« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

笑顔で年越し!眞鍋スマイルの09年~後半編

0907023_044_3

眞鍋スマイルで振り返る一年、後半編。

いきなり7月「サプライズ」に登場は基本(?)の笑顔、

スタンダードスマイルだ。

一口に眞鍋スマイルといっても色々あるのだ。
 

0907161_080
 
「ヤッターッ!」

思わずガッツポーズの笑顔(7月「とくダネ!」)。

ハンバーグを食べたらいいという運勢の日に

ハンバーガーを食べたというだけなのだけど、

こんだけ喜んでもらえるとこっちまで笑顔になってしまう。

人を笑顔にしてしまう眞鍋スマイル。
 

0907271_033
 
「若返り」がテーマだった今年の眞鍋さん。

若く見える笑顔もあった「おもいっきりDON!」(7月)。

2010年のテーマは何か、まだ発表されてないけれど、

正直眞鍋さん、笑顔に嘘はつけません。
 

0908161_036
 
これは「がっちりマンデー」(8月)、楽しそうな眞鍋さん。

「楽しい」と「嬉しい」、似ているようで微妙に違う。

ギャグで笑うのと嬉しさがこみ上げるのとは違うから、

自己表現が素直な眞鍋さん、表情も微妙に違うのだ。
 

0909272_064
 
これも「ヤッターッ!」、喜び系の笑顔。

「平成教育委員会」(9月)、体育の時間で

女子最高記録を出した時。

でも、正式な結果はまだ出ていないのでちょっと微妙な感じも。
 

0910012_043
 
勿論、微笑みだってある(10月「サプライズ」)。

突然のヘッドアップスタイルには驚いたけど、

逆に整った顔立ちが鮮明になった。

綺麗なお姉さん的眞鍋さんには微笑みがお似合い。
 

0910261_092
 
楽しさ最高潮、爆笑系の眞鍋さんは「さんま御殿」(10月)。

目の表情に「んなアホな」的突っ込みが見て取れる。

突っ込む前に笑ってしまった風情。

まぁ、相手がさんま師匠だからね。
 

0911211_015
 
これはちょっぴり照れてる眞鍋さん。

アジアン ・ 隅田さんとの顔面対決。

照れるほどでもない(?)からか余裕もある様な ・ ・ ・ 

ホントに照れたら眞鍋さん、目がなくなってしまうのだ。
 

0911221_004
 
でもやっぱり、滲み出る優しさは隠せない。

母性の強い眞鍋さん、いたわりと慈しみの心が溢れているから

笑顔にも、時に慈母のような柔らかさが表れる。

眞鍋さんのこの笑顔に嘘はない。
 

0911261_024
 
優しさと楽しさが合体するとこんな感じになる。

CM前の映像(11月「ケンミンSHOW」)なので、

眞鍋さんが何を見て反応したのか分からないけれど、

よくぞ抜いてくれました。
 

0911301_017
 
アップで捕まえられなくて残念だった

この笑顔(11月DON!)。

 

茶目っ気たっぷりだけど、

笑わせにいったつもりが自分も笑ってしまった本気笑い。

同じ本気笑いでも爆笑とは違うこの笑顔、

時々見られるのだけど、なかなかうまく捕まえられない。
 

0912071_009
 
笑ってばかりもいられない09年後半だったけど、

眞鍋さんから笑顔が消えることはなかった。

楽しさ嬉しさに優しさが溢れ、ひょうきんで明るい眞鍋スマイル。

最後は、大人の頼もしさも感じる12月「DON!」から。

 

来年も、お日様のようにぽかぽかと

心を温めてくれることだろう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近似性あり?眞鍋さんと龍馬

眞鍋さん、坂本龍馬の脱藩ロードを中学時代に歩いたそうな。

ある番組の企画でもやっていたが、かなりハードな道のり。

参加した芸人は音を上げていた。

体脂肪率の少ない眞鍋さん超美脚、脱藩ロードで鍛えられた?
 

0912301_001_2
 
か、どうかは知らないが、NHK大河に真打ち登場ということで

番宣特番に眞鍋さん出演。

世に龍馬ファンは多いので、さぞかし賑やかになることだろう。

 

一介の素浪人でありながら、やったことのスケールがデカイ。

政治を動かした人なのに、権力をバックにしていない。

既存の枠組みの中で出世してやろうとちまちましない。

世の中変えたら自分がリーダーになろうとも思わない。

見栄を張らず、人間臭さ丸出し。

 

数え上げたらきりがないが、

ざっと見ただけでも人を引き付ける人物であることに違いはない。
 

0912301_013
 
筆まめ龍馬、現代だったら「きっとメールばっかりしてたよ」 。

ということで直筆書簡のレプリカも登場したが、

「きんたま」フレーズに眞鍋さん、

「え、なんですか今の」と敏感に反応。

 

土佐の人は、このフレーズ、お気に入りだったらしい。

「言葉としては今と同じなんですね」

眞鍋さん、妙なところで感心。

でも、龍馬と似てるかも。
 

0912301_018
 
夜、お龍さんを連れて巌流島まで漕ぎだし、

姿を消したとと思ったら花火のサプライズ。

石田純一風の演出に眞鍋さん、目をキラキラ。

確かに眞鍋さん、人の誠意は素直に受け取るタイプだね。

 

才人というのはとかく多面的。

「えっ!こんな一面もあるの」という「一面」がたくさんあって、

それでいて「あいつらしいと言えばらしいな」と納得させてしまう

「つまりこういう人」と一色に塗りつぶすことは無理なのだ。
 

0912301_007_2
 
「多面体」という「一つ」の形を持った人、坂本龍馬。

眞鍋さんならずとも、その非凡さに目を見張ること、

来年はきっと多くなるだろう。

ちまちましてないところは眞鍋さんも同じだし。

 

龍馬に負けるな!眞鍋さん!!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

突然「ゴチャ・まぜっ!」にAHKAHも~12月検索アクセスのまとめ

12月の当ブログ検索アクセスランキング、

「ゴチャ・まぜっ!」が初登場で3位に入った他、

グローブトロッター、平成教育学院が時事ネタ的にランクイン、

お馴染みAHKAHがランクアップした。

 

「やきぐりバンバン」に替わる

眞鍋さんのラジオレギュラー「ゴチャ・まぜっ!」。

出演者が5人と多い中、眞鍋さん、

城島リーダ-のサブ的立ち位置で進行役も担っている。

 

出過ぎず引っ込み過ぎず、バランス感覚に優れた眞鍋さん、

ここぞという時は前に出るけども、人の邪魔はせず、

インタビュー経験豊富でトークを引き出す技も持っている。

tetsuyaさんや宮野さんはいじられてナンボ、

放っといても喋るフィフィーさんとバランスを取る

眞鍋さんの舵取りも聴きものだ。
 

0912281_017
 
4位のAHKAHは眞鍋さん自身がブログにしたことで

再びアクセスが増え始め、6位からランクアップ。

28日の「DON!」で着けていたこのネックレス、

どうやら4連ハートのクリスマス限定品らしい。

 

小さいので断定はできないが、従来の蝶ではない。

蝶のネックレスはもうかれこれ2年近く、

眞鍋さんの首元を飾ってきたのだから、

そろそろ換えてもバチは当たらないだろう。
 

0911291_007
 
「平成教育学院」への出演は厳密には11月(29日)。

眞鍋さんだけではなく、企画上の主役だった

ロザン宇治原君へのアクセスがプラスされて6位。

 

8位のグローブトロッターは、眞鍋さんが

H.I.S.かをりのブログで購入を検討していたもの。

さて、その後どうしたのだろう?

御報告、期待したい。
 

0912091_006
 
1位「眞鍋かをり 美脚」、2位「1億分の8」は変わらず。

「美脚」については別項(カテゴリーぺージ)に委ねるとして

「1億分の8」は「ゴチャ・まぜっ!」と同じく、

眞鍋さんのバラエティーテクニックが冴えた。

 

このテクニック、歌や演技と同じくらい重要な

エンターティナーとしての資質。

決して軽んじるべきではない。

バラエティーでは何もできなったり、

周りに助けてもらって何とか生きる人、結構多いのだ。

 

放送が終了した「メガスポ」(5位)や

出演が中断している「とくダネ!」(10位)が

相変わらず入っているのは、

一種の待望論も入っているように思える。

 

ちなみに11位には日立WoooのCMが入っている。

先月も10位だったので、相変わらず注目されているようだ。

 

 

12月度検索アクセスランキング
 

 1位:眞鍋かをり 美脚
 2位:1億分の8
 3位:ゴチャ・まぜっ!
 4位:AHKAH
 5位:メガスポ
 6位:平成教育委員会
 7位:おもいっきりDON!
 8位:グローブトロッター
 9位:眞鍋かをり ヘアスタイル
10位:とくダネ!
11位:WoooCM
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

眞鍋さん、面白ロケと一気飲みで締めくくり

0912281_039
 
「お気をつけておいで下さい」に感動しきりの眞鍋さん。

後ろの行列には並ばずに、電話予約。

「並ばず帰る裏ワザ」を実践だ。

「すぐそこにいるんですけどね~」

 

今日の「おもいっきりDON!」は

お正月帰省に合わせて「おもたせ」。

眞鍋さん自らロケに出陣した。

 

で、窓口に片肘ついて「さっき予約した眞鍋ですけど」。

古い白黒映画の男前(カサブランカのハンフリーボガート?)

これにはお店の人も噴き出しそう。

面白いのだ眞鍋さん。
 

0912281_045
 
何を買ったのかといえば、鯛焼き。

「何だ鯛焼きか」なんて言ってはいけない。

目の綺麗な眞鍋さん、パリッとした歯ごたえを噛みしめる。

鯛の部分にはとろりとした粒あんが。

「一匹で二度楽しめる」

 

要所を押さえた手慣れたロケに、

眞鍋さんならでは的面白風味をちりばめる。

一般の人々への街頭インタビューも流石の手腕。

人気のバームクーヘンも並ばず自宅に配達を頼めばOK.。
 

0912281_029
 
しかし、そこに天の声。

「眞鍋さん、住所が雑過ぎます」

「ダメかな」なんてとぼけてる眞鍋さんだけど、

「日テレ」だけでは住所とはいえないでしょう。

 

しかし、雑な住所でもスタジオには届いた。

それを見た中山秀さん、「マンモスの肉みたいな」。

「ギャートルズか」とは誰も突っ込まなかったが、

バームクーヘンです、秀さん。
 

0912281_053
 
一升瓶入りビールなんてのもあって、

手放したくなさそうな眞鍋さん。

 

でも、例によって自ら皆さんにお酌。

姉さんに酌なんてさせていいのかNON STYLE。

と思ったかどうかは分からないが、重鎮徳光さん、

立ち上がって眞鍋さんに注ごうとした。

 

それはイカンと秀さんが注いだけど、眞鍋さん、

「秀さんに注がせて悪いな」
 

0912281_050
 
でも、注いで貰えりゃこっちのもの。

腰に手を当てて一気飲み。

「早いよ眞鍋」

当然の突っ込みもさることながら、

牛乳じゃないんだし、腰に手を当てなくても ・ ・ ・ 。

 

眞鍋さんと飲みに行ったらしいNON STYLE。

「羽交い絞めにされた」とか。

な、何があったのか眞鍋さん。
 

0912281_062
 
でも実は ・ ・ ・ 

「覚えていません」だって。

とんだ落ちがついた、眞鍋さん今年最後の「DON!」でした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

眞鍋さんの飛行機旅に、爆笑嘘記事の勧め

さて眞鍋さん、パリ行きは元旦出発になるのだろうか?

機内での時間のつぶし方にお悩みの様子

H.I.Sかをりのブログ)。

寝顔だと出っ歯になると言うから、

酒かっくらって居眠り三昧というのもお勧めではない。

 

サラリーマン時代、10日に一回くらい泊まり勤務があった。

新聞社は24時間体制なので有事に備えるのだ。

だが、結局何もなく暇なので、

ありえない事件を嘘記事にしてバイト君に読ませ、

爆笑を取るのが楽しみだった。

 

ありそうな話からどんどん脱線してゆくと話が膨らんでゆく。

情報の集まる場所にいたのでそれを織り交ぜてゆくと、

誘拐事件に端を発して国際的陰謀に発展し、

最後はアッと驚くどんでん返しで戦争の危機を食い止める

なんて007的ストーリーになったこともある。

 

こーゆー時はキーボードの方がいい。

指が勝手に動いて、自分でも「あれあれ?」

なんて思う意外な方向に話が展開してゆく。

職業柄あまりメルヘンチックにならず、

妙にリアリティーがあるので公にはしにくかったが。

 

作家ではないのだからそんなのはどうでもいい。

趣味の範囲なら実名を出したって問題にはならない。

自分が楽しかったらいいのだ。

時間なんてあっという間に過ぎる。

ネットブックならキーボードが普通に使えるメビウスがイイ。

 

さて、眞鍋さんの荷物の中にメビウスは入るかな?

どっちにせよ、是非ともパリからブログ年賀状、期待したい。

爆笑嘘記事でも「初夢」で笑えるかも。

機内で寝てたら急に背が10センチも伸び、

スーパーモデルとしてスカウトされる…とかね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タロットでも心機一転眞鍋さん、 死なないけどDEATH!

タロットカードに骸骨とDEATHの文字。

それを引いた眞鍋さん、思わず叫ぶ。

「ヤッターッ!」

って ・ ・ ・ なんで?

 

今日の「ゴチャ・まぜっ!」はフィフィーさんのタロット占い。

「私は最後って指示があって ・ ・ ・ 

落ちに使おうとしてるんじゃないの」

かといって戦々恐々とする訳でもなく、

「悪いカード引かないよ」

眞鍋さん、例によってあっけらかん。

 

占いのテーマは来年の運勢なのだが

宮野さんは勉強して成長する一年。

tetsuyaさんはエネルギッシュに押しまくって成功。

爺さんカードを引いた城島リーダーは

「自分の時間を作った方がよい」現状維持。

フィフィーさん自身はチャンスが巡ってくる車輪のカード。

でも、「何があるのか、全然見えてないですねぇ」。

 

さて、そこで眞鍋さんの番なのだが、城島リーダー、

「なんか占いのコーナー終わりそうな雰囲気」

だが、毎週ネットで占いをやっているという眞鍋さん

「ダメだよやろーよ」と激しく抵抗。

しかし、いざ引いてみたら、

「骸骨が描いてある!DEATHって書いてあるっ!!」

 

だが、死ぬという意味ではないらしい。

「死なないの私、やったー」

 

で、その意味は、
 
今続いているものを停止するか、滞っているものを開始する。

別れようと思っている恋人がいたら別れる、

就職を決めようか悩んでいたら決める。
 
「やったぁーっ!良かったぁーっ!!」

眞鍋さん、再び雄叫び。

 

「心当たりあるの」の声に

「まーいろいろね、来年は『DEATH!』って感じで行きます」

 

 

当方、占いに特に興味はないのだが、

たまにやると妙なところで図星を突かれる。

眞鍋さんもそんな気持ちだったに違いないね。

ガンバレッ!眞鍋さんっ!!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

やっぱりひとことメリクリ眞鍋さんに

   091225_003223_2
 
スルーしようと思ったけど、やっぱりできないこの写真。

メリクリ眞鍋さん in 和民。

クリスマスの被り物は例年通り。

和民出没は「ゴチャ・まぜっ!」で予告した通り。

 

なのだが ・ ・ ・ 

眞鍋さん、目尻が下がってるし。

クリスマスツリーの下で眞鍋スマイル。

マスクしてても、って言うかしてるから余計に

明るい笑顔が浮かんでくる。

元気な眞鍋さん。

 

眞鍋さん、人を元気づけたり楽しませることがホントに得意。

いっぱいの真心が、マスクの下から溢れ出てる。

エンターティナー眞鍋さんが被り物、

素顔は真心眞鍋さん。 

 

優木さんとお揃いの4連ハートのネックレス

 ・ ・ ・ かどうかは定かではないけれど、

アーカ-と一緒にグローブトロッターも買ったのかな?

お正月も明るい眞鍋さん、見せて下さいね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史雑感~JINではなく坂の上

眞鍋さんが観ていたというJIN。

裏番組はこれまた愛媛つながりの「坂の上の雲」。

「坂の上」関連サイトを見ていたら変な記述があった。

「騎兵には胸甲騎兵、軽騎兵、竜騎兵の三種類がある」

なんじゃそら?

 

騎兵には重騎兵と軽騎兵しかない。

それも兵隊の体格の差、図体がデカイか小さいかだけの話。

わざわざ区別する必要もなく、現にアメリカにはそんなのない。

秋山好古の時代にもそんな区別はなかったはず。

阿部寛さん、馬に乗るにはデカ過ぎるし・・・。

 

どうやらドイツから直輸入された文献が出展らしい。

普仏戦争でフランスがプロイセンに負けると、

日本の陸軍も負けたフランスから勝ったドイツにシフトする。

その頃に導入された資料だろう。

プロイセンには白胸甲騎兵なんて派手なのがいた。

 

だが、胸甲騎兵はナポレオンの歴史趣味が生み出したものだ。

ぴかぴかのヘルメットに胸当てを着け、マントを翻す、

ジュリウス・ガイウス・カエサル(シーザー)みたいなファッション。

胸甲が弾丸を跳ね返す訳ではないので、カッコつけただけである。

エンゲルスは「馬鹿馬鹿しい」と切り捨てている。

 

ヨーロッパで皇帝と言えばローマ帝国に由来する。

西ローマ→神聖ローマ→ドイツ、オーストリア帝国の流れと

東ローマ→ロシア皇帝の流れ。

ナポレオンもこれに便乗して、古代ローマ帝国同様

「皇帝の鷲」を軍に持たせたりした。

 

こういう馬鹿馬鹿しいことがヨーロッパでは盛んに行われた。

軍隊は貴族の次男坊、三男坊のいい就職先だったので、

カッコいい軍服が必要だったのだろう。

舞踏会でモテる為に。

 

国産自動車の名前にもなっているランサー(槍騎兵)

はポーランドの、ハッサー(驃騎兵)はハンガリーの、

それぞれ伝統的な衣装を「カッコいい」と真似たもの。

竜騎兵の由来には諸説あるが、

独自の用兵思想や任務がある訳ではない。

 

槍騎兵は槍を持ち、竜騎兵は鉄砲を持つ

という違いがないではないが、

時代が進むと鉄砲を持たない騎兵はいなくなったし

槍を使うのも槍騎兵だけではない。

 

軍拡に興味がなかった19世紀のアメリカでは、

当然、こんな妙な区別はなかった。

先住民の弓矢に対抗してリボルバ-を愛用したので

「竜騎兵」を名乗ったモノ好きがいたくらいである。

 

だが、幕末から明治初期の日本では、

限られた情報から生まれた錯誤が

そのまま定着してしまうことが多々あった。

それが未だにそのままになっていることも珍しくない。

 

博物館に幕末に使われた銃が展示してあり、

「ゲベール銃」などと説明されている。

ゲベールとはドイツ語で銃のことなので、

「カー自動車」と言ってるのと同じである。

 

見たところ、明らかにプロイセンで使われたドライゼライフル。

ドライゼはモーゼルの師匠で、オリンピックで使われる

競技銃の全てがこのメカニズムの派生型だ。

エライ人なのである。

 

ペリーが来航した1853年(クリミア戦争)から明治初期、

この時期は銃砲史最大の変革期だった。

売れなくなった旧式の在庫をさばこうとする悪徳業者から

なかなか売れない新型の売り込みを図るベンチャーまで

いろんな業者が日本に売り込みにきた。

 

最近、佐賀県で発見されたスペンサーライフルは後者で、

初の連発式実用大型ライフルだったものの、

より扱いやすいウィンチェスターに押されて姿を消した。

貴重品である。

 

各藩が騙されたり掘り出し物を見つけたりしながら

それぞれ勝手に雑多な買い物をした。

その混乱が今でも整理されずに残っている。

博物館や歴史書の記述も、

各論はともかく総論としては整理不十分だ。

 

演技力ではカバーしきれないから仕方ないけど

阿部寛さん、絶対、軽騎兵には見えないし。

ただし、演技も重厚だが。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

眞鍋スマイルの09年~前半編

眞鍋さん、多分、本人には全くそのつもりはない

ナチュラルな行動で人をしんみりさせてしまうことがある。

からりとした明るさの中に滲み出てくる、

人を喜ばせたい、楽しませたいという心遣い。

それを感じてしまうとじわ~っと真心が染みてくる。

 

でも、そーゆーのは解りにくいので

一番解りやすい眞鍋さん癒しの源泉、

眞鍋スマイルで軽く一年を振り返ってみたい。
 

0901251_001
 
「メガスポ」といえば「美脚」となってしまったけど、

月日が経つとよりインパクトの強いものが残るのは世の流れ。

でも、心のこもった優しい笑顔もここから始まったこと、

忘れちゃいけない。
 

  0902281_022
 
目ぱっちりの営業スマイルとは一味違う、

限りなく素に近いこの笑顔、バラエティーでもすっかり定着。

「メガスポ美脚」は伝説になったけど、

真心スマイルは、今でも至る所で見ることができる。

 

4月に入るとニュースタイル眞鍋さんがスタート。

ぶっちゃけはっちゃけの遠慮ない自己表現で、笑顔もはっちゃけ。
 

 0904062_058
 
ただし、前髪を揃えたのはこのひと月ほど前のこと。

髪型と言えば、こんなこともありました。
 

 0904303_039
 
アッと驚く黒髪かをりパトラの登場。

これも4月末のこと。

前年にも、一日だけ黒髪(ストレートロング)だったことがあった。

で、かをりパトラも一週間の短期終了。

年に一度のサプライズ?
 
0905081_076_3  

一方、はっちゃけ眞鍋さん

快進撃は止まらない。

 

振られたら迷うことなく「燧灘」、

美脚踊りを披露してしまうのだ

(5月)。

そこまでやるか的眞鍋さん。

 

 

でも厚かましくはないので暑苦しくはならない。

自然体なのにバランス感覚がいい。

この辺が後半生きてくる。
 

 0906011_090_2
 
笑顔に戻れば、

こんな脱力系のスマイルもしばしば見られた。

自由すぎるシェフやスザンヌさんの天然ボケに

取り敢えず笑うっきゃない風情。
 

0906052_074
 
だが、ずっこけてばかりはいられない。

面白ポーズで貪欲に自ら笑いを取りにゆく(6月)。
 

0904201_050_3
 
それでも時折、優しさがふっと零れ落ちてしまう。

楽しく明るく元気良く、思いっきりの自己表現でも、

やっぱり真心眞鍋さん、人柄は隠せません。

 

と言うことで、09年前半、

もっとも忘れ難い笑顔はコレ。
 

0903301_044
 
なんの演出もなく、ただ涙を振り切って

真心だけを込めた眞鍋さんの精一杯スマイル。

 

眞鍋かをりさんという人の

ヒューマンな温もりと篤さには何度も泣かされているけれど、

演技でない笑顔で泣かせる人なんて初めてだ。

なんて人なんでしょう、眞鍋さん。

 

 

現在進行形の09年後半は、また機会を改めてまとめてみたい。

ってな訳で、おあとがよろしいようで。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

パジャマだけじゃない伊勢丹はAHKAHでありんす

AHKAHといえば眞鍋さん愛用の、

というより常時装着されてる紋章のようなあれ。

クリスマス限定品狙いで伊勢丹へ出没したそうな。
 

Dvc00855_091224blog
 
優木さんのブログにも載ってた写真。

カメラが二台あったらしく、眞鍋さんと真ん中の人は右を見てる。

真ん中の人は福王子さん・・・この間、大根炊きやってたな。

西に行けば嵯峨野、東に行けば金閣・・・のフクオージではなく、

アーカーの人らしい。

 

「やっぱりAHKAH可愛くて全部欲しくなったでありんす」

そうでありんすか。

最終回、街頭でビラ配布してたでありんすね。

麻酔医もいないのに腫瘍摘出手術を成功させたJINは偉い。

摘出した…ではなく、選んだAHKAH、見てみたい。

 

「伊勢丹柄」のパジャマ愛用の眞鍋さん、

伊勢丹はAHKAHつながりだったのか・・・。

 

和風に福袋作戦に打って出る海外ブランドもあるらしく、

あの手この手の販売戦略。

上手く乗っかって、いいモノ見つけるのも賢い消費者。

眞鍋さんも優木さんもすっかり庶民派目線。

ちゃっかりコネも生かしてる。

 

今後、眞鍋さんの首元に注目しなくては。

でも、優木さんはもこもこコートを手にしてるけど

眞鍋さんはもこもこベスト。

上に何を着ていたのでしょう。

まさか、そのままじゃ外に出た時寒いよね。

 

日付が替わったので、

取り敢えず美脚コンビのお二人に

メリー美脚リスマス!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

現れるか美脚虎(寅)

新年と新年度のどちらが一年の区切りなのか・・・

季節的には桜の花咲く春が一年の始まりにふさわしい。

学校とか税金とか決算とかも年度末だ。

正月は一種のイベントみたいなもんである。

 

イベントといえばクリスマスも然り。

ホントにキリストの誕生日かどうかなんて分からない。

サンタの爺さんにはモデルがいたらしいが、

なんとアナトリアの人だと言う。

 

東ローマ帝国時代の話だろうが

ユーラシアを縦断してきたトルコ人が、

もうかれこれ千年も住んでいるのでキリスト教のイメージは薄い。

勿論トナカイなんていないしモミの木もない。

 

しかし、だからと言って

「クダラン!」と一蹴するのは心が狭すぎるというもの。

クダラン事に乗っかって楽しむのも人生のゆとりであろう。

そもそも神仏習合、敬虔なキリスト教徒ではないのだし。

 

眞鍋さん、今年はどんなかぶり物で出没するのかな?

「ゴチャ・まぜっ!」ではワタミに行くとか言ってたけど。

そう言えば、ラジオでは分からなかった

「踵が凄い」の写真が番組HPにアップされている。

 

確かにお洒落 & 美脚。

でも、気取りがないのは人柄と一緒。

ファッションにも人間性は出るものらしい。

さて、美脚な虎が居酒屋に現れるのだろうか?

 

この際、クリスマスも正月も一緒でいい。

雑事や形而上のことなど忘れて

思いっきり楽しんで欲しいもの。

それに便乗して当方もポールロジェなど開けることにしよう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

眞鍋さん伝説の超美脚 Vol.Ⅲ

Megasupoa_010_2
 
好評につき第3弾、眞鍋さん超美脚!

でもこれは、ある意味ホントの伝説。

伝説の源となった「メガスポ」美脚の第1弾だ。

当ブログが開設する前、08年3月の放送。

眞鍋さんの美脚伝説はここから始まった。

 

嘘みたいな本当の話だが、

長年眞鍋さんを見てきた癖に

そのルックスに興味を持ったことがなかった。

興味があったのは

あけすけな人柄の中にさりげなく見せる知的能力の高さ。

 

だから、このオープニングを見た時、対応に困った。

眞鍋さんのとらえ方が一面的で矮小化している

などと大真面目に考えて抗議すべきかとさえ思ったほど。

しかし、これかあれかではなく、これもあれも全て眞鍋さん。

面白くて優しく、知的で美しい、多面的魅力の一断面だ。

 

左脚を出して右脚を引くこのポーズ、立ち姿にも応用されて

その後の眞鍋さん美脚ポーズの基本になった。

でも実は、この頃の眞鍋さん、美脚の見せ方にまだ迷いがあった。

「ん?」的なものもあって、そっちが記憶に残っていたのだけど、

基本は最初の一発目で決めていた訳だ。

 

もとより、美脚を見せることそれ自体には

何のためらいもない眞鍋さん。

どんなアングルからカメラが迫ろうと平然たるものだけど、

さすがに生放送、本番開始と同時に脚がピクリと動くことも。

慣れるとそれもなくなったけど、その緊張感は大切。

 

なにしろ眞鍋さん、油断すると膝が開く悪い癖がある。

元々、見えてはいけないものが見えても気にしない性質だ。

でも、眞鍋さん、そんな自分をきちんと客観視する力がある。

開けっ広げだけど甘えないプロ意識も持っている。

だから美脚も進化する。

 

温故知新、

頑張れ眞鍋さん!

ガンバレ、眞鍋さん超美脚!!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

虫歯菌に負けるな、真心眞鍋さん

0912211_023

「ポン酢とお酒って一番歯に悪いんですねぇ」

酸性の食べ物や酒は歯を溶かすと聴いた眞鍋さん、

「最近、そんなのばっかりなんですよ」

「一人で?」(中山秀さん)

「一人で・・・湯豆腐とか」

 

ずいぶんシンプルで、その気になったらかなり高級な、

その気にならなかったらお安いもので、

眞鍋さん、晩酌やってるらしい。

チーズやバターなど乳製品の摂り過ぎを気にしたか

ってことでもないだろうけど。
 

  0912211_002_3
 
 
ということで今日の「おもいっきりDON!」は

最新歯科治療第二弾。

酸性のものを食べた後はミルク系など

他の飲み物で酸を流してから歯磨きすること。

歯が柔らかくなっているので、すぐの歯磨きは危険なのだとか。

 

ミカンもダメと聴いた眞鍋さん、

「ウェッ!」と思わず腰を浮かします。

「愛媛の人はみんな歯がガタガタになる・・・」

冬の間、箱買いしたミカンがどんと置いてあるのが普通だしね。

でも、水を一杯飲むだけでも大丈夫らしいし心配は要らない。
 

0912211_013
 
前回、奥歯に虫歯があると告白した眞鍋さん。

現在も治療中ということで、

唾液中の虫歯菌の数は完璧レッドゾーン。

芸能人は歯が命…「命」は大袈裟だろうけど

気をつけるにしくはなし。

 

だが、どうも唾液の量がポイントらしい。

ということで唾液を増やす体操。

「あ、ホントに出てきた」(眞鍋さん)

「もっとダラダラになっちゃいます」(中山秀さん)

「それも困るな」(眞鍋さん)
 

0912211_033
 
関係があるのかどうなのかよく分からないが、

慢性胃潰瘍の当方、唾液は極めて多く、

「特に多いぞ」と感じた時に手を打たないと必ず胃痛が来る。

因果関係があるとしたら、確かに「困る」。

ちなみに、唾液が多くても虫歯にはなる。
 

  0912211_037_2
 
三日月ネックレス(厳密にはペンダントらしいけど)が効いた

浮彫の様な柄のミニワンピ。

最近の眞鍋さんにはちょっと珍しい色使いだが、

細いけれどしなやかな美脚は相変わらず。
 

0912211_050
 
今回もいろいろ問題発覚の眞鍋さんだけど、

歯より大切なものはやはり巨大化した「豆芝」うめ。

「『豆芝』なのに」と言いながら、嬉しそうな眞鍋さん。

「ご飯一杯食べろ」って、愛情いっぱいに育てたから

ホントはちっとも後悔していない。

 

心豊かな真心眞鍋さん、「歯より命」も本音に違いない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

ツッコミ眞鍋さんは伊勢丹パジャマ

「もうそろそろジングルベル的な」という眞鍋さん。

今年は「ワタミに行こうかなと思ってる」

勿論、恒例の着ぐるみスタイルで。

「私も行こうかな?」というフィフィーさんだが、眞鍋さん、

「ロバ系の(着ぐるみ)?」

 

突っ込み冴える眞鍋さんは「ゴチャ・まぜっ!」

オープニング0.01秒前まで飲み物ぐびぐび、

その直前にはお菓子をぼりぼり。

「眞鍋さんは凄いなぁ」と城島リーダー。

「プロだ」の声も。

 

お菓子と言えば、おにぎり煎餅の話題を以前に出した眞鍋さん、

「買い食いといえばたこ焼き」というリーダーに

「たこせんっ!」

だがっ!城島リーダーを含め誰もそれを知らない!

「え~?茶屋町のロフトの近くで買ったよ」

 

奈良にはたこせんはないのか?

我が家の近所の旨いタコ焼き屋で焼きあがりを待っていると、

「たこせんちょーだ~い」

自転車で乗り付けた女子高校生が叫んだのを思い出す。

 

さて、寝る時の服装、Tシャツの上にパーカー2枚、

さらにジャージを重ね着する寒がり宮野さんに、

上下スェットだが寝てる間に脱いでしまう暑がりリーダー。

で、眞鍋さんはと言うと

「パジャマですけど・・・柄が伊勢丹の紙袋」

 

チェックのようなものらしいのだが、

フィフィーさんも同じものを持っていたらしい。

ちなみに丸に伊のマークは付いていないとか。

 

だが、フィフィーさん、寝るときは必ず横向き。

「ロバだから?」と眞鍋さん。

「いつ襲われても大丈夫なように」

「完全には寝ませんみたいな」

かぶせます。

 

放送には腕相撲大会もあったが、気になったのは

「踵が凄い!」「お洒落~」との眞鍋さんへの賛辞。

ラジオなので見えない。

だが、写真を撮られたらしいので番組HPでの公開を期待したい。

例え踵でも

「眞鍋さん超美脚!」

なのだから。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

勢いこのままに、眞鍋さん!

眞鍋さんプロデュースの「美肌とんかつ」好評販売中!

なんてニュースを見て、そんなこともあったなと思ったら、

過去形ではなく今の話だった。

縮刷版を見ているのか最新版を見ているのか、

時間軸が曖昧になりやすいのがネット情報だ。

 

とんかつチェーン店キムカツの話。

眞鍋さんがプロデュースしたのは、

コラーゲン、ヒアルロン酸重視の「美肌膳」。

期間限定メニューから常設メニューに変わったそうだ。

キムカツは京都、大阪をはじめ全国に展開している(公式HP)。

 

薄切り肉を重ねてとんかつにするというアイデア、

昔とある料理番組で一種の手抜き料理として紹介されていた。

しかし、重ね方によっては霜降り風にできたり、

色々バリエーションができそうだと思っていたら、

それを商品化したのがキムカツ。

 

それが大ヒットしてテレビを賑わしたりするのだから、

アイデアは生かし方次第だ。

 

こういうお仕事が多いのも人気の証明。

CMランキングでは今年、6位にランクイン。

ベスト6入りした女性芸能人21人中の一人だ。

数社が新たに加わって、今年の眞鍋さん、

CMの活躍が目立った。

 

キャンペーンなどは写真を貸しただけで

本人は知らないものもあるだろうし、

何でも受けているとたまに地雷を踏むこともある。

もう眞鍋さんもそのことは十分承知しているはず。

教訓を踏まえつつも、この勢い、さらに発揮して欲しいものだ。

 

頑張れ!眞鍋さん!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

垣間見えた「ケンミン」眞鍋さん

大阪ではヒレ肉をヘレと言う?

いやいや、「フィレ」と表記している場合もあるぞ。

魚の切り方にも「フィーレ」というのがあるらしい。

詳細は知らないがややこしい話だ。

 

とか何とか思いながら観ていた「ケンミンSHOW」。

この日、眞鍋さんは出演していなかったのだが ・ ・ ・ 

いた!

一瞬だったのではっきりしないが、このベレー帽 ↓
 

0911301_055
 
と同じか、よく似た帽子をかぶっていた。

どうやら、年始の特番に出演しているらしい。

年末年始は特番ばかりで、たまにチェック漏れがある。

覚えておこう。

 

さて、ヒレとヘレだが、

きつねうどんの「きつね」を「けつね」と称する人がいるように

「い」を「え」に置き換える風習に由来するものらしい。

毎週毎週、よく大阪ネタが続けられるものだ。

 

だが、この置き換えは大阪だけではない。

「ない」を「ねぇ」と言ったり、「ミンチ」を「メンチ」と言ったり、

関東、東北方面にも見られる。

だが、九州、中国・四国、山陰北陸にはないような気がする。

 

では、東海、甲信越はどうなのだろう?

静岡の人は「うっせぇ、ちげぇよ」とは言わないだろうか?

時代劇の次郎長親分はすっかり江戸っ子風なのだが ・ ・ ・ 

阿賀野川を境に東北圏と合体する新潟などかなり微妙だ。

 

日本は面積以上に広い。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

人生に送るエール

眞鍋さんがタレントでなかったら、

多分出逢うこともなかっただろう。

けれど万が一、どこかで出逢うことがあったなら、

全てを受け入れることができる人と、やはり思っただろう。

 

タレントさんより距離感が近い分、

結論に至る道程はもっと短いに違いない。

遠くから眺めてるだけで

想像を逞しくするよりダイレクトなのだから、

誤解を生む確率も低くなる。

 

しかしタレントさんだからこそ、

「こんな人がいる」きっかけを得られた。

タレントさんだからこそ、

遠くからでもマラソンコーチの様に伴走し、

声援を送り続けることもできる。

感謝しなければ。

 

成長と共に大人の落ち着きと配慮の細やかさを身につけつつも

真っ直ぐ伸びやかに自分自身であり続けようとする眞鍋さん。

人一倍明るくざっくばらんなのに人一倍優しくて

人一倍賢いのに人一倍謙虚。

でも、現状追認の諦めに埋没はしない。

変わろうとする勇気と決断力も持っている。

 

だから、眞鍋さんと共に前へ進もう。

先に何があるかは分からないし、

考えたところでそれが変わる訳でもない。

だが、声援を送り続けることはできる。

だからエールを送り続ける。

 

眞鍋さんという人と、その人生に。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月16日 (水)

眞鍋さんのお笑い的人間ドック

0912151_001
 
納得いかない表情の眞鍋さん。

肩にシールを張られてしまったけど

「いやいや(違うでしょう)」的雰囲気。

 

「家庭の医学」でやったスクワットによる大腰筋検査。

立ち幅跳びで1位を取ったり(平成教育委員会スペシャル

脚力に覚えありの美脚家・眞鍋さんなので、当然の疑問。
 

0912151_036
 
「全然大丈夫なのに~」

再びスクワットで美脚力をアピールするものの、

確かに、回数的には50台60台の皆さんと同じ。

「今は大丈夫でも50~60には辛い人生が待ってますよ」

なんてきついお達しを受けてしまった。

 

素直に受け止めるよりなさそうに思えるが

膝を伸ばした時に一瞬止まるのが敗因のようにも見えた。

伸ばすと同時に曲げれば記録も伸びそう ・ ・ ・ 

頑張りましょう、眞鍋さん。
 

0912151_016_2
 
そんなこともあって、ちょっと弱気になったか眞鍋さん。

喫煙者がなりやすい肺気腫など

隠れ呼吸器障害を確かめる検査を前に、

「こんなこと言われたらやだな~」

 

番組冒頭、

「森重久弥さんが出るはずでしたがキャンセルになりました」

なんてブラックジョークで

眞鍋さんを俯き爆笑に追い込んだたけし師匠。
 

0912151_022
 
眞鍋さんにもこんな一撃が!

クボジュンさんへの

「入れ歯の人はどうするんだ」には笑った。

 

ちなみにこの検査、

15センチ先のマッチを口を開けたまま

「はぁっ!」と吹き消すのだが ・ ・ ・ 

口をすぼめて吹き消すのと違って狙いを定めにくい。
 

0912151_026
 
でも、やってみたら難なく吹き消して、

眞鍋さん、投稿されずに済みました。

 

次の認知力テストは眞鍋さんの得意科目。

15分で長台詞を完璧に暗記したのは7~8年前のことだったか。

あの集中力がなければ仕事しながら4年で横国大卒業は無理。
 

0912151_045
 
「楽しかったです」

余裕の表情で満点クリア。

そう言えば、番組の最後に復習テストとかやらされた時も

眞鍋さん、毎回満点だった。

 

でも、「やり方を知らないからやったことがない」

という触診での乳がん検査には苦戦。

こんにゃくに入れた黒豆を凄い力で押していたけど、不正解。

眞鍋さん、アバウトなとこが裏目に出たか!?
 

0912151_056
 
コールドクリームを塗ったら分かりやすいと聴いて、

やけくそ気味に塗りたくったら、

お隣から突っ込みともとれるつぶやきが  ・ ・ ・ 

 

健康診断を受けたことがない眞鍋さん。

毎年、番組で検診を受けてるような感じ。

でも、何もやらないよりはまし。

自分のことだから ・ ・ ・ って、あらら?
 

0912151_047
 
本番中です、眞鍋さんっ!

自分の乳がん検診は自宅でこっそりやりましょう!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

霊力さらに強まったか天照眞鍋皇大神

0912143_002
 
お昼とは色違い、タータンチェックの眞鍋さん。

こっちは生放送ではないから別の日だけど、お気に入りかな?

「やりすぎコージー」の都市伝説外伝スペシャルで、

なんと天孫降臨の地、高千穂を探索だ。

 

天照眞鍋皇大神が天照皇大神ゆかりの地を訪れる。

なんと言うことか、二人の女神が遭遇するか ・ ・ ・ 

「皇」をつけるのはちょっと右翼チックな感じもするが

まぁいいや。
 

0912143_007
 
何しろ、「浄化の雨」で眞鍋さんを迎えてくれたのだから、

太陽神も歓迎してくれたようだ。

だが、アラサー眞鍋さん、クイズ番組でアイドルチームに入ると

スタッフから笑いが漏れるとか ・ ・ ・ 天誅を恐れぬ輩じゃ。

 

「そのキャスティングするなっつーの!」

お怒りごもっともだけど

とかなんとか言いながら笑いのネタにしてしまう。

慈愛の神、眞鍋さんは笑いの神でもあるのだ。
 

0912143_015
 
二礼二拍手一礼の作法をもちまして、天岩戸を遥拝する眞鍋さん。

最後の一礼を抜かしたような気もするけど、

まぁいいや。

 

なんたって日本の神々は融通が効く。

手をつないで三周廻ったら絆が永遠になるという夫婦杉。

相手を思いながら一人で廻っても御利益は同じなのだとか。

お互い違う相手を思いながら廻ったらどうなるのだ ・ ・ ・

 

その時は別の神様がなんとかしてくれるだろう。

なにしろ八百万人もいるのだから。
 

0912143_017

その八百万の神々が集まったという(それにしては狭い)

天安河原を訪れた眞鍋さん、

「(この世と)あの世の境みたい」

「映画の中に入ったみたいな」

 

分かる。

 

深山幽谷に分け入ると、荘厳な気分になる。

そこに人工物の名残などを発見すると、

恐れていいのか神々しくとらえていいのか分からない

不可思議に感覚にとらわれるものである。

 

なんだかんだ言いながら、

とても素直な感受性を持つ眞鍋さん。

きっとその霊力、さらに強められたに違いない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

怪人も感激、優しさDON!と眞鍋さん

0912141_001

「行ったり来たり」・・・眞鍋さん唯一のゴルフ経験は

175の大たたきだったそうな。

15歳までのゴルフ経験(親父の御伴)しかないので

大きいことは言えないが、一回だけならそんなもんだろ、うん。

 

国内外を問わず、スポーツの話題はゴルフ。

ただし、オフシーズンのそれで、石川遼君はいいとして

遼君憧れのタイガー・ウッズは無期限出場自粛。

理由が浮気癖を改め、いい夫になる為とは「?」。
 

0912141_026
 
眞鍋さんも「愛人か自分かなら分かるけど」と疑問符。

でも「浮気は許さない」ときっぱり・・・だったのだが・・・

「900億稼いでたら許しちゃうかもしんない」

離婚しても財産分与で一生、金には困らないだろうしね。

 

しかし、特集は食材選び。まずは鰤!

これがなくては冬とは言えぬ。

塩焼き、照り焼き、味噌漬けと三パターンは必ず作る。

照り焼きは冷蔵庫、味噌漬けは冷凍庫に今も入っている。
 

0912141_038
 
「ホントに素材の味ですね!」

眞鍋さんが舌鼓を打つのは「焼きブリ大根」。

イタリアンのシェフが塩とオリーブオイルだけを使い

トースターで焼きあげたもの。

簡単、かつ旨そう。

 

年配の徳光さんにまずすすめ、

席が遠い南海山ちゃんに取り分けた眞鍋さん。

さりげないこうした配慮、いつものことなのだけど ・ ・ ・ 
 

0912141_046
 
「優しい ・ ・ ・ 好きになっちゃいそう」

親切に慣れてない(?)怪人・山ちゃん、感激。

でも、「誤解ですよ」と榊原さんの声が。

 

選び方では、

「血合いが好きだから」と

正直眞鍋さんが選んだ切身が見事正解。

続く白葱でも、当方が心の中で選んだものを

以心伝心(んな訳ないが)眞鍋さんも選んでこれまた大正解。
 

0912141_032
 
緑部分の空洞に甘味の証明、ネギゼリーが ・ ・ ・ 

だが、中山秀さんのCCDは眞鍋さんの顔面へっ!

「私じゃないです!」

いつも優しい榊原さん、大笑い。

 

でも、「今は大丈夫です」って

もしかして花粉症のこと?

相変わらず秀さんとのコンビは息が合ってます。
 

 0912141_013
 
ハートマークが可愛いシャツの重ね着に

短パンブーツと美脚系の眞鍋さん。

ちなみに今日は生脚だったようだ。

明るく元気な眞鍋さん、ナイスファイト!
 

0912141_040
 
新橋の駅前で、並んで宝くじを買った眞鍋さん 、

「来年は億万長者になってると思いまぁす」

何をおっしゃいますやら、

眞鍋さんは、今でも心の億万長者です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

なんちゃって眞鍋さん

眞鍋さんが水樹奈々さんと初対面!

実は当方も初対面!

んなこたぁどうでもいいのだけど、

無礼千万なことに文字情報でしか存じ上げなんだ。

 

という訳で、ここは自分自身の為に、

ツーショット写真を転載させていただこう。
 

  091213_153403
 
室内なので少し色温度を補正。

でも、基本、適正露出なので綺麗。

頬、顎などの輪郭が同系列で、鼻と口の配列比率が近い上、

目の形が類似しているので、似て見えても不思議はないね。

 

左分けの長髪も色こそ違うけど

10月初めまでの眞鍋さんのそれと似ているし。

眞鍋さんも髪を切ったことちょっぴり悔やんでるみたい。

確かに、ちょっと受けたかも。

 

眞鍋さん、お馴染みの白いパンツスーツ。

細くて脚長で、露出してなくても超美脚。

眞鍋さんはやっぱり眞鍋さん。

いろんな出逢いを積み重ね、

大きくなっていくんだね。

 

 ・ ・ ・ な~んちゃって

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

眞鍋さん、○○を暗闇に投げてはいけません

なにっ!眞鍋さんの左手にKY線!?

生命線と頭脳線が離れてる人で芸能人には結構多い

・・・それ当たってるのか?

KYで芸能界は渡っていけないと思うのだが・・・

驚くべきは城島リーダー、なんと生命線がない!

幽霊か。

 

という訳で今週の「ゴチャ・まぜっ!」。

風呂場で歯も磨くというフィフィーさん

「水に関係するところだから」

これに食いついた眞鍋さん、

「歯ブラシとシャワーと ・ ・ ・ まさかトイレ?」

さすがにそれはないらしいが風呂は5分。

「風呂にこだわるのは日本人だけだ」と強弁。

 

その点、眞鍋さんは超日本人。

「普通にご飯とか食べる、朝はベーグル、本を読みながら」

お馴染みの話だが、初耳の一同は声を揃えて「エ~ッ!」

「夜も普通につまみと酒、テレビもあるビーリング状態」

入浴ビーリングなんてのがあるのかどうかは知らないが、

お風呂好きは相変わらず。

 

だが、tetsuyaさん宅の浴室は20インチテレビ装備

勿論埋め込み式で窓からは夜景も見えるとか。

「窓なんてないなーい」と眞鍋さん、テレビも

「充電式のヤツ持ってって見てる。3万くらいであるよ」

庶民派も相変わらずです。

 

一方、これは初耳眞鍋さんの下着の好み。

男性下着は「ボクサーであって欲しい」

トランクスの寄れたのがNGなのだとか。

で、自分のについてはと言うと、まずはフィフィーさん、

勝負下着でない時は、誘われても断るのだという。

 

それを受けた眞鍋さん、

「このチャンス逃したら次ないぞっていう時、

暗闇で遠くに投げちゃう。自ら脱いでスパーッと・・・」

これには一同大爆笑の渦。

キップのいい眞鍋さん、恋には捨て身で勝負かっ!

 

でもまぁ、捨て身なのはトークだけでしょう。

でないとこの時期、風邪ひくしね。

楽しさ相変わらずの眞鍋さんでした。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

新価と新華~「新」も色々2009

今年を表す漢字は「新」だそうだ。

新政権に新型インフルに ・ ・ ・ 

そう言えば、

主催する漢検協会自体も色々あって「新」体制だ。

 

漢検協会も日米新政権も正念場はこれから、

来年こそ「新」の「真価」が問われそう。

新型インフルは、大騒ぎしたほど毒性が強くなくて、

なんとなく「ヤレヤレ」的雰囲気だが、勿論、

変異の危険が去った訳ではない。

 

眞鍋さんの「新」と言えば、4月から始めた新しいスタイル。

インタビューやアシスタントなど、

人に合わせる仕事が多かった昨年、

いつの間にか自分を開放することを忘れていた眞鍋さんが

心機一転、取り組んだ「遠慮しない」自己表現だ。

 

時には自虐的に汚れ役を引き受け、笑いを取りながら、

美しくあるべき時は美しく、真剣であるべき時は真剣に、

硬軟織り交ぜて多面的な力をメリハリよく出してゆく。

笑いのセンスも美しさも知的能力も持っているからできること。

眞鍋さん、持てる力を開放することにかなり成功した。

 

これは十分に「真価」を発揮した「進化」だ。

 

年末になってもう一つの「新」が発覚したけど、

こちらは新政権と同じく正念場はこれから。

進化した眞鍋さんが

新しい価値=「新価」を見出すことを

そして、

新しい花=「新華」を咲かせることを

祈り、そして期待しよう。

 

「ヤレヤレ」と言える日、近かったらいいね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

「プロ」もビビる眞鍋さんの舌打ち

0912101_021
 
にこやか眞鍋さんは「サプライズ」。

耳を隠したヘアスタイルは ・ ・ ・ 

新幹線での一人打ち上げはこの収録の後だったのかな?

 

それはともかく、世の中にはいろんな主義主張があるものだ。

女性専用車両にオッサンが集団で乗り込むのだとか。

階段から近い車両に大急ぎで飛び乗ったのではなく、

他の車両が寿司詰めで乗れなかったからでもなく、

専用車両を認めないから。
 

0912101_012
 
「プロの痴漢なんているの?」

総突っ込みを食らってちょっと慌て気味だけど ・ ・ ・ 

痴漢なんて怖くない眞鍋さん、やられたら「チッ!」と舌打ち。

すると「プロ」は、

「こいつはヤバい」と手を引っ込めるのだという話。

 

「そういうことができない女性もいるから専用車両は必要」

と、続けたかったのだろうけど、

喋りが面白過ぎて途中で止められてしまった。
 

0912101_002
 
しかし、痴漢ごときに負けない眞鍋さん、さすがです。

それと、主義主張はイイとして、

女性専用車両で抗議行動しても弱っちぃ感じがするし、

他の行動を考えた方がいいんではないだろうか?

 

「へー」と思ったのはβ-エンドルフィンなる脳内麻薬。

ギャンブルをやってるとこれが分泌され、

依存症になるというのだが、

ギャンブルだけか?

 

たとえば、テレビゲームなどをやっていても

似たようなことは起こる気がする。

小型電卓にちょっとしたゲームが付いていて、

クリアするとどんどん難易度が上がるとあって、

いい歳した大人がはまっていたのを思い出すのだが。
 

0912101_022
 
局に言われた通りに発言したのに、

視聴者から苦情が来たら全責任を負わされた  ・ ・ ・ 

柴田さんのこの怒りには全面的に共感する。

やるだけやらせて責任を取らないヤツはいる。

 

出演者全員同じ意見では討論番組にならないから、

ある程度の演出が必要な場面はあるだろうが、

責任逃れは許せん。

「次色つけるから今回は泣いてくれ」というのが

「大人の事情」というもの。

一方的に不利益を被るのは理不尽だ。

 

「強引な人がいるんですよ」と眞鍋さん。

「私、違うんですけど」と言うと、

「生意気だ」という態度を取られるとか。

そんなことやってるから「やらせ」事件がなくならないのだ。

 

もっとも、

「スタッフの期待に応えられた時にやりがいを感じる」

と言う眞鍋さんだから、

肩を怒らせて自己主張することはないだろうけどね。

 

 

*:この番組のセット、暖色系の衣装の方が映える気がする。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

なんじゃそら的グローブトロッター

眞鍋さんが悩んでいる!

そう、グローブトロッターに ・ ・ ・ 

なんじゃそら?

 

ブランドといえば車とカメラ、後は酒くらいしか知らない。

ふんぞり返って自慢することでもないので、調べてみた。

スーツケースやトランクのブランドと判明。

カーボンコンポジットボディー(F1か?)で

軽量かつ丈夫なもののようだ。

 

眞鍋トランクは現在大小二種類あるらしいが、

正月のパリ旅行にはやはりグローブトロッターか

 ・ ・ ・ ・ 

これはもう気分の問題だ。

 

フェラーリエンジンののすすり泣きに身を任せ、

刹那的快楽に心を委ねるか、

メルセデス的がっちり感に装甲された安心感を覚えるか

はたまたレンタルのカローラで我慢し、買い物に予算をつぎ込むか

 ・ ・ ・ 

 

幸いなことに、

こうした悩みを持つほど財政的に恵まれたことがない。

眞鍋さんが欲しいトロッターは19万円だそうな。

なんだフェラーリより全然安いじゃないか。

だったら買ってしまえ! 

 

空港に着いてから、

「ああ、やっぱりグローブトロッターだったら

気分違ったんだろうなぁ」

なんて悔やむよりはずっとマシ。

滅多に行けない念願の長期旅行、気分良くゆこうぜ。

 

心残りなく存分にリフレッシュを!

と言いたいけど ・ ・ ・ 、

まだ予約してないんだって。

なんじゃそら!?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

面白眞鍋さん、笑顔の三段落ちでイチハチ

0912091_006
 
質問への答、「かぼちゃ」

「布を持ってブロック塀になりきる」

で、眞鍋さんは

「木!」

 

「動けないだろう!」

なんて突っ込まれながら、決まりました三段落ち。

と言う訳で「1億分の8」は先週の続き、凄腕探偵の巻。
 

0912091_011
 
浮気調査の依頼は、男:女=4:6だとか。

意外に多い男からの依頼に眞鍋さん、「へ~」。

浮気の言い訳を

「あ、そう」と信じてしまう夫が多いとは聞いていたが、

調査依頼をしながらまだ信じようとするのは夫の方らしい。

妻の方は依頼した段階で腹を決めているようだ。

 

女性の自己防衛本能が表れた形(強い弱いの問題ではない)。

保護を失うと死を招いた太古の時代までその起源は遡るらしい。
 

0912091_018
 
芸能人も調査の対象に。

未婚の眞鍋さん、余裕の表情だが ・ ・ ・ 

愛人関係の「テレビ関係者」の依頼で調査したら

浮気相手は大物女優、「クロでした」。

って、それ、依頼者を含めて3人ともクロだろう。

 

「人気4人グループで今3人」は、眞鍋さん分かったらしい。

「うぁ~あ」と大きなリアクションでこそこそ耳打ち。

「そういう番組じゃありません」とDT浜ちゃん。
 
0912091_002
 
「何これ・・・うわっ!」と眞鍋さんが驚いていたのは

隠し撮り用カメラの数々。

帽子やらカバンやらペン、煙草etc. ・ ・ ・ 

そんなのが普通に秋葉原に売ってると聴いて二度びっくり。

 

ちなみに、嘘を見抜く方法として

「目が泳ぐ」は男性に関しての話。

女性の場合、逆に不自然なほど目が据わる。

これ、当方が原告代理人として関わった裁判で

ホントにあったこと。

浮気ではなく、詐欺事件だったけど。

 

でも、眞鍋さんには当てはまりそうにない。

正直で自己表現が素直すぎるくらい素直だから。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

心機一転、ガンバレ眞鍋さん

眞鍋さんの事務所移籍問題がとうとう表面化した。

既に語られてきたことであり、知っていた人も多い。

公然化したということは一線を越えたということか。

良い方にか逆の方にかは分からないが。

 

「事務所が写真を使って勝手にやったこと」とは、

以前から冗談めかして言っていたことだが、

業務契約の範囲内ならいざ知らず

今夏の選挙ポスター事件はひどかった。

他の事務所はあんな問題、起こさないし起こしていない。

 

選挙でどの候補を応援するかなどという

個人の思想信条にかかわる問題に事務所が関与する余地はない。

金銭契約で特定候補を応援することも業務命令で応援させることも

本人の意思を無視すれば全て違法である。

中学校社会科レベルの知識であり、

他の事務所であんな問題が起きていないのが当たり前なのである。

 

脱税事件に見る如く、

そもそも遵法精神に欠け、人権意識も希薄に過ぎる。

スポンサーやテレビ局にしても、

社長が逮捕された事務所ではイメージが悪かろう。

タレントより事務所の肩を持つところがあるとは思えない。

あるとしたらそっちの方が批判を浴びることになるだろう。

 

言いたいことはあるけれど、

眞鍋さんの立場を考えて口をつぐんできた人、

他にもたくさんいるのではないだろうか?

「大人の事情」とか言って、違法行為まで容認される訳ではない。

とは言いつつ、

やはり言い過ぎでいらぬ摩擦を引き起こしてもいけない。

 

取り敢えず、この辺で我慢しておこう。

頑張れ!眞鍋さん!!

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

時にはしみじみ~真心眞鍋さんの泣き笑い

テレビでもブログでも、いつも元気で明るい眞鍋さん。

でも時々、場違いにしんみりとしてしまうことがある。

明るい笑顔の奥に、

とても深い思いが込められているからだ。

 

7月に御逝去された眞鍋さんの御祖父様。

でも、仏壇に手を合わせようとしたら ・ ・ ・ 
 

0908141_064
 
「お正月特番で貰った『笑点』の座布団でしたぁっ!」

悲しい出来事も笑いに替えてしまった眞鍋さん。

流石の芸人魂(?)なんて思ってしまったが ・ ・ 。

 

思い返してみたらその2ヶ月前、

仕事終わりに突然、飛行機に飛び乗って、

札幌に行ったことがあった。
 
090616_09340001

 

モエレ~!」なんて

ブログではおどけていたので、

てっきりたまの休みを利用して

骨休みか、なんて思っていたけど

 

 

実はこの時、御祖父様は

既に旅立ちの日を間近にしておられたのだ。

とびきり情が深くて家族思いの眞鍋さん、

居ても立ってもいられなかったに違いない。

 

どんなにつらくても、どれほど悲しくても

決してそれを人には見せない眞鍋さん。

でもそれは、強がりなどではない。

他人まで悲しませたくないからだ。
 

090616_09430001 

同情を誘い、

一緒に悲しんでもらうより

人に喜びを与える

自分であろうとする。

 

 

 、

自分の見栄や野心、自己満足の為でなく、

人の為にこそ頑張れる。

眞鍋さん、そんな人なのだと思う。

御祖父様の為とファンの為と ・ ・ ・ 。

 

張り裂けそうな悲しみと、

喜びを与えたい、楽しませたいという思い。

それらが交錯し合った言葉と行動。

共通するのは人への思いやり。

 

自己顕示欲が希薄で

他人を大切にする人、眞鍋さん。

だからこそ明るくなれる。

だからこそ強くもなれる。

 

そしてだからこそ、

あんな行動が取れたのだろう。

なんて人なんでしょうか、眞鍋さん ・ ・ ・ 。

今年、忘れられない眞鍋さんの一幕だった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

脚長眞鍋さん、軽やかにDON!

0912071_009_2
 
同じショートヘアでも雰囲気を変えてきた眞鍋さん。

「おもいっきりDON!」は中山秀さんのギャグが冴え渡り、

眞鍋さんばかりか榊原さんも加わってボケ突っ込み大会に。

 

とは言え、カビ予防特集では笑ってられない結果。

榊原さんの豪邸も眞鍋さんのマンションも診断結果は×。
 

0912071_014
 
眞鍋さんちは北側寝室のベッド回りに

結露によるカビ繁殖の危機が!

「微妙に壁から離している」とは言うものの、

ベッドの下とか見ないしなぁ。

 

榊原邸は加湿機使い過ぎ。

就寝前の2時間くらいで朝まで適度な湿度が保たれるのだとか。

カビが増殖するとそれを餌にイエニクダニも繁殖 ・ ・ ・ 

「『郁恵ニダニ』に見える」と眞鍋さんきつい一撃。
 

0912071_036
 
一方眞鍋さんも、閉め切った浴室でカビ取り剤を使っていて

「喉が痛くなった」って、そりゃあダメに決まってるでしょう。

気を遣わないにも程がある困った眞鍋さんだ。

 

カビ予防の為の大掃除のポイントは?

みんなで捜索する中、

「これじゃないスか?」

眞鍋さんが手にしたのは、

何故かセットに置いてあった中山秀さんの写真。
 

0912071_032
 
でも正解はスリッパで、

「裸足で履いちゃったよ」と真鍋さんガッカリ。

 

しかし、脚長眞鍋さん、一番前にいるはずなのに

後ろの双子の方が顔がデカイ。

一段下に立っているはずなのに、

後ろの双子より腰の位置が高い。
 

0912071_042
 
それやこれやで「コレクション」は「カビ」。

「掃除しま~す」。

カビもダニもなんのそのの軽やか眞鍋さんでした。

 

ところで、ハローキティーが眞鍋さんより年配とは知らなんだ。

キティーちゃんに遭ったら「姐さん」って言わなきゃいけないね。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

人間力抜群眞鍋さん、体も大切に

眞鍋さん、コレステロール値がヤバいとは、以前にも言ってたが

「危険値を振り切ってた」らしい。

でも、

「健康だから関係ねぇやってガンガン飲んで食べまくってる」

相変わらず自分の心配をしない眞鍋さん。

「ファンの為だから」とか何とか言って、

誰か影響力のある人、説得してくれないものかなぁ ・ ・ ・ 

 

とか何とか愚痴を言いたくなったのは

昨晩放送の「ゴチャ・まぜっ!」

ジャニーズ事務所でも、人間ドック、精密検査は社員だけだとか。

拘束するけど社員ではない、法の抜け道的コストダウンか。

給料制のタレントさんはどうなってるのだろう?

プロ野球選手と似てないこともない。

選手会はないけれど。

 

その分、社員より収入が多ければ文句ないけど、

売れてないとバイト生活だし、年金も払えないんじゃないかな。

フリーランスとはそういうものだけど、

自分の城を持っているフリーとは違うので、かなり微妙だ。

スポーツのようにはっきりと成績で表わされるなら別だが

どこまでが「実力の結果」なのかはいい加減である。

 

自分もフリーだったのである程度までは分かるが、

「実力」を語れるのはイチローやブラックジャックみたいな、

飛び抜けた一部の人だけ。

その他大勢は一応の力はあるものの、似たり寄ったりで

「いくらでも代わりがいる」存在に過ぎない。

だから、実力以外のもの、特に人間関係がものを言う。

 

紳助氏が言う

「人気がなくなっても出続けるのが本物」は多分、正しい。

ちょっとの成功で天狗になっていると

下降線になれば真っ先に切られるだろう。

一つ売れてもそれしかない、

応用力と言う「一応の力」もなければ同じ運命を辿る。

 

一応の力があれば、後は人間力だ。

「10年以上出続けてる人に悪い人はいない」

そう紳助氏が言うのも、おそらく正解なのだろう。

岸本乗馬センターの親爺も似たようなことを言っていた。

過去、450人ほどの芸能人にインタビューしたが、

かなりの確度で実感できることである。

 

つい、余計なことを考えてしまった。

「ロマンスの神様」が流れてきたら冬を感じるという眞鍋さん、

「お土産は~忘れないで頂戴ね~」

なんて突然歌いだすので何かと思ったら、

「愛媛県民だけがクリスマスを感じる」

「イチロクのクリスマスケーキのCM」とか。

 

鍋の話題になると「蟹安いよ~、1キロ1980円!」

「何で知ってるの?」と訊かれると

「より多くて安いのはどれかって毎日ネットで見てる」

確かに、「蟹安い」メールが毎日入ってくるので

気にはなっていたのだが、眞鍋さん、

「まだ買ってないけど」

 

芸能生活丸10年。

庶民感覚はちっとも変わらない眞鍋さんです。

自分のことは、もちっと真面目に大事にして欲しいけどね。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

可愛く綺麗で情報満載、Woooの新CM

002

録画テレビの魅力を熱く語る眞鍋さん。

今週から始まった日立Woooの新CM。

予想通りと言うか予定通り、「ふしぎ発見」でキャッチした。

まずはともかく、眞鍋さんがカワイイのにびっくり!

(普段は不細工という意味で断じてはない)。
 

006_2
 
眞鍋さんのジーンズと言えば、

5年前ならGスカ(ミニ)、今ならG短パンだが、

生活感重視のシチュエーションなので普通にGパン。

普段着でもG短パンの眞鍋さんなので、実はこちらの方が珍しく、

意外に貴重なショット。
 

012
 
「熱く語る」と言っても、「こども店長」加藤清史郎君のアフレコ。

眞鍋さん、大きな身振り手振りでジェスチャー演技だ。

このストレートヘアもしばらくは見られない。

これまた貴重。
 

015_2
 
禁を破った眞鍋さんの一言

「便利でしょ?」に、

「あ・・ハイ」と清史郎君。

 

とっとっとっと急ぎ足で裏手に回った眞鍋さんとツーショット。
 

019_2
 
画質的にも前作よりぐんと綺麗になった新CM.。

ボサッとは見ていられないほど情報量が多い。

プラズマ+BDの当方だが、

18ヵ月前にWoooがあったらこれに決めていた。

 

36~42型のプラズマとBDレコーダーを

両方まともに買えば30~40万円を超える。

BDよりHDDの方が安いことに気付くと

「マズッたか」と反省している今日この頃だ。

まともには買わなかったけど。

 

Woooにはプラズマも液晶もある。

Wooo~n・・・。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

つれづれなるままに一年前

一年前の眞鍋さん、どんなだったかなぁ

 ・ ・ ・ なんて思いつつ、

ギャラリーを眺めてみた。
 

  081118_22470001_2
 
ありましたこんなこと。

ディズニーにはまってこの恰好のままタクシーで帰宅。

「何やってるんですか」

なんて警備員さんに言われて我に返ったとか。

 

でも実は、「ブタクサ系」の花粉にやられて「ハナミズキ」状態。

今年はあまり症状を感じなかったけど

大丈夫だったのかな?
 

  081226_16520001
 
そう言えば、ちぇれすてバイクの購入も去年の今頃。

「ワン・にゃん」でマンションが映った時、

ベランダに置いてあるのが見えたけど、

今はどうしているのでしょうか?

 

縁起でもない話だけど

交通事故死の20%が自転車絡みとか。

下り坂では人力ブレーキの限界を超えるので

気を付けて下さいね。
 

 Dsc00425
 
恒例、クリスマスのかぶり物。

うめもこの頃は「まだ」7kg。

あれから3kgもデカくなった。

 

眞鍋さん、今年のクリスマスは

どんなかぶり物で出没するのでしょうか。

 

 

総じて言えることは、

自分を演出しているようで演出してない。

そのまんまの眞鍋さんを表現しているだけ。

まるで親しい友人か家族に送った絵葉書のような。

 

見栄や虚飾のかけらもない、

とんでもないほどの開けっ広げ感。

その中に見えるのは、溢れ返る豊かな人間味。

しみじみと感じるイイ人眞鍋さん。
 

 081213_005
 
だからこそ、笑顔はちっとも変わらない。

眞鍋スマイルは不滅です。
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お疲れサマンサ、眞鍋さん

お昼に池袋パルコで記者発表をしていた眞鍋さん、

夜は新幹線からブログ更新

まさに東奔西走の御様子だけど、

一人打ち上げと洒落込んでる。
 

    091203_210132_2

と言うことは ・ ・ ・ 

いつぞやみたいに睡魔と空腹に悩まされてはいないらしい。

目がちょっと赤いけど、ちょっとは余裕がありそうで、

ヤレヤレ。

 

でも、ビールとベビースターラーメン。

新幹線の中なのでワインとチーズは調達不可だったか。

 

フランスでちょっと驕ったディナーを食ったら、

食後にこれでもかと山盛りのチーズを出されたことがある。

こんなに食わなければならないのか、

もう腹いっぱいだぞ ・ ・ ・ 

どんだけ食うんだフランス人。

 

その点、眞鍋さんなら大丈夫そう。

ワインとチーズの写真は

ブログにもしばしばアップされてきたけど、

かなりのチーズ依存症らしい。

うまい棒とかポテトとか、

好物はとことん極める眞鍋さん。

 

なんて分かりやすい人なんでしょうか。

ひょっとして、フランスに旅行に行くというのも、

ワインとチーズが目当て?

まさかね。

 

頑張ってる眞鍋さん、

ブログではその気配を消してるけれど、

ちゃんと見てる人は見てる。

お疲れ様!
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

眞鍋さんの日立・Woooに新作CM

眞鍋さんのお馴染み日立WoooのCMに新作が登場するらしい。

4日からオンエア開始ということなので、

5日の「ふしぎ発見」で見られるかな?

http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/jcast-55204/1.htm

取り敢えずこんな感じらしい。
 

Wooo_2
 
左のガキ・・・少年は、流行語大賞にも登場の

「子ども店長」こと加藤清史郎君。

講談師みたいな恰好をしているが、

眞鍋さんのパントマイムに活弁士としてアフレコを入れるとか。

ハプニング風の落ちがつくらしいが ・ ・ ・ 

まずは視聴せねばなるまい。

 

多分、09年長髪眞鍋さん最後の仕事(公開順で)。

髪をばっさりショートにしたことで

「失恋?」なんてありきたりな質問が飛んだらしいのが、

今日行われたケアベアの記者発表。

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/tw-20091203-11010/1.htm
 

Thumbtw2009120311010entame_2
 
手にするのは日本をイメージしたケアベアの新作。

その名もSweet Sakura Bear ・ ・ ・ 甘桜熊?

よう分からんが、足裏にハートマークを付けたり、

眞鍋さんお気に入りのチェブラーシカに比べて

かなりラブリーな熊公だ。

もっとも、チェブラーシカは熊のようで熊ではないのだけど。

 

で、熊といえばキリンということで、

これまたありきたりな突っ込みがあったらしいが、

そこは眞鍋さん、「うまいこと言いますね」なんて

記者を立てながら「今は熊派」とかわしたようだ。

流石である。

 

「来年は新しいことに挑戦」的発言もあったらしい。

現場にいなかったので前後の流れが把握できないけど、

眞鍋さん、流れに乗ってるだけに見えて実は挑戦の連続だ。

あまりにも自然体なので見過ごしがちなのだが、

だからこそ注視せねばなるまい。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

億万長者にも、真似はできません眞鍋さん

0912021_027_2
 
眞鍋さんが思わず叫ぶのは「1億分の8」。

今回は奇人変人と言うよりれっきとした探偵の皆さん。

1000万円の調査依頼、そのココロは

「愛人が本妻の浮気を暴く調査」

 

見事正解の眞鍋さんだけど、

離婚訴訟に勝てる証拠集めの費用100万円も

「80万円」と一番近かった。

その根拠は ・ ・ ・ 
 

0912021_021_2
 
ムムッ!「行列」でもそんなことやってたな、確かに。

証拠が揃っていれば弁護士にかかる費用は少なくて済む。

探偵に成功報酬のシステムはないらしいので妥当な金額か。

でも、財産分与の手続きをしないと

50~6万円くらいに値切られることがあるらしいが。

 

眞鍋さんも気になる人の運転免許証をチラ見しただけで、

住所を完璧に記憶したことがあるそうな。

それこそ逆に「怖~い」と言われそうだが
 

0912021_053
 
「人間って、そういう時すぐ覚えられるんですね」

ここ一番の眞鍋さんの集中力、

そんなところでも発揮されるらしい。

でも、確かに眞鍋さんの記憶力は凄い。

忘れるのも得意らしいけど。
 

0912021_045_3
 
中にはイケメン探偵もいたりして、

「その辺でキャッチしてそうでしょ?」というDT浜ちゃんに、

眞鍋さん、「渋谷にいるよ」。

 

この探偵編、どうやら山場は来週らしい。

有名人絡みのオッという裏話が聴けそうだ。

 

前半には先週の続き、逆転人生の人達が紹介されたが

土地転がしでアイドルから億万長者になった話に

「土地転がしたい」なんて言っていた眞鍋さん。
 

0912021_009
 
でも ・ ・ ・ 土地転がしで稼いでも、嬉しいのは自分だけ。

お金以外の何かがないとモチベーションは上がらない。

「学費の為」と割り切ってやっていたバイトでも

「ありがとう」なんてお客さんに言われると達成感が湧くように。

 

人に喜びや慰め、癒しを与えている眞鍋さん。

土地転がしでは絶対にできないことでしょう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

真心眞鍋さんのリアクション相談所(?)

0912011_014

「シアワセ結婚相談所」に再度来襲の眞鍋さん。

なんと「高学歴で結婚できない」括り。

なんじゃそら!なめとったら承知せんど!!

 ・ ・ ・ と、激怒することはない。

眞鍋さんも余裕の表情だ。

 

中には結婚したけどうまくいかなかった人もいて、

かなりアバウトな括りだが、いずれにせよ

眞鍋さんとは無関係。

あまりにも情が深過ぎ、優し過ぎて、

不幸オーラが漂った時期もあったけど、今は昔の物語だ。
 

0912011_001
 
ただ、「勉強し過ぎて」とか言いながら

「勉強不足」を自慢するのは止めて欲しい。

眞鍋さんも付き合わされた下らない「山手線ゲーム」、

共通項を抽出、一般化する分析作業ができていない。

 

みんなで遊ぶならみんなで遊べるテーマを選べということだが、

物理の法則だの数学の定理だのは

自分のゼミか研究室の仲間とやれよ。

実践的方法論がなければ理論なんてただの能書きだ。

 ・ ・ ・ ネタだろうけどね。

 

思い出したのは、

学問と関係ないことは省略するとか言って、

飯も食わずに閉じ籠って栄養失調で倒れた馬鹿のこと。

あいつは人間の生理と健康に関する勉強ができてなかった。

それでも、テレビに出る暇があったら勉強していただろうけど。
 

0912011_022
 
表情豊かな眞鍋さんのリアクション芸!

カミングアウト合戦の変形お見合いのコーナーだが、

性欲モリモリ強奪型人間に眞鍋さん、ドン引きしまくりの図。

 

恋愛では守りより攻めを重視する眞鍋さん、

攻められるのは得意ではなさそう。

「草食系」の方がイイって言ってたっけ。
 

0912011_024
 
でも、案の定、撃沈すると

「笑ってるっ!」

と、この表情。

 

「あんチキショー、ふてぶてしいヤローだぜ」って顔ではない。

玉砕覚悟の突進で本懐を遂げた(?)あとくされのなさを

むしろ喜んでるような感じだ。

勿論、眞鍋さんでもノーだろうけど、

人が傷つく姿は性に合わないのだろう。

 

本質的な思いやりの深さだけは

決して変わらない眞鍋さんでした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »