« 可愛い眞鍋さんの「おもいっきり」元気印 | トップページ | 鼻詰まって腹肥ゆる秋? »

2009年11月 4日 (水)

PCはいつまで買いか?

「W7は買いどきなのか?」

という設問、当ブログ的にはノーだった。

W7には、当ブログにとって必須の機能が備わっていないからだ。

ブログを続ける為にはVistaである必要がある。

 

だが、PCそれ自体は「買い」だった。

Vista搭載機のアウトレットを探していたら

掘り出し物を見つけた。

「4台限り」だったのでもうないけど。

 

PCのHDD、ローカルCとDに分かれていることが多い。

使い方にもよるだろうが、

バックアップを外部HDDに収める当方としては、

Dは少くて良い。

DはガラガラなのにCが満杯なので困っていたのだ。

トータルで500GBも容量があるくせに、

Cに割り振られたのが100GBだけなんてのは困る。

 

その点T社の「Dyn・・・」は、Cの容量が300GB超。

これならプログラムファイルやデータファイルに余裕が持てる。

CPUも2.58GHz/DuoなのでVistaでもそこそこ早い。

起動に関してはW7と2.66GHz/Duoに及ぶべくもないが、

起動してしまえば、その差は大したものではない。

 

これが店頭価格の4割程度 ・ ・ ・ 

ネットブック並みの値段だ。

探してみるものである。

 

色の出方がメーカーによっては極端に違うことがあるが、

これは以前使用していたBIBLOと、

そう大きく変わらないことも助かる。

キーボードのタッチも軽い(F社のNWは重過ぎて

握力1キログラム以下の当方には使えなかった)。

 

今まで使ってきたPCも型落ち展示品のアウトレットだったが、

格段に性能向上しながらさらに安い値段で

後継機を入手できたことになる。

W7さまさまである。
 

|

« 可愛い眞鍋さんの「おもいっきり」元気印 | トップページ | 鼻詰まって腹肥ゆる秋? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PCはいつまで買いか?:

« 可愛い眞鍋さんの「おもいっきり」元気印 | トップページ | 鼻詰まって腹肥ゆる秋? »