« アンビリーバボーにイイ人眞鍋さんの「アンビリーバボー」 | トップページ | 天照眞鍋皇大神の御利益 »

2009年11月13日 (金)

黒髪眞鍋さんと欧州伝説

かねてより切望していた眞鍋さんの旅行先、

イギリス、フランスに落ち着いたらしい。

普通に芸能人っぽくて、むしろ意外。

来年の正月は長期の休みが取れるという。

海外では黒髪で日本をアピールしたいそうなので、

お正月眞鍋さんは黒髪か。

 

イギリスと言えば、昨今、魔法使いが登場する

イギリス発の物語が映画や本で売れている。

元を辿ると、ブリトゥン人が信仰したドルイドにあるらしい。

後からやってきたローマ人やサクソン人には

これがいかにも神秘的に映ったらしく、

征服された後、地下(比喩的な意味ではなく、ホントの地中)

に潜って魔法使いになったというのだ。

アーサー王やマーリンの物語である。

 

アーサー王のモデルが誰だったのかは永遠の謎だが、

「アーサー王の死」というタイトルからして、征服された側、

ケルトの王であろうとする説が有力だ。

それでは、アーサー王に追われながら、

最後の危機にフランスから救援に駆け付ける

忠臣にして最強の騎士、サー・ランスロットは?

 

フランスから来た強い奴、

アーサー王を倒した敵を打ち破る

などからしてノルマンディー公ギヨームと考えると辻褄が合う。

「時代が合わんではないか」と我ながら思うが、

アーサー王伝説は明らかに後世加筆されている。

後半、唐突にキリスト教の聖杯物語が登場するのはその表れ。

テンプル騎士団にも神秘主義的傾向があったので、

伝説と結び付けやすかったのではあるまいか。

 

辻褄の合わないことは古い物語にはつきもの。

モーゼの出エジプトもエジプトの記録にはない。

クリームヒルト姫の復讐劇は、

身分違いの恋人を兄に処刑されたローマ皇帝の妹が

「兄を倒してくれたら結婚してやる」と

強面のアッティラ大王に持ちかけたという

どうやら本当らしい話がベースだ。

 

だが、舞台は

ローマ時代ではなくブルグントに置き換えられている。

東に国境を接していたのは

やたら腕っ節の強いモンゴル系騎馬民族アバル。

だが、物語で姫が輿入れした先は

既に同化・消滅していたはずのフン族である。

アバルもフン族がローマに割譲させた土地

(フンガリア=ハンガリー)にたむろしていたし、

どっちもアジア系なので、「まぁいいや」とか思ったのだろうか?

 

アバルも謎に満ちた人々である。

モンゴル人は他にも中東や中央アジア、インドなど

至る所に国を作っては去っていった。

古いバイキングの墓地から発掘された骨からも

モンゴル系のDNAが発見されている。

土着性が希薄で、どこにでも現れる。

どこに行っても喧嘩が強い。

 

あの時代に黒髪眞鍋さんがフランスに現れたら、

現地の人々、泡食って逃げ出したかもしれないね。
 

|

« アンビリーバボーにイイ人眞鍋さんの「アンビリーバボー」 | トップページ | 天照眞鍋皇大神の御利益 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アーサー王の主人公のアニメ30年ほど前に見たことがあります。昔なのでほとんど記憶がないです。
子供向け番組だったのでかなり色付けされた物と思ってます。
聖剣、エクスカリバーの名前だけが、記憶に残ってます。

投稿: かずべえ | 2009年11月14日 (土) 14:12

少年アーサーは石に刺さったエクスカリバーを抜くことで王と認められるのですが、いい剣を持ってるのにランスロットやパーシバルの方が強いんですよね。

投稿: kenNagara | 2009年11月14日 (土) 19:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒髪眞鍋さんと欧州伝説:

« アンビリーバボーにイイ人眞鍋さんの「アンビリーバボー」 | トップページ | 天照眞鍋皇大神の御利益 »