« 今年もアンチエイジングの眞鍋さん、「ゴチャ・まぜっ!」でボケ大会 | トップページ | 眞鍋さん、ラピュタ撃墜の図 »

2010年1月10日 (日)

やっぱり出ました眞鍋さんの二刀流

1001091_015

笑顔で解答の眞鍋さんは「小中学校教科書クイズ」

・・・ってホントかぁ?

「儘ならぬ」や「漲る」を小中学校で教えるとは思えない

というより、学校で教えるのかな?

時代が変わってるのでようワカラン。

 

それはともかく、眞鍋さん、4連ハートのAHKAHです。

当ブログにとってはどうでも良くない話。
 

1001091_005
 
相変わらず早押し(今回は早答え)苦手の眞鍋さん、

苦戦の末やっと正解でこの喜びよう。

 

途中、悔しさのあまり声が裏返っていたけど、

後ろの後輩、福田さんに慰められての正解。

「泣くほど嬉しい」

率直です。
 

1001091_026
 
オオッ!このボケはまたストレート!

親も馬鹿では、そりゃ苦労するだろう。

「地元だし、ヤバい」とは言うものの

「読んだことないの?」には

「ぶっちゃけ読んでません」

 

「みんな読んでんのに」の勝又さん、それ本当?

ホントにぶっちゃければ、出演者の半分も読んでいない気がする。

自慢じゃないが、当方も前半10分の1くらいしか読んでない。

名作なのだろうけど、飽きてしまった。
 

1001091_018
 
それより驚きはカンニング竹山さんのボケ。

世界保健機関=WHOをワルシャワ条約機構=WTO。

WTOの方が難しくないかい?

笑いを取るならWoooとか(スポンサーが違うか)。

 

という訳で、

真剣に答えつつ、ここぞという時はボケる二刀流、

今回も冴えた小次郎・眞鍋さんだった。

たまに燕返しも出るので期待しよう。

 

|

« 今年もアンチエイジングの眞鍋さん、「ゴチャ・まぜっ!」でボケ大会 | トップページ | 眞鍋さん、ラピュタ撃墜の図 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

正直言って愛媛県民の9割は半分も読んでないと思います(私も最初のほうだけ読んだことがありましたが時代が100年も違うのですぐ飽きちゃいました(;´▽`A``)
教科書クイズ・・・私も観ましたが少し不満な点がいくつか・・・
記事にもありましたがこんな漢字小中学校で習わねーだろ!(#`Д´)
個人戦なのに何故途中でチーム戦があるんだ!?(#`Д´)
さかのぼりクイズは若い人にはかなり不利だろ!!(#`Д´)

はあ、はあ、・・・・・・( ̄○ ̄;)!

で、でも国会議員を与党と野党に分けるクイズはパーフェクトでしたし、記述も結構正解してましたし、第1ピリオドでは3位だったし・・・
眞鍋さん、やっぱりさすがですね^^

投稿: まりも | 2010年1月10日 (日) 19:51

ですよね。当方、どーもスローテンポな小説は苦手です。

ころころ代わる日本の総理大臣の就任順序なんて同時代人でないと分からないしオリンピックもそう。その他の個人戦で見れば、眞鍋さん、もっと上位に入っていました。

投稿: KenNagara | 2010年1月10日 (日) 20:22

  クイズ好きとしては、地頭力よりも、クイズ用にこしらえた知識が高得点に必須な さかのぼりクイズに比重をおいていた予選形式の後の、

 決勝:オールジャンル必答クイズは残った挑戦者にとって残酷以外の何物でもないとは思いました。(今回の東MAXや前回の椿姫さんがその被害者)

投稿: firstheart | 2010年1月10日 (日) 21:41

一般参加のクイズ番組が「アタックチャンス」のアレくらいになって、一般人のクイズ王もいなくなりました。クイズ番組がパターン化したからこそクイズ王が誕生したのだとすれば、そのパターンをいかに崩すかが番組づくりのカギになるのでしょう。

投稿: KenNagara | 2010年1月10日 (日) 22:37

ご存じかとは思いますが、連休中に関東では「最強脳No.1決定戦」に出ていました。
5人1チームのチーム対抗戦で、眞鍋さんは宇治原さんと同じチーム。
1つの問題に、5人全員が正解(パーフェクト)すると高得点が入り、連続パーフェクトを出すとボーリングの要領でどんどん点数が倍になる、という形式だったのですが、動物の鳴き声をあてるクイズで1人だけ間違えてしまった眞鍋さん。
みんなに慰められて気を取り直して次の問題に挑みますが、次の問題も眞鍋さんひとりが不正解。「そうなってきたら話別やで!」と宇治原さん(隣の席でした)に怒られ、まるで漫才のようでした。
そこから完全にハマってしまい、更に眞鍋さんだけ間違える展開がもう2問ありましたが笑いのカミサマは間違いなく降りてきていて気の毒ですが面白かったですよ(笑) めずらしく、珍回答を連発していました。天然な感じですごく面白かったです。辰巳琢郎さんに「眞鍋ちゃんてこんなおもろい性格やったっけ」と言われていました。
モヘアのような素材の薄いグレーのベレー帽をかぶっていて、黒に近いグレーのワンピースに、赤紫っぽいタイツでとってもかわいかったです。

投稿: とうのいん | 2010年1月12日 (火) 00:37

出ましたか、眞鍋さんの燕返し!
逆燕返しもあって、たまに優勝してしまったりもするけど、
ホントはボケたいんじゃないかな?

菅ちゃんの代わりをしてくれたみたいで、情景が目に浮かぶようです。ファッションまで教えて下さり、感謝します!

投稿: KenNagara | 2010年1月12日 (火) 03:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり出ました眞鍋さんの二刀流:

« 今年もアンチエイジングの眞鍋さん、「ゴチャ・まぜっ!」でボケ大会 | トップページ | 眞鍋さん、ラピュタ撃墜の図 »