« なんじゃそら的グローブトロッター | トップページ | 新価と新華~「新」も色々2009 »

2009年12月11日 (金)

「プロ」もビビる眞鍋さんの舌打ち

0912101_021
 
にこやか眞鍋さんは「サプライズ」。

耳を隠したヘアスタイルは ・ ・ ・ 

新幹線での一人打ち上げはこの収録の後だったのかな?

 

それはともかく、世の中にはいろんな主義主張があるものだ。

女性専用車両にオッサンが集団で乗り込むのだとか。

階段から近い車両に大急ぎで飛び乗ったのではなく、

他の車両が寿司詰めで乗れなかったからでもなく、

専用車両を認めないから。
 

0912101_012
 
「プロの痴漢なんているの?」

総突っ込みを食らってちょっと慌て気味だけど ・ ・ ・ 

痴漢なんて怖くない眞鍋さん、やられたら「チッ!」と舌打ち。

すると「プロ」は、

「こいつはヤバい」と手を引っ込めるのだという話。

 

「そういうことができない女性もいるから専用車両は必要」

と、続けたかったのだろうけど、

喋りが面白過ぎて途中で止められてしまった。
 

0912101_002
 
しかし、痴漢ごときに負けない眞鍋さん、さすがです。

それと、主義主張はイイとして、

女性専用車両で抗議行動しても弱っちぃ感じがするし、

他の行動を考えた方がいいんではないだろうか?

 

「へー」と思ったのはβ-エンドルフィンなる脳内麻薬。

ギャンブルをやってるとこれが分泌され、

依存症になるというのだが、

ギャンブルだけか?

 

たとえば、テレビゲームなどをやっていても

似たようなことは起こる気がする。

小型電卓にちょっとしたゲームが付いていて、

クリアするとどんどん難易度が上がるとあって、

いい歳した大人がはまっていたのを思い出すのだが。
 

0912101_022
 
局に言われた通りに発言したのに、

視聴者から苦情が来たら全責任を負わされた  ・ ・ ・ 

柴田さんのこの怒りには全面的に共感する。

やるだけやらせて責任を取らないヤツはいる。

 

出演者全員同じ意見では討論番組にならないから、

ある程度の演出が必要な場面はあるだろうが、

責任逃れは許せん。

「次色つけるから今回は泣いてくれ」というのが

「大人の事情」というもの。

一方的に不利益を被るのは理不尽だ。

 

「強引な人がいるんですよ」と眞鍋さん。

「私、違うんですけど」と言うと、

「生意気だ」という態度を取られるとか。

そんなことやってるから「やらせ」事件がなくならないのだ。

 

もっとも、

「スタッフの期待に応えられた時にやりがいを感じる」

と言う眞鍋さんだから、

肩を怒らせて自己主張することはないだろうけどね。

 

 

*:この番組のセット、暖色系の衣装の方が映える気がする。
 

|

« なんじゃそら的グローブトロッター | トップページ | 新価と新華~「新」も色々2009 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

痴漢で金稼ぎをしてる奴はいないと思うが(逆に痴漢騒ぎで金稼ぎをする女はいる)、痴漢ってのは性癖だから捕まろうが何度でも繰り返してしまう犯罪であることは確か。繰り返すうちにコツやカンを身につけた経験豊富な奴をプロと言うなら確かにいるだろうな。
女性専用車両に反対する会は、抗議乗車の他にも署名、鉄道会社及び国土交通省への陳情や公開質問、街頭演説など実に様々な活動をしているぞ。
詳しくはここで。

http://www.eonet.ne.jp/~senyou-mondai/

投稿: 通りすがり | 2009年12月11日 (金) 09:32

抗議する方法は色々あるが、国交省、警察、鉄道会社が全てまず、「女性専用車両ありき」で押し通しているから直接抗議しても効果がない、故に抗議乗車、窓口への抗議等地道な方法をとるしかない、と言ったところだと思います。

「痴漢対策」と言っていますが、それは表向きの方便であり、真実は「政治工作の結果」です。とある宗教団体に後押しされた政党が、選挙での女性投票を得るべく、宗教団体の婦人部の後押しにより不正な署名と捏造された統計を、同団体所属の国交相に提出しごり押しした結果誕生したもの、それが女性専用車両なのです。
そして、専用車両投入により却って痴漢被害が増えた某路線は、被害統計を公表する事をやめてしまいました。建前が事実ではない事が知られてしまう事が状況を不利にすると言う事を間接的に認めた事になります。

最近、痴漢冤罪やでっち上げの問題が重視されるようになりました。同時に男性専用車両の設置を求める声が上がるようになりましたが、鉄道会社が導入を渋っています。その事自体、痴漢被害をなくす意志がない事を表します。
何故なら、男性専用車両によって、女性の行動を制限する事こそが、本来、痴漢被害をなくす最短ルートだからです。
女性専用車両が設置されたにも関わらず、痴漢被害がなくならないのは、女性が好き勝手に混雑した一般車両乗車しているからだと、何故気付く人がいないのでしょうか。

長文、失礼致しました。

投稿: まるしぇ | 2009年12月11日 (金) 11:28

そーですか、柴田理恵さんのとこが関係してたんですか。
女性専用車両があるならそれ以外は男性専用車両となるはずですが、完璧に乗車比率を予想し、それに順じた車両配置をするとなると、かなり綿密な調査が必要ですね。
もっとも、当方は車椅子なので混雑した車両にはそもそも乗れず、関係ないのですけど。

投稿: KenNagara | 2009年12月11日 (金) 14:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「プロ」もビビる眞鍋さんの舌打ち:

« なんじゃそら的グローブトロッター | トップページ | 新価と新華~「新」も色々2009 »