« 「頑固」も真心基準の眞鍋さん | トップページ | 止められない!ひょうきん眞鍋さんのDNA »

2009年10月10日 (土)

バイト経験も「よろしかった」眞鍋さん

「レバニラ」でも「ニラレバ」でもどっちでもいいではないか

なんて思っていたのに、不覚にも「へぇ~」と思ってしまった。

眞鍋さん出演の「みんなでニホンGO」。

追及してみれば、発見はあるものである。
 

0910091_006
 
髪を上げてる眞鍋さん、真剣な表情。

ちなみに眞鍋さんは「レバニラ」派。

料理本で中国語の記載をよく目にしたので

当方は自然と「ニラレバ」と呼ぶ。

 

アニメ「天才バカボン」の放映前後で変わるらしい。

アニメの台本作家はニラレバを知らずに書いたそうなので、

どっちでもいいといえばいいのだが、理由が分かると、

単純なことで言葉は変わるものだと感心する。
 

0910091_027
 
眞鍋さんもバイトで使っていたという「よろしかったでしょうか」

もう使われなくなったのかと思っていたら、

東京一帯だけだったとは知らなかった。

 

「た」は過去形ではなく、

直接的表現を避けた「ぼかし」なのだと言う。

「その日本語おかしい」と客に言われ

「面倒臭い客だな」と心の中で思っていたという眞鍋さん。

少なくとも文法的には間違いでないそうな。

 

より丁寧にしようとしても

「よろしゅうございますか」とは

年寄り臭くて言いにくいこともあったのではなかろうか。

 

MMK(モテてモテて困る)のルーツが海軍士官の隠語とは。

確かに海軍ではオスタップ(ウォッシュタブ=洗面器)

みたいな変な英語が多く使われていたので

分からないでもないが、KY語のルーツって ・ ・ ・ 

 

「これは新しい」と思うのは、単に経験が足りないだけだった。

そーゆーコトは若い頃、実に多く体験したが、

追及してみれば、色々分かるものである。

 

でも、眞鍋さんのバイト経験、

いろんなとこで役に立つものだ。

やってみるものである。

 

|

« 「頑固」も真心基準の眞鍋さん | トップページ | 止められない!ひょうきん眞鍋さんのDNA »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

 バイト経験がある接客側からだと、 よろしいでしょうか

 は、よろしい という響きが命令形に思えるのかもしれません。

 
 日本語が乱れると嘆く割には、日本語の語源の説明は

 転じて のオンパレード

 
 そこに、丁寧な気持ちが含まれていれば、言葉の使い方や正しい日本語と違うから と怒るのは ナンセンスなのかもしれません。

投稿: firstheart | 2009年10月10日 (土) 13:25

天才バカボンは「レバニラ」だったですか?
私も、「レバニラ」といっているのは、天才バカボンの影響かもしれません。

投稿: かずべえ | 2009年10月10日 (土) 15:44

なんだかんだ言いながら落ち着くとこに落ち着くんでしょう。
外来語の意味の取り違えはカッコ悪いので止めた方がいいとは思いますが。

でも「よろしかったでしょうか」はおかしいと思う人が多いのでなくなりそうな気配。「ニラレバ」は王将の勢いで盛り返すかもしれませんね。

投稿: KenNagara | 2009年10月10日 (土) 17:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイト経験も「よろしかった」眞鍋さん:

« 「頑固」も真心基準の眞鍋さん | トップページ | 止められない!ひょうきん眞鍋さんのDNA »