が必要となるので、

「例のものを」でさっと作ってくれる医師がいたら楽だし。

 

「治らない」とあきらめるのは簡単だが、

おいそれとあきらめることはできない。

眞鍋さんが戦っているのだ。

眞鍋さんが戦っている時は、自分も戦っていたい。

眞鍋さんが頑張っているなら、自分も頑張らねばと思う。

 

売店で見つけた『アサヒ芸能』に眞鍋さんの記事が載っていた。

既報の焼き直しで目新しいことはないが、

それでは記事として弱いと思ったのだろう

「月給30万円だった」などと見出しをつけ、

「それが一番の不満」とそっち方向に持っていこうとしている。

 

「楽しくて食べるのに困らなかったらいい」

そう普通に本音で語っていた眞鍋さん。

金銭欲ともセレブ志向ともまるで縁のない人なので、

金銭絡みとしたいのはパターンにはめたい編集者の方だろう。

吉本興業でさえ、眞鍋さんクラスなら月100万円以上は堅い。

だから「30万円」も鵜呑みにし難いが、本当だとしても

本質的な問題ではないと断言する。

 

とは言え、記事は眞鍋さんに好意的である。

「一時的にテレビでの露出が減ったものの、

タレントとしての眞鍋の人気は依然として絶大」

として、「再スタートに期待したい」と結んでいる。

悪く言うだけのネタも見つからない眞鍋さんなので、

これも人徳。

 

眞鍋さんが眞鍋さんでいる限り未来は明るいだろう。

今日の空のように多少霞がかかっているけれど、

やがて春風が吹き払ってくれるさ。

 

|

« 宮根、丸岡両氏の「栄転」 | トップページ | 恩師は「坊っちゃん」?~眞鍋さんのアンビリーバボー »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

春からTBSの金曜19時台に「がっちりマンデー!!」の姉妹番組が始まるようです。
もしかしたら改編時期に間に合わなかった眞鍋さんも準レギュラーとして出演できるかもしれませんね。

投稿: まりも | 2010年2月24日 (水) 23:53

「がっちり」はいい番組ですからね。
眞鍋さんにはこれからますますいい番組でお仕事して欲しいです。

投稿: KenNagara | 2010年2月25日 (木) 00:38

 今度は週刊女性に掲載されました。

 内容は既出のイーストプロダクション移籍に加え、年内結婚

 川島さんが一途やら、眞鍋さんが妹思いやら、ネガティブ要素をほぼ消して掲載されています。

 ちなみに、<以前、所属していた>事務所では、小倉優子とともに事務所の中心的存在で稼ぎ頭だった眞鍋 と書いてあります。

 雑誌というと、悪口がつきものというイメージが漠然とあったのですが、今週出た週刊誌は明るい話題ばかりです。

投稿: firstheart | 2010年2月25日 (木) 07:11

移籍で結婚への足かせがなくなったという読みでしょうか。
これまた女性誌らしいパターン落とし込みですね。

でも、すぐバレる嘘やデマでない限り悪くは言われない眞鍋さん。
「眞鍋は言われへんやろう」と紳助師匠が言っていた通りです。

投稿: KenNagara | 2010年2月25日 (木) 12:01

 一応、情報までに、

 佐々木かをりさんと 岩上安身さんのブログによりますと、どうやら来週から眞鍋さんが復帰ということらしいです。

 ただ、確定情報ではありませんが・・・。

 とりあえず、佐々木かをりさんお疲れ様でした。 今度は別の曜日でお会いできたら嬉しいです。

投稿: firstheart | 2010年2月25日 (木) 22:31

来週からとくダネに眞鍋さんが復帰するそうです!(岩上さんがツイッターで教えてくれてます)
嬉しいですね!
ずっと番組表に載ってたので降板はしてないと思ってました。
本当に良かったです。

投稿: nikoniko | 2010年2月25日 (木) 23:22

firstheartさん、nikonikoさん、有難うございます。

是非とも実現して欲しいニュースですね。

その時はドンぺり・・・は高いのでビール(発泡酒ではなく)で乾杯とゆきますか。

投稿: KenNagara | 2010年2月26日 (金) 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸能誌の眞鍋さんと青空:

« 宮根、丸岡両氏の「栄転」 | トップページ | 恩師は「坊っちゃん」?~眞鍋さんのアンビリーバボー »