« 眞鍋さん伝説の超美脚 Vol.Ⅳ | トップページ | もう一度、備えを確認してみる »

2010年2月 5日 (金)

誰にとってベストなのか?

自業自得だったのか実はそうではなかったのか、

はっきりしないまま朝青竜引退。

自ら身を引く潔さと退職金が貰える実利と

双方を満足させるベストな辞め方と言えなくもない。

相撲協会も面目を保てるし。

 

「調査委員会」の親方は

「大したことなかった」みたいなことを言っていたし、

実際に空騒ぎだった可能性も無きにしも非ずなのだが、

「遅い」という批判を恐れてとっとと幕引きを図った印象。

協会としての責任を問われたくないので腹芸を使ったか?

と疑われてもやむなし。

 

何しろ、公正な選挙よりも「一門の結束」を優先し、

望まない結果が出たら犯人探しをするようなところ。

誰かに責任を押しつけて偉い人の安泰を図っても不思議ではない。

ただ、派手な勝ち方にこだわる朝青竜がいなくなると、

場所が盛り上がらなくなることは間違いない。

 

ファンにとってこれがベストだったのかどうかは分からない。

「甘いと御批判はおありでしょうが」

と理事長自ら世間に頭を下げて

「今後このような事なきよう、協会上げて指導に力を尽くします」

と横綱を土俵に残すやり方もあっただろう。

 

もっとも、漏れ伝わるところによると、

協会として襟を正すとか責任を取るとか

そういう発想は全くなかったらしい。

それが一番クダラナイ。

 

責任を取る人を責任者というのだが、

一度地位を手中にすると保身を優先して責任を取らなくなる。

高杉晋作や坂本龍馬の様に、肩書きを欲しがらない人もいたのだが

つまらない奴ほど出世する仕組みを嫌ったから?

というのは思い過ごしか。

 

一方、こちらも不透明な、眞鍋さん情勢。

事態は明らかに変化しているのに、

納得のゆく説明を誰もしない。

これは一体、誰の意思なのか?

 

やはりファンをないがしろにしたやり方には

ひとこと苦言を呈しておかねばなるまい。

 

|

« 眞鍋さん伝説の超美脚 Vol.Ⅳ | トップページ | もう一度、備えを確認してみる »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

角界の隠蔽体質、保身は政界に似てますね。
朝青龍は自業自得なので同情はしませんが興行(エンターテイメント)としてはヒールがいたほうが盛り上がると思います。
あのキャラクターは嫌いじゃないです。

気になる眞鍋さんの現状ですがブログも元事務所の指示で書けないのでしょうか。
「TokyoLokal」はいつも最後のカッキーの「眞鍋かをりの~」で切ってたんで番組終了に気付きませんでした。
みなみさんのブログを読んで聴き直したら唐突に来週から小倉さんの番組が始まると…
長年やってた番組で最後の挨拶もさせないのかと憤りを覚えました。

投稿: のぞみ | 2010年2月 5日 (金) 11:15

暴行が事実とすればとんでもない話ですが、それでもなお、相撲に関する限り朝青竜は天才だったと感じます。天才を引退させるしかなかった相撲協会には猛省を促したいです。

H.I.S.でも眞鍋さんの「私個人の理由」という朝青竜みたいなアナウンスしかありませんでしたね。
すっきりしません。

投稿: KenNagara | 2010年2月 5日 (金) 11:31

私も、出来れば眞鍋さんにブログだけでも更新して欲しいです。
沈黙したままですね。
残念です。

投稿: かずべえ | 2010年2月 5日 (金) 19:01

どんな事情があるのか・・・正直、すっきりしませんね。

投稿: KenNagara | 2010年2月 5日 (金) 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰にとってベストなのか?:

« 眞鍋さん伝説の超美脚 Vol.Ⅳ | トップページ | もう一度、備えを確認してみる »