« 庶民派眞鍋さん、急所を突かれるの巻 | トップページ | PCは今、買い時なのか? »

2009年10月17日 (土)

美形な眞鍋さんと人類の未来

0910171_016_2
 
おや、ヘッドアップへスタイルにバリエーション登場の眞鍋さん。

ぼんやり見ていると浅野ゆう子さんの若い頃かと思ってしまう。

「大奥」の日本髪が記憶にあるせいか ・ ・ ・ 

浅野さんは美形だから悪いことではない。

 

時代劇をやると突然ブサイクになる人もいて、

髪を上げるとごまかしが効かない事に気付かされる。

美形でないと似合わないのだ。

眞鍋さんの立ち回りも観てみたい。
 

0910171_007
 
だが、番組は時代劇ではない。

国連で働く日本人と言えば思い出されるのは

難民高等弁務官として活躍した緒方さん。

だが、WHOにも凄い人がいたという話。

 

「俺たちは何をやっているのだろうか」の声に

「人類の為じゃないなぁ」

「役に立ってるのかな」

なんて言っていた眞鍋さん。

 

なにをおっしゃいますやら。

眞鍋さんの明るさと心の豊かさ、温もりは、

Heart to Heartに私たちの心も温めてくれる。

これも立派な文化、人類の宝です。

 

だが、ネイチャーテクノロジーのオッサン(博士)開発の

トンボの羽の分析によって得た新翼形は凄い。

ラピュタに登場した変な飛翔体を思い出す。

ホバリング可能な飛行機だ。

 

機械で作ったら振動や磨耗対策が大変そうだし、

軽くなければ無理だろうからペイロードは限られるけど、

軍事転用ができないからそれはそれでいい。

ヘリより燃費がいいはずなので

コストが問題のドクターヘリの代用や僻地輸送、

救難用にもってこいではなかろうか。

手っ取り早いところでは、

ヘリのローターにあの翼形を応用しては ・ ・ ・ 

なんて夢の広がる発明だった。
 

|

« 庶民派眞鍋さん、急所を突かれるの巻 | トップページ | PCは今、買い時なのか? »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美形な眞鍋さんと人類の未来:

« 庶民派眞鍋さん、急所を突かれるの巻 | トップページ | PCは今、買い時なのか? »