« 眞鍋さん、「何事も役にたちますたってます」の「サプライズ」 | トップページ | 美形な眞鍋さんと人類の未来 »

2009年10月16日 (金)

庶民派眞鍋さん、急所を突かれるの巻

「ハイエナはいえぇな(速いな?)」(tetsuさん)

「おっと、ハイエナどこから出てきましたぁ~」(眞鍋さん)

「やきぐりバンバンコンマ3」いきなりの駄洒落からスタート。

しかもtetsuさん、西川さんが熱弁をふるっている時に

なんと目薬をさすという放し飼い状態。

「目薬さすな!バファリン以上に優しい話しようとしてるのに」

「ガッツリ目薬さしてましたよ」(眞鍋さん)

「ヤダネ~眞鍋さん」

「え?どういうこと?」

「醤油うこと」(tetsuさん)

 

駄洒落はともかく眞鍋さん、なんと山手線で買い物に行くという。

切符の買い方が分からずに「大人としてダメ」と友達に怒られ、

ホームギリギリの所に立っていたら、予想外の速度で電車進入。

「電車って怖いんだね」と言って友達に引かれたことがあるとか。

「スタッフに『これ買っといて』じゃなくて?」(tetsuさん)

「どんだけセレブなんですか」(眞鍋さん)

セレブリティーにまるで興味を示さない庶民派眞鍋さん健在。

 

だが、セレブ西川さんも東京でバスに乗ったことがあるとか。

両手に荷物持って歩いて帰るのはちょっと ・ ・ ・ 

そこにやってきたバス。

「これ乗ったろう」と乗車してハイテンション。

「バス乗ってるよオレ。ボタン押した方が良くない?」

そして眞鍋さんも最近、母上と東京のバスに乗ったそうだ。

でも、眞鍋さんはローテンション。

 

「東京のバスって、乗ってお金払ったら

あとは降りるだけじゃないですか。

もっとアトラクション性が欲しい」

田舎のバスは料金がだんだん上がっていって、

「これで足りるの?的せめぎ合いのスリルがある」

西川さんの郷里、滋賀県のバスも当然、そのスタイル。

でもtetsuさんは「忘れた」。

「エ~ッ、田舎のバス乗ろうよ~」と眞鍋さん。

 

思い出すのは相当な田舎のバスに乗った時のこと。

下校する小学生と一緒になったのだが、

バスの運転手、子供たちの自宅を覚えていて、

停留所ではなく家の前で止まっていた。

ほのぼのとしたのどかな情景だった。

西条はそこまでの田舎ではないと思うけど。

 

番組HPで公開中の「大人の事情」動画は足元。

黒タイツにヒールの眞鍋さん、やっぱり美脚。

だが、しかしっ!そこに「かおり」さんからメール。

「私も股を開く癖があります。『かおり』と言う名前は

股を開く癖があるのかなって思います」

急所を突かれた「かをり」さん、ただただ苦笑。

 

一年半くらい前に比べたらかなり改善されてるのだけど

 ・ ・ ・ 頑張りましょう!眞鍋さんっ!!
 

|

« 眞鍋さん、「何事も役にたちますたってます」の「サプライズ」 | トップページ | 美形な眞鍋さんと人類の未来 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庶民派眞鍋さん、急所を突かれるの巻:

« 眞鍋さん、「何事も役にたちますたってます」の「サプライズ」 | トップページ | 美形な眞鍋さんと人類の未来 »