« 眞鍋さん伝説の超美脚 Vol.Ⅱ | トップページ | さなぎと蝶のコンビ漫才的「やきぐりバンバン」 »

2009年9月24日 (木)

硬軟織り交ぜ好調眞鍋さんの「とくダネ!」

0909241_051_2
 
眞鍋さんの笑顔で始まる木曜日。

でも、今週の眞鍋さんはちょっと違う。

決め球も決まれば遊び球も無駄にならない。

休養十分、調整バッチリの先発投手のようだ。

 

そんな好調眞鍋さんが登板する木曜「とくダネ!」、

一番の話題はやはり、就任から一週間足らずで

国際舞台に立った鳩山新総理(とその夫人)だ。
 

0909241_023
 
「具体的な話はなかったとしても、

ネイティブな英語で会話ができるのは頼もしい」

オバマ大統領との会談について語る眞鍋さん。

「自分の言葉で話していることが正直にもつながる」

 

取り敢えずつかみはOKといったところか。

無論、言うだけなら誰でもできる。

実行力が試されるのはこれからだ。

それが問われているのが八ッ場ダム。
 

0909241_034
 
「この問題は民主党にとって

流れの決まっている舞台のようなもの」と言う眞鍋さん。

「絶対無駄を省くんだという意志ややり遂げる実行力、

保障という点では国民生活に立った視点、

それらを示すいい機会になると思う」

 

中止に反対している住民も

「ダムが欲しい」と言っている訳ではない。

必要なものは、

生活に不安がなく将来に展望が持てる町作り計画だ。

 

今まではそれがダム計画だったから、

取り上げられたら不安になる。

止めるだけではなく代替案を提示する必要があるだろう。

それも、頭ごなしにならない「国民生活に立った視点」で。
 

0909241_065
 
よく分からない世界だが、

「アキバ検定」なんてのができたらしい。

「超難しい。全然分からない」と眞鍋さん。

岩上さんも「これはオタク知識だけではなくて教養がいる」。

 

「合格者上位三名には特製ブレザーがっ!」(笠井キャスター)

「おーっ」(眞鍋さん)

「それを着て歩けば『あっ、アレは・・・』」(笠井さん)

「神みたいなもんですね」(眞鍋さん)

「素敵なサービスも検討中!!」(笠井さん)

「エーッ!!」(眞鍋さん)

 

細かく合いの手を入れる眞鍋さん。でも、

「選択肢に森永卓郎さんとかが出てくる」

それはシラン。
 

0909241_074
 
いまだ続く讃岐うどんブーム。

兵庫県発祥の丸亀製麺が10年足らずで全国制覇。

地元でも「お蕎麦屋さん見たことがない」と言う眞鍋さん

「揚げたて天ぷらが出てくるといっちゃいますね」。

 

ただ、明太子の塩分だけで十分だろうに出し汁を加えたり、

吸い物の倍以上の塩分がある出し汁をお替りして飲んだり、

「高血圧にお気をつけ下さい」は余計なお世話か?
 

0909241_116
 
ヤヤッ!血液型人形が揃って肩の上に!!

小倉さん、中野さんらの上にも乗っていて、

肩上揃い踏みの組体操?

 

今日は前髪おろした眞鍋さん。

ちょっと複雑そうなおまとめヘアー。
 

0909241_109_2
 
でも、ヘッドアップヘアーも似合っていましたよ。

 

|

« 眞鍋さん伝説の超美脚 Vol.Ⅱ | トップページ | さなぎと蝶のコンビ漫才的「やきぐりバンバン」 »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報2)」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントします。
私は中山秀征さんのファンで、おもいっきりDONで検索していてこちらに辿り着きました。
実に細かな処まで真鍋さんを観察していて見事というしかありません。
秀ちゃんの事も感じ善く受けとめて頂いて嬉しい限りです。\(^O^)/
実は今日真鍋さんが二部から出演していました。
優木まおみさんのピンチヒッターだと思うのですが、何の説明も無かったので、びっくりしました。
これからも時々覗かせて頂きます。
長文で失礼しました。

投稿: ゆきえ | 2009年9月25日 (金) 01:50

有り難うございます。

中山秀さんは眞鍋さんの師匠のお一人。引っ込んでしまいそうな眞鍋さんを見えないところでそっと押して下さる姿を目ざとく発見したこともあり、息はとてもよく合うようです。

今日のDONは調度原稿執筆中で見逃してしまいました。
残念!終わったことは仕方ないですけど。

投稿: KenNagara | 2009年9月25日 (金) 03:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 硬軟織り交ぜ好調眞鍋さんの「とくダネ!」:

« 眞鍋さん伝説の超美脚 Vol.Ⅱ | トップページ | さなぎと蝶のコンビ漫才的「やきぐりバンバン」 »