« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

スパイスの効いた眞鍋さんの世一授業

1001301_001
 
ちょっと照れ気味の眞鍋スマイル。

「おいしいかどうかは五分五分」という料理の技。

「昨日もオムレツをつくって~」

おお、そうかそうか。で?

「かっちかちの卵の何かができました」

そりゃ悪い方の五分だ。

 

でも、成功した方の五分を言わないところが眞鍋さん。

カップにとろけるチーズを入れて卵を割り入れ、

まぜてから焼くと形を整えやすいのでよくやる。

チーズ好きの眞鍋さんなら更なるバリエーションができるのでは?

 

だが、そんなことはどうでも良い。

番組は「世界一受けたい授業」、

テーマは目の錯覚とハイテク、スパイスなのだ。

火加減、操作まで文字として浮き上がるハイテクフライパン。

「火加減が難しくて」は、この振りだったのかな?
 

1001301_010
 
料理とくれば香辛料だ。

ハバネロをも凌駕する最強唐辛子も登場し、眞鍋さんびっくり。

しかし、犠牲になったのはいちゃもん言いのフット後藤さん。

ベストな人選でキャラが生きた。

 

「あまり唐辛子食べると下痢しませんか」と眞鍋さん。

消化器系が弱いのか?

いやいや、きっと番組で無茶な激辛を食わされたに違いない。

番組上必要とあれば何でもやってしまうからなぁ、眞鍋さん。

 

「いいものある、ちょっと待て」

台湾人シェフがそう言って出したのが台湾唐辛子のてんこ盛り。

ピーマンに似た香りがあって後から辛みが来る。

唐辛子好きの当方へのサービスに喜んで平らげてしまったが、

「唐辛子だけを食べるのはよくない」とか。

そうだったのか・・・飲みながら食ったので余計悪かったか。
 

1001301_013
 
この日は難を逃れた眞鍋さん、いい笑顔です。

もこもこベストにパープル柄のワンピ、

パープルのカラータイツで美脚もばっちりの眞鍋さんだった。

 

ところで目の錯覚。

眞鍋さんは色に騙されていたけれど、

文字に騙され続けてきたのが当方。

たまに校正の応援に行っても役に立たず。

速読の癖がついてる者に文字校正は向かないと思い知った。

 

だが、同じ濃度に見えるはずの青のグラデーション、

当方には全く同じ色に見えなかった。

騙されていいところで騙されない。

上手くゆかないものである。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

これが眞鍋さんの頑固っぷり?

「H.I.S.かをりのブログ」が

眞鍋さんの「個人的理由」により、

今月いっぱいで終了となった。

契約期間やスポンサーの意向もあるから

この辺の事業仕分けは時間がかかりそうだ。

 

眞鍋さんの守備範囲は広いので、

アヴィラのタレントがその全てを代替するのは不可能。

スポンサーもアヴィラのタレントだから

という理由で起用した訳ではないだろうから、

アヴィラの人なら誰でも代打OKとはならないだろう。

 

よく分からないが眞鍋さん、

かなりきっぱりとけじめをつけようとしているように見える。

一度引退してから復活した人もいるけど

眞鍋さん、それでもいいと思っているのかもしれない。

頑固な一面が凄く強く感じ取れる。

 

大相撲の貴乃花親方は、地道な地盤固めをしないままに

自己主張一本槍で突っ走ってしまった感があるけど、

理事に当選しても、あれではその後が大変だろうなと思う。

眞鍋さんがあそこまで周りを見ないとも考えられないけど、

周囲への気配りを忘れないことを願うのみ。

 

器用に上手に世渡りするのが全て良いとは思わないが、

どのようなリスタートを切るのか切らないのか、

しばらくは見守るしかなさそうだ。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

WHAT? ワード/フレーズ拾い読み

月末になったので、毎度飽きもせず

当ブログへの検索ワ-ド/フレーズを整理する。

中には意味不明のものや笑えるもの、あるいは

「えっ!そうなの?」的なものが散見される。

毎月気になっていたことでもあるので、

まずはそれについて一席。

 

一番「?」だったのが「アッティラ大王 明治」なるそれ。

アッティラ大王は5世紀の人なので、

「明治」が年号だとすると全く噛み合わない。

明治時代にアッティラ大王の名を冠した何かが流行ったのか?

調べてみたが、よく分からなかった。

 

フン族が漢の武帝とも闘った「匈奴」と同一民族とする説は、

確たる証拠はないものの、根強く信じられている。

騎馬民族の例に倣い、ロシア、ヨーロッパばかりか

ササン朝ペルシャにもちょっかいを出すなど、

行動半径が広く、腕っ節が強いからだろう。

 

だが、中国、ローマ帝国、ペルシャと明治のつながりは不明だ。

解明できるならしたいものである。

蛇足だが、もしも匈奴=フンとすると、トルコ系であろう。

残された彫像もそれらしく見えるし。

 

明らかに勘違いと思われるのは「ヴァイキング滅亡の謎」。

ヴァイキングの一派、デーン人が住み着いた土地は、

今も「デンマーク」を名乗り、

公園にはヴァイキングの彫像がある。

イギリスの礎を築いたウィリアムも

フランスに定住したヴァイキングだ。

 

滅亡したのではなく、定住しておとなしくなったのだが、

600年もの間暴れまわったのだから、

「消滅した」と思われても仕方ないかも。

 

笑えたのは「眞鍋かをり 年中短パン」。

確かにそうなのだけど ・ ・ ・ 

まぁ、いいではないか。

年中明るく元気なのは眞鍋さんらしさだし、

何より「超美脚!」なのだから。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

真心眞鍋さんは焼き芋みたいにホカホカと

さつま芋は塩水に一晩に付け込んでから

蒸し焼きにすると甘い焼きイモになるのだとか。

そんな話を聞きながら、眞鍋さんが上原美優さんから

鹿児島の芋を贈られた話を思い出した。

 

日持ちはするけれど、野菜というよりスイーツなので

食べ方のバリエーションがすぐに尽きるんじゃないかな

 ・ ・ ・ なんてどうでもいいことを考えていたから。

でも、蒸し焼きは相当時間がかかるだろう。

 

生意気なクソガキだった頃、焼き芋にバターを落とし、

とろりと溶けかかったところをそっと食べるのが好きだった。

だが、長いこと食していない。

電子レンジではおいしくできないと聞いたからだ。

 

だがしかし、丸焼きに時間がかかるというなら

薄切りにしてフライパンで焼いたらどうだろう。

やってみる価値はあるかもしれない。

さて、眞鍋さんはどんな工夫をしているのだろう?

 

ちなみに、眞鍋さんからは愛媛ミカンが箱ごと届いたらしい。

示し合わせた訳ではなかったので、上原さん、驚いたようだ。

サプライズ的にプレゼントを送りつけるのはいかにも眞鍋さん的。

「大好きな眞鍋姉さん」のまるで妹分。

 

検索容易な芸能人ブログなので敢えてリンクは貼らなかったけど、

真心眞鍋さんの「らしさ」にはほっとした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

さて困った

必要な時に必要なものがない。

買い替えるつもりで携帯の契約を更新しなかったのだが、

まだ新しい携帯を入手していない。

どうせ一人では外出できないのだから

急ぐ必要はないと急いでいなかったら、

そういう時に限って必要な事態が訪れる。

 

ここのところ横になっている時間が長いので、

横になったままメールしたりブログを更新できる道具がないと

ちょっと困る。

小型のネットブックも、こういう状況ではあまり役に立たない。

「ココだけ」の眞鍋さんみたいに、

寝そべったままPCを使ったり、

たまにこっちを向いてほほ笑んだりはできないのだ。

 

そう言えば、

テレビをモニターとして使う小型のデスクトップが発売された。

キーボードとマウスはワイヤレス ・ ・ ・ 

いやいや、

病院でもこっそり使える携帯の方がやっぱり良さそうだ。

価格は4万円台とかなり手頃だけど、

これ以上PCが増えても困るし。

 

てな訳でこの辺で。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

「かも」と言わずに羽を伸ばす

今夜もアラサー会が開かれるらしい。

眞鍋さんも「これるかもって言ってたし」と優木さん。

「かも」かぁ ・ ・ ・ 

なんだかよく分からないけど、バタバタしてるみたい。

 

「かも」といえば賀茂川。

多少強引だが、先日ある番組でベテラン芸人D川が、

クソ寒いのにパンツ一丁で賀茂川に入り、

生態調査(?)をしていた。

 

「最近、水質が改善され」なんてナレーションが入っていたが、

都会の川が異臭漂うどぶ川だった頃から

賀茂川や桂川では釣りができた。

鰻だって釣れる。

 

それより驚いたのは聖護院の中にカメラが入ったこと。

観光寺院ではないので通常は入れない場所だ。

そして、アポなしだったにもかかわらず宮城泰念師が現れた。

お懐かしや ・ ・ ・

 

高僧でありながら気がつけば隣におられる、

そんなフットワークの軽い方なので

「もしや」とは思っていたのだが。

さすがにお年を召されたが、渋い低音は健在である。

 

もしかすると、デジカメで撮った写真を

パソコンにアップされたりしておられるかもしれない。

「かも」だけど、

眼鏡の度が合っていれば楽勝であろう。

 

眞鍋さんの「かも」も実現して欲しいなぁ。

パァッーと一杯か二杯か、十杯かそれ以上か、

ともかく羽を伸ばして欲しいものです、ハイ。

とか言いつつ、こっちも少し早目に羽を伸ばすことにしよう。

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

頑張れ!眞鍋さん!!

あらら、またしても眞鍋さん移籍の話(@niftyニュース)。

確たる情報を入手している訳ではない当方、

事の真偽を確かめるすべもないが、

従来の報道よりちょっと具体的。

 

これによると、アバンギャルドからアヴィラへの移籍も、

周到な脱税の偽装工作だったという。

そうは問屋が卸さじと迫るマルサとの攻防の中、

捜査が眞鍋さんの自宅にまで及んだのだとか。

偽装が巧妙だったので、とばっちりを食らったという訳だ。

 

契約解除の話し合いが進展しない中、

強硬手段に打って出た眞鍋さんが

今年1月の仕事をキャンセルした ・ ・ ・ 

このくだりはちょっと首を傾げるところもないではないが、

取り敢えず記事ではそうなっている。

 

引き抜きを画策する別事務所に知恵をつけられたのではなく、

親が出てきてギャラに文句をつけるとかいう

どっかで聞いた話とも違うので

収まるところに収まりそうではあるが、

記事は長期化を予想している。

 

タレントとしての眞鍋さんは、置かれた状況に合わせ、

自分の役割を全力で果たそうとしてきた。

自己主張を優先させたことはない。

それだけに今回の思い切った行動は意外だけど、

逆に堪え難さの大きさも知れるというもの。

 

世の中、耐え忍ばねばならないことは多々あるが、

それも程度問題。

自分を曲げて現状維持を図るよりも

真っ直ぐ意思を貫かねばならない時もある。

 

芯の強さを見せた眞鍋さん。

結果をとやかく言うよりも、

悔いのない人生を歩んで欲しい ・ ・ ・ 

他の何よりも、そう願ってやまない。

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

よく分からない三連発

寒くなったり暖かくなったり、よく分からない天気だが、

よく分からないのは眞鍋さんの近況も同じだ。

優木さんのブログによると、昨日は、

「急にお仕事入って」、アラサー会を欠席したらしい。

 

だがまぁ

なんとなく、沈黙が大切な時期なのかな、

といった気配を感じるので、

推測をたくましくするのは止めておこう。

 

しかし、この間に変なデマが流れたら ・ ・ ・ 

「眞鍋かをり妊娠!?」とか 

考えられないことでもない ・ ・ ・ って、

「デマ流してるのはお前だあっ!」

とか言われるかも。

 

ところがどっこい、自慢ではないが当方、

生まれてこの方たったの一回しか嘘をついたことがないっ!

あれさえなければ将来は正直爺さんと呼ばれ、

「ここ掘れワンワン」とポチが呼んでくれたものを。

ただ一度、「嘘をついたことがない」なんて嘘をついてしまった。

 

 ・ ・ ・ ・ ・

これまたよく分からない話、かな?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

出でよ!追山関

いきなり春めいた陽気になってぽかぽかと、

まるで眞鍋さんの笑顔みたいだなんて思っていたら

 ・ ・ ・ やってしまった。

腰にぐさりと杭打ちの衝撃が。

上体を起こそうとしただけなのだが。

 

こうなると椅子にも長時間座れない。

横になって相撲中継を見ていたら、

髷を結った頭がバーコードになってる力士がいる。

しこ名には山や海がつくのが多いけど、

「禿げ山」ってのはいない。

 

ではこーゆーのはどうだ。

「追山」 ・ ・ ・ 

「おっさん」

痛タタ ・ ・ ・ 

と、いうことでこの辺で。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

テスラーもびっくり眞鍋さんもびっくりの念パワー

1001181_009
 
おっと、明るい眞鍋スマイルは、年をまたいで放送された

「やりすぎコージー」都市伝説外伝後編。

高千穂ロケで眞鍋さんの出番は終わっていたけど、

素直で表情豊かなリアクションで盛り上げます。

 

今回のテーマは超能力で、例によってスプーン曲げ。

スプーンなんか曲げて何になるのだという疑念は尽きないが、

スピリチュアルのおじさんは「念力は自分にかけるべき」。

もっともな見解である。
 

1001181_004
 
マジックでもできることをやったってなぁ ・ ・ ・ 

と思っていたら、手の上に載せただけで曲げる大学生

「マジックです」とあっさり。

せっかく眞鍋さん、「え、なんでなんで」と驚いていたのに。

 

「驚きはメガトン級」のフレーズで思い出したのが

「テスラー曲射砲」。

旧ソ連が超能力の研究をしていたことにかこつけて流された

一種のデマなのだが、背景が笑えない。

 

今思えば、当時流された「目撃情報」は、

某I国が某S国と結託して開発した核兵器の実験だったらしい。

両国とも公式には核保有を宣言していないけど、

別の超大国に怒られたからだろう。

 

それにしても「テスラー曲射砲」とは、

突拍子もない誤魔化しを考えたものである。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

やっぱりディスクよりHDD?

先週のことだが、東芝がブルーレイ商品を発表した。

満を持してと言うことなのだが、今まで天下の東芝が

ブルーレイ商品を出していなかったとは知らなんだ。

 

注目はBDドライブ搭載型テレビ、レグザ。

なんとUSBで、最大4基の外部HDDと接続可能なのだ。

当ブログが昨年11月、無責任に書いたこと(ディスクよりHDD

それが早くも実現してしまった。

 

ただし、威張るのはちと早い。

暗号化処理によって、受信したレグザでしか再生できない。

つまり、パソコンにつないで再生どころか、

他のレグザでも再生不可なのだ。

 

互換性よりも著作権保護の流れはますます強められている。

Woooと違うのは専用のカセットHDDを使わないことだが、

カセットHDD専用レコーダーを用意しているWoooの方が

汎用性はむしろ高い。

 

レグザにメリットがあるとしたら、レンタルしてきたディスクを

レコーダーなしに再生できるところか。

ただし、個人間の貸し借りには制約がある。

東芝なのでRWやRW対応機で録画したDVDは再生できない。

 

BD同様、PCとの互換性もないので

PCでテレビを視聴している人にはメリットはない。

ひょっとすると、

ネットへの動画配信を阻止する意図もあるのかもしれない。

 

録画からPCに画像を取り込んだ事がないので、

当ブログには全く関係ないことだが、

フルハイビジョンテレビの威力は凄いので、

PCにお金をかけたい人は見ない方が得策かもしれない。

 

でも、2TBの外部HDDを使えば最大8TB!!

こりゃ当分、ボサッとしていられるね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

リフレッシュしてください眞鍋さん

さて、ある程度予想はしていたけど、

今週の「ゴチャ・まぜっ!」、やっぱり眞鍋さんはお休み。

食あたりというのもあるだろうけど、

何かをリセットしようと思えばタイムラグは避けられない。

離婚と同じようなものだしね。

やったことないけど。

 

思うに、タレントが不祥事を起こすと

いとも簡単に契約解除されたり、

司法当局は「不起訴処分」としても

「無期限謹慎」を言い渡されたりする。

なのに、事務所が不祥事を起こして

社長が逮捕されてるのにペナルティーなしとはこれ如何に。

 

眞鍋さんにはこの際、

たまった垢(AHKAHではない)を洗い落として

すっきりリフレッシュして欲しいもの。

これといったレッスンも受けず、

ほとんど自力で走ってきた眞鍋さんだから

貴重な時間にもなるだろう。

 

そう言えば眞鍋さん、西条には帰ったのかな?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

寒波中に考え中

かなり本気の寒波が襲来していて、

暖房の効いていない部屋では10分と持ちそうにない。

寒いと筋肉が硬くなる。

分母が小さいとその影響は大きい。

 

とは言え、この寒さもあと何回体験できるかと思えば、

多少の苦労さえも妙にいとおしい。

 

しかし、悠長なことを言ってられるのも備えがあればこそ。

世の中、何が起こるか分からない。

地震、雷、火事、オヤジ ・ ・ ・ 

最後の一つ以外は停電を誘発する。

 

灯油タンクを持てないので暖房は全て電気。

布団をかぶると寝返りをうてなくなるので電気毛布。

これをひとことで言うと ・ ・ ・ エライこっちゃ!

逃げ場がない。

 

何もなければ無事、冬を越せそうだが、

何もなくても次の冬は今の状態ではない。

間違いなく訪れるであろう未来を展望すると、

当ブログの方向性も若干、修正しようかと思う。

 

ではサブタイトルをどうするか。

う~ん ・ ・ ・ 考え中。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

眞鍋さんの初夢CM

眞鍋さんが出演する

「H.I.S.初夢フェア第二弾」のCMが流れているらしい。

らしいというのは、どうやら東日本限定のようで、

当地では未だキャッチできていない。

 

でも、ネットでならH.I.S.のサイトで見られる。

短いCMだけど、眞鍋さんのアップで始まるし、

サングラスをかけてからちょこちょこっとそれを動かしたりして

眞鍋さんらしい茶目っ気も。

 

スーツ姿の眞鍋さん、相変わらず顔が小さくて足長超美脚。

でも、初夢フェアは今月18日までなので、

見られるのも今の内だけだろう。

録画できないのが残念!

 

初夢と言われてふと思う、

今年の初夢ってどんなんだったっけかな ・ ・ ・ 

目が覚めても記憶に残っている夢の七、八割は

眞鍋さんに「出演」頂いている。

でも多過ぎて、どれが初夢だったのか判然としない。

 

こんなことなら、「初夢を見たぞ」と再確認しておけばよかった。

そうすれば、無駄話のネタくらいにはなったかも。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

眞鍋さん的美脚アイテムにパリのかをり?

「ゴチャ・まぜっ!」でフィフィさんが見とれていた

眞鍋さんのタイツ、さっそくHPにアップされている。

 

0109_2
文字では分かりにくいので、

遠慮がちに写真拝借。

 

確かに目を引く柄。

この冬の眞鍋さん、星だったりボーダーだったり

この手の美脚アイテムに凝ってる。

足首のもこもこも何やら怪しげに面白い。

 

でも、眞鍋さん自身は「レギンス」と言っていたが

 ・ ・ ・ どこが違うのだ。

 

以前、とある番組で

「タイツとストッキングの違いは?」という質問に

某カリスマモデルが正答できなかった。

「靴下と服の違い」と言われりゃ納得できるけど、

タイツとレギンスではどう定義するのか?

 

この手のファッション用語は相当にあいまいで、

本来の意味と違う意味に使われていたり、

昔からあるものを違う言葉で新しげに表現したりする。

学術的な概念規定とは違うので、そうむきになることもない。

名称自体も一つのファッションなのだろう。

 

「都内でお買い物」とか言って

やたら気合を入れるのも田舎者丸出しだが、

そんな見栄の張り合いが

都会のエネルギーそのものであったりする。

市とは各地から商品を持ち寄って交換する為の場所なのだし。

 

都会は田舎の集合体。

集合することで新しいものが生まれる。

大陸文化の終着点だった日本はある意味究極の都会。

パリから帰った眞鍋さん、どんなものを生み出すのだろう?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

眞鍋さん、ラピュタ撃墜の図

  Dvc00079
 
欧州でラピュタを発見した眞鍋さん。

でも眞鍋さんがバルスを発動してしまった為、

地上に墜落した瞬間らしい。

当然、この後、自ら崩落し、

大木だけが宇宙へと消えていったのだ  ・ ・ ・ 。

 

良かった・・・悪人の手に渡らなくて・・・。

正義の味方眞鍋さん、こんなところで活躍していたのか。

 

しかし、ジブリは描かなかったが、

バルス発動には呪いがあって、

眞鍋さん、しっぺ返しの高熱に襲われてしまった。

だが、大丈夫なのだ。

眞鍋さんにはバズーがついている ・ ・ ・ はず。

 

ちなみに私の知り合いはフランスで水を飲んで腹を壊した。

やわな奴だ・・・水を飲むのは蛙とアメリカ人だけだって言うぞ。

ここに来たら水ではなくてワインだっ!

しかし、ラピュタは見られなかった。

眞鍋さんが撃墜する前だったし。

 

ところで、右の親子、まるで日本人みたいだね。

じゃなくて・・・復活せよ!眞鍋さんっ!!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

やっぱり出ました眞鍋さんの二刀流

1001091_015

笑顔で解答の眞鍋さんは「小中学校教科書クイズ」

・・・ってホントかぁ?

「儘ならぬ」や「漲る」を小中学校で教えるとは思えない

というより、学校で教えるのかな?

時代が変わってるのでようワカラン。

 

それはともかく、眞鍋さん、4連ハートのAHKAHです。

当ブログにとってはどうでも良くない話。
 

1001091_005
 
相変わらず早押し(今回は早答え)苦手の眞鍋さん、

苦戦の末やっと正解でこの喜びよう。

 

途中、悔しさのあまり声が裏返っていたけど、

後ろの後輩、福田さんに慰められての正解。

「泣くほど嬉しい」

率直です。
 

1001091_026
 
オオッ!このボケはまたストレート!

親も馬鹿では、そりゃ苦労するだろう。

「地元だし、ヤバい」とは言うものの

「読んだことないの?」には

「ぶっちゃけ読んでません」

 

「みんな読んでんのに」の勝又さん、それ本当?

ホントにぶっちゃければ、出演者の半分も読んでいない気がする。

自慢じゃないが、当方も前半10分の1くらいしか読んでない。

名作なのだろうけど、飽きてしまった。
 

1001091_018
 
それより驚きはカンニング竹山さんのボケ。

世界保健機関=WHOをワルシャワ条約機構=WTO。

WTOの方が難しくないかい?

笑いを取るならWoooとか(スポンサーが違うか)。

 

という訳で、

真剣に答えつつ、ここぞという時はボケる二刀流、

今回も冴えた小次郎・眞鍋さんだった。

たまに燕返しも出るので期待しよう。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今年もアンチエイジングの眞鍋さん、「ゴチャ・まぜっ!」でボケ大会

眞鍋さん、今年の目標は

「なんてったってアンチエイジング!」

ん?去年と一緒では?

なんて思うけど、むしろ今年こそが本番なのだろう。

5月31日でアラサーからジャストサーティになるのだ。

 

別番組でも「今年30の大台に」と言っていたし、

実は2年前からその時の実年齢を語っていて、

(前)事務所のプロフィールでは計算が合わなくなっていた。

嘘をつくのが嫌いな眞鍋さんなのでこれですっきりした感じ。

 

それに眞鍋さんのアンチエイジング、

去年もかなり成功裏に運んだように見えた。

「幼い」「未熟」とは違う、若々しい大人の眞鍋さんだ。

持ち前の美肌美脚も例外ではない。

 

ということで、「ゴチャ・まぜっ!」、

「話を聞いてない」と指摘されたフィフィーさん、

眞鍋さんの美脚に見とれていたらしい。

花柄レギンスの眞鍋さん、

例によって脚を上げてそれを見せ、ちょっとした騒ぎに。

「ラジオやし、いくら騒いでも見えへんやん」と城島リーダー、

「ちゃんと短パン履いてるし」って、しっかり見てるではないか!

 

だが、聴き逃した先週2日の放送、眞鍋さんは

「生意気にもお休みを取らせていただいて」いたそうな。

「ラッキー」と言っては失礼か。

でも、おかげで今年の抱負が聴けたしイイとしよう。

 

一方、宮野さん、最近の買い物は「ワンピース」。

「え?」「ん?」「・・・そっち?」

始まりましたボケ合戦。

「ゴム人間だから」の宮野さんに眞鍋さん、

「島根の方にいるって、東スポで見たよ」

「え~!島根にいるの?ゴム人間」

「ゴム人間の家族も発見したって」

「さすが東スポ!」

 

どこまでかぶせるのでしょうか。

アニメには全く詳しくない当方でもついていけたのに、

フィフィーさんは話が見えていなかった様子。

皆さん、真剣にボケ過ぎだし。

 

ついでにフィフィーさん、

天孫降臨の地、高千穂も御存じなかった。

「やりすぎ」のロケで先日訪れた眞鍋さん、熱く語る。

「神様が隠れた天岩戸があって・・・」

「え?天野さんが隠れた?」

「そう、アマノッチがぁ~隠れたところ」

ボケにひるまない眞鍋さん、とっさの返し。

「キャイーンかっ!」とは誰も突っ込まなかったけど。

 

「やきぐりバンバン」のオークションに出した

tetsuyaさんの「てっちゃんハンガー」、

メーカーから直にロット買いしただけあって、

まだ「売るほどある」そうな。

ハンガーの型がつかない優れモノと貰った眞鍋さんも太鼓判。

もっと欲しそうな眞鍋さんに「あげるよ、みんなにあげる」

tetsuyaさん、さすがの太っ腹。

 

どうやらこれはボケではなかったらしい。

でもそれより、眞鍋さんの花柄レギンスが見たい。

番組HPで公開してくれるかな?

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

眞鍋さんとWoooと秋山君~小ネタ二題

マナベチャンネルで眞鍋さんが新年のご挨拶。

う~ん ・ ・ ・ 流石というか当然というべきか、

よくできてる。

 

あらかじめ収録してあったのだろうけど、

そんじょそこらのネット動画とは次元が違う。

どこが新しくてどこが前のままなのか・・・・

結局、全部見てしまった。

 

眞鍋キャスターの手元に差し出される原稿、

「カセットHDD専用レコーダー登場」は初めて知った。

BDの3~6倍の容量を持つカセットHDD,

利用範囲を広げようという戦略は正しい。

 

同じメーカーで機器を揃えると

ネットワークが広がるというこの傾向、

今後も加速してゆくのだろうか?

パナソニックでも、

テレビ用のリモコンで同社のBDレコーダーを操作できる。

「互換性がないとビデオレンタルできない」も古いらしい。

何しろWoooはネットレンタルができてしまうのだ。

 

そもそも、36型クラスのハイビジョンTVと

500GBクラスのBDレコーダーを同時に買うと、

デフレの今日でも25万円以下に買い叩くのは難しい。

長時間モードで画質を落としてしまうと、

ハイビジョンの場合、かなりがっかりする結果となるので

500GB以下の容量だとハイビジョンの意味が薄れる。

BDがDVD並みに安くなればいいけれど、先行き不透明だ。

 

そうなると、1台で済むWoooは、

高画質高品質と懐具合を両立させる賢い選択ともいえそうだ。

ところで、髪を短くしてしまったキャスター眞鍋さん、

新しいニュースが出てきた時、ショートでやるのかな?

 

 

もう一つ小ネタ、

阪神にドラフト4位で入団した西条高校出身秋山投手。

昨年、甲子園に出場した際、

眞鍋さんから電報とポカリスエットが送られてきたとか。

 

こーゆーサプライズ的なことを、

ごく普通に自然体でやってしまうところ、

いかにも真心眞鍋さん。

プロでもその力、発揮してくれたらいいね。

 

頑張れ!秋山君、眞鍋さん!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

愛いっぱいの眞鍋さん的ケンミンSHOW

1001071_014
 
ふんわり優しい眞鍋スマイルは「ケンミンSHOW」特番。

もう7日だけど、正月のめでたさを感じる。

 

今回も北の方から歴史を感じる料理が登場した。

現在はスケトウダラを主原料に作られる蒲鉾だが、

以前はサメも使っていたと聞く。

サメの頭には驚かされるけど、のけぞるほどのこともない。

古来よりの食習慣が今も津軽に残っているのだろう。
 

1001071_007
 
眞鍋さんも納得のかぼちゃしるこもまずかろうはずがない。

甘さで勝負のカボチャに塩味をつける必要はないと思うくらい。

「お正月に日本酒で栗金団とか食べる」という眞鍋さん、

「これも日本酒がいいんじゃないですか?」

 

栗金団と日本酒は、なんだか口が甘くなりそうだけど、

蒸留酒と合わせてもいけるように思えた。

ウイスキーボンボンの様に。
 

1001071_018
 
酢ダコについては眞鍋さんと同意見。

横浜に13年も住んでいたのに、見たこともない。

添加物がどうのこうのと言われだしてから、

食紅で色をつけた食べ物が減ってきている。

それも関係しているのだろうか?

 

ちなみにホッチキスが機関銃の給弾機構を応用した

と一部で信じられているのは、

紙綴じホッチキスとホッチキス機関銃が

ほぼ同時期に輸入されたことから来た連想だったような気がする。

気がするだけだけど。
 

1001071_025
 
ほぅ ・ ・ ・ 

松山駅と松山市駅と二つの駅があるらしい。

大阪府茨木市にも茨木駅と茨木市駅がある。

JRと阪急の違いなので敢えて「市駅」とは言わないようだが

松山にはどういう違いがあるのだろう?

 

でも、何で東京都民のふりをしたり、

出身を見抜かれて焦ったりしなければならないのだろう?

博多弁と大阪弁、共通語をTPOに応じて使い分ける

なんて人種が大阪にはざらにいるので理解しにくい感覚だ。

 

神奈川より東に行くと、政令指定市がガクッと減るので

「東京以外は全て田舎」的発想があるのだろうか?

神戸、横浜、京都、大阪と移り住んできたが、

東京都民のふりをしようと思ったことは一度もない。

東京と横浜の区別がつかない大阪人にはちと困ったが。
 

1001071_037
 
愛大、愛テレビなどの略称を使うという愛媛県民、

「同じようなことを愛知県民がしてくるので迷惑してます」

思わぬ攻撃に愛知県民、加藤晴彦さんびっくり。

「愛大って言われた時にイラッとした」と反撃するも

「愛大は愛媛大学です」

眞鍋さんきっぱり。

 

そういえば加藤さん、「江戸のものは受け入れない」とか

「東京も大阪も二桁なのに」と三桁の市外局番に

拒否反応を見せたりしてたけど、

まっいいではないですか。

東京も大阪も愛知県民が造った街なんだし。

 

愛にあふれ、知的で美しい眞鍋さん、

愛知でも愛媛でもお似合いです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

二刀流眞鍋さんのリラックスタイム(ショック)

1001051_021
 
「タイムショック」の眞鍋さんはリラックスムード。

一年前は決勝まで進んでしまい、

どえらい緊張を強いられたけど、

最初のうちは「トルネード狙い?」とも見えるくらいだった。

 

とは言え、オチャラケではない眞鍋さん、やる時はやる。

一次、二次予選、敗者復活と三戦全て12問中10問正解。

やっぱり基本、ポテンシャルが高い。

とはいってもそれでは終わらない。
 

1001051_036
 
「何だっけ、あれアレ ・ ・ ・ 」

「かさこ地蔵」の爺さんが、

最後の地蔵さんにかぶせる傘がなくなって、

代わりに使ったあるものとは ・ ・ ・ 
 

1001051_033
 
 ・ ・ ・ って、んなアホな。

「そんなのお地蔵さん、お礼に来ないよ!」

当然過ぎる中山秀さんの突っ込み!!

 

クイズ番組は笑いを取りにゆくか勝ちにゆくかどっちかだけど

眞鍋さんは両刀使い。

基本、欲がないので緩急の出し入れがナチュラルだ。

 

「兄弟」なんて得体の知れないテーマが出されると、

「兄弟、兄弟」と、オードリー春日さんに無責任に進言。

すっかりその気になった春日さんだったが ・ ・ ・ 
 

 1001051_044
 
「あ・・・やっちゃったよ」

春日さん、見事にトルネードスピン。

 

でも眞鍋さん、この星のタイツ、

パリでもお見かけしたような ・ ・ ・

どうやら、今年の美脚開きはスタータイツのようだ。
 
1001051_002
 
決勝には進めなかったけど、

そのお陰もあってか最後までリラックスムード、

笑顔の絶えない年頭眞鍋さんだった。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

眞鍋さん、もう一つの年賀状

やたらダイナミックで強そう、というか怖そうな虎だ。

というのは、MBSの番組HPに掲載されている

眞鍋さん、もう一つの年賀状。

ドラえもんみたいな絵と超丸文字の

tetsuyaさんのそれとは対照的。

肉食系眞鍋さん。

 

1月2日の「ゴチャ・まぜっ!」を

聴き逃してしまったのが悔やまれる。

テレビと同じ感覚で、

三が日は別編成と勝手に決め込んでいた故のミス。

終わったことは仕方がないので、

年賀状でも眺めてくすくすと笑っておこう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居るし出るしのイルカデルカ

1001042_001
 
とても優しい表情の眞鍋さん。

歳の差40歳夫婦のラブストーリーに胸打たれた様子。

確かに、後先考えずがむしゃらに・・・というものではなかった。

先立たれること前提の結婚には切なさがないとは言えないが

何かを乗り越えることの強さを感じる。

 

考えてみれば当方も似たようなものだった。

歳の差の問題ではなかったし、

乗り越えた訳でもなかったけど

少なくとも後悔はない。
 

1001041_001_2
 
とかなんとか格好つけても始まらない。

4日放送の「イルカデルカ」の話だ。

「海豚出るか」ではなく「居るか出るか」。

ムムッ ・ ・ ・ ややこしい。

 

ホントにそんな奴いるのかと探してみたら、

「居ましたここに」という仕掛け。

眞鍋さんはMC3人の一人だけど、

出過ぎず引っ込み過ぎずのバランス感覚でそつない進行ぶり。
 

1001041_009_2
 
お見合い123回のオッサンには

「何でそんなこと言うんですかぁ~」の突っ込みもあり~の、

しかし毒舌はメインMCの久本さんがやってくれるので

眞鍋さん本来の優しさがより強く出た。

 

10回も離婚しながら

性懲りもなく11度目の結婚を目指す元気な爺さんには

「幸せになってください」。

言葉に心がこもってる。
 

1001041_030
 
でも最後はお正月ということで大爆笑。

珍しく首元にチェーンネックレスがなかったけど、

眞鍋スマイルはいつものまま。

眞鍋さんのいるところ笑顔あり。

 

「居るし出るし」

 ・ ・ ・ ・ 

ツッ、ツマランッ!

でも、苦情は受け付けませんのであしからず。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

眞鍋母娘の年賀状

Img002

眞鍋さん今年の年賀状。

諸般の事情で今年は無理かなと思っていたのだけれど

諸般の事情部分を略して送られてきた。

返信できないので、ブログ上で御礼を申し上げます。

 

いつも思うのだけど、

眞鍋さんの直筆には温もりがある。

基本、右上がりなのだけど極端ではなく、

はねも程良くて、線と線の間にほとんど隙間が空かない。

癖がなくてきっちりとした字体。

宛名など、去年はボールペン、今年はサインペンなのだけど

なぞったように同じ字体だ。

にもかかわらず堅さを感じないのは角が柔らかいからだろう。

 

眞鍋さんの誠実と優しさ、

こんなところにも表れている。

おめでとうございます、眞鍋さん。

今年がよき年となりますよう、心より応援しています。

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年1月 3日 (日)

ノートルダム・ド・マナベ

Blb20100103_2
 
画面が暗いので修正してみた眞鍋さんの「シェー!」。

もうちょっと顔が分かるくらいの距離でやって欲しかったけど

眞鍋さんやっぱり8頭身(やっぱり当たり前だ)。

 

それにしても、手荷物いっぱい!

かなり買い込みましたね、眞鍋さん。

もしかして白い帽子も現地調達?

お土産も楽しみな眞鍋さんパリ紀行だ。

 

パリの空は曇ってるみたいだし、かなり寒そう。

でも、「シェー!」の眞鍋さんは

すこぶる元気そうでなにより。

存分に楽しんで、元気で帰ってきて下さい!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

飛び出した超眞鍋さん的新春提言

1001031_001
 
TVでの新年初眞鍋さんはNHK.。

民放の番組名も遠慮なく出して、

トータルにテレビを語ろうという「新春TV放談」だ。

 

NHKの余裕か ・ ・ ・ 不況にあえぐ民放をよそに、

3年がかりの「坂の上の雲」に加え、

実物大の紫禁城まで作ってしまった「西太后」。

重厚長大、大艦巨砲を撃ちまくっているし。
 

1001031_028
 
それはともかく、

名だたる放送作家やプロデューサーの中に一人入った眞鍋さん。

でも心配ない。

討論の本筋を見極めて組み立てる能力は抜きん出ているし、

相手が学者や大臣でも、むしろリードする力を持っている。

 

アンケート結果、ドラマ部門の1位は眞鍋さんも観ていたJIN。

眞鍋さん、コミックも全部買ってしまったとか。

最新医療の技で病気を治すヒーロー的要素と共に

過去を知ることの意味を語っていたけど、

これはある意味伏線か ・ ・ ・ 
 

1001031_054
 
2010年の注目は、やはり「龍馬」。

与えられた枠組みの中で汲々とするだけでなく、

現状を変えようとする変革の機運みたいなものが

生まれるきっかけになったらいいなとは思う。

「自分の中にある龍馬的なもの」に目覚めて。

 

ちなみに眞鍋さん、仕事に追われていると、

リアルな恋愛ものなんか観たくなくて、

イケメンに癒されたいのだとか。

  

バラエティー部門は芸人トーク番組、

一番活躍した芸能人は紳助師匠。
 

1001031_080
 
報道もバラエティーもこなし、絵画、料理、手品も玄人はだし。

50を過ぎても体を鍛えて体を張る。

若手諸君、文句を言う前に

そのスーパーマンぶりを見習うべきだろう。

 

さて、眞鍋さん、局側から与えられた役割と

本来の自己表現の狭間で悩むこともあるらしい。

放送も印刷媒体も独創性と迎合性という矛盾を抱えている。

妥協したらいいものができる訳でもなく、バランスは難しい。

それを止揚したところに新しい可能性が生まれる ・ ・ ・ 

眞鍋さん的弁証法か(?)
 

1001031_103
 
おっと眞鍋さん、番組の最後に何やら照れ笑い。

「こんな番組ができたらいいなということで」

出たのがコレ。
 

1001031_118
 
「どういう歴史があって今の自分がいるのか知りたい」

ムムッ!やはりJINは前振りだったか ・ ・ ・ 

という訳ではないだろうけど、興味関心は一貫している。

英雄が活躍する壮大な歴史ドラマではなく、もっと身近な話。

 

御祖父様が戦争と収容所生活を生き延びていなかったら、

眞鍋さんは生まれていなかった。

その代わり、故郷を失ったけど。

これは超眞鍋さん的提言。

 

でも ・ ・ ・ 眞鍋さん、まだ照れてます。

この後、究極の照れ笑い、目がなくなってしまったけど、

出席の皆さんには好評だった。

照れることないです、眞鍋さん。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

マドモアゼル・マナベ イン パリ

思いっきりボッサーッとしながら、

「眞鍋さん、パリに着いてひと段落したころかな」

なんて思ってブログをのぞいてみたら、

当たっていたらしい(しるぶぷれ)。
 

Blb
 
マドモアゼル・眞鍋 イン パリ。

かつて渡仏した頃は直行便がなく、

ロンドン経由だったけど今はどうなのかな?

時間的にはロンドン経由っぽいけど。

 

誰に撮ってもらったのだろう、この写真。

バス停で一緒になったどっかのオッサン?

手前のトランクは眞鍋さんの?

これって例のグローブトロッター?

 

よく分からないけど、

ポーズを決めてる眞鍋さん、

パリでも8頭身(当たり前だ)。

日本ブームだし、もて過ぎに要注意。

 

基本ゲルマンのフランク人が

ラテン語を公用語にしたのは7世紀のこと。

だからかどうか知らないが相当になまってる。

それを指摘されて怒ったフランク人が斧を投げつけた

 ・ ・ ・ からかどうか知らないが、

フランスの語源はフランチェスカという投げ斧だとか何とか。

ホンマ?と訊かれてもワシャ知らん。

 

チーズとワインもいいけれど、

お洒落な美脚アイテムなどめっけてきてくださいね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

行ってらっしゃい!眞鍋さん!!

そうか行ってしまうのか眞鍋さん。

もう二度と会うことも・・・あるだろう。

戦国時代、尾張から京まで三日の距離だったというが、

今、地球上で三日以上かかると場所といえば、

南米やアフリカの奥地か南極くらいだ。
 

   100101_102507_2
 
成田から「あけおめおめおめ」の眞鍋さん。

何回「おめ」言うねん!

パリもロンドンも寒いぞ。

そんな軽装で大丈夫か!?
 
 ・ ・ ・ ・
 
まぁ、ぬかりはないだろう。

予想を裏切り、意表を突いて

実はオーストラリアなんてこともあるかもしれない。

眞鍋さん、確か寒いのは苦手のはずだし。

 

取り敢えず、到着してからの更新を待つとしよう。

ネックレスが4連ハートから蝶に戻ってるけど

まぁいいや。

行ってらっしゃい!眞鍋さん!!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

謹賀新年

明けましておめでとう御座います

遥か水平線より差しいずる朝日の様に

輝かしい夜明けが眞鍋さんに訪れますように
 

1001011_022

 

 

気付いてみれば、

大海を進む帆船眞鍋号、

逆風を切り裂いて進む自力を身につけていた。

もはや風の向くまま気の向くままではないらしい。

 

ならばふぅーっと息を吹きかけて、

頼りにならない助力をする必要もなさそうだ。

 

でも待てよ、

推進力が落ちた時、

機関冷却や過給効果を得る為に、

やっぱり風は要る。

 

ならばもっと強く吹きかけて、

頼りにならない助力をする意味もありそうだ。

 

距離は少々遠いけど、

眞鍋号が何処に舵を取ろうとも

きっと届く。

空は海より広いから。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »