« 眞鍋さん、笑顔でチクリ | トップページ | 秋型眞鍋さん完成(?)の「おもいっきりDON!」 »

2009年9月18日 (金)

開けっ広げ眞鍋さんの突っ込みまくり「やきぐりバンバン」

「眞鍋さん心閉ざしてるもん、ある一定領域まで」

「何で?閉ざしてないですよ、全開なのに」

西川貴教さんの突然の口撃に戸惑う眞鍋さん。

18日の「やきぐりバンバン コンマ3」。

 

「表の扉は開いてんねん」とtetsuさんもこれに同調。

「リスナーもみんな分かってると思うよ」

「エーッ!嘘だーっ!!」(眞鍋さん)

「敷地は何ヘクタールもあるけど、

ホントの玄関は『千利休か』言うくらい小さい。

ホントの心の奥までは入れませんみたいな」(西川さん)

 

眞鍋さんがあまりにもオープンなので

「そんなはずはないだろう」的な疑問が湧いたらしい。

ちなみに「千利休」とは勿論、

身をかがめて庭から入る茶室の扉のこと。

 

「何も考えてませんみたいなこと言ってて

意外に貯金とか将来設計がしっかりしてたり」(西川さん)

「それいーじゃないですか」(眞鍋さん)

「テストの前とか『昨日寝てしもたわ』とか言いながら

実はかっちりやってるタイプ」(西川さん)

「それ超やなヤツじゃん」(眞鍋さん)

 

でも、「ホントの心の奥までは入れない」の言葉に眞鍋さん

「分かったわかった意味が、そうかもしれないけど、

その心の奥は私も入ってない」

「え?」・・・一瞬の沈黙が走ったけれど、

これは眞鍋さんの本音。

 

飛び石を飛ぶように、

瞬間の判断とインスピレーションで動くので、

改めて「何故?」と問われても分からない。

イチローだって、何であんなにヒットが打てるのか、

論理的な説明は出来ないはずだ。

眞鍋脳の神秘である。

 

さて、番組には「テレビとラジオとどっちが楽か」の質問が。

ミュージシャンのテレビ出演は

カメリハや音合わせがあって大変らしい。

だが、ラジオ、

特に「やきぐりバンバン」は楽なのだとtetsuさん力説。

 

「きっちり台本あるからそれ読めばいいだけやん」

「アァこれね、コレのことね」(西川さん)

「俺らがオモロイんやなくて台本が面白いんや。

一言一句その通り読んでるだけやからね」

「tetsuさんがエロいって思われてるのも ・ ・ 」(眞鍋さん)

「そうそう」

「絶対ちゃうわ」(西川さん)

「大変すぎるわ、そんな台本」(眞鍋さん)

 

ちょっと長めのノリ突っ込みでした。

 

そして、お絵かきコーナーは、

眞鍋さんの「歴史上の出来事」という提案に応え

「本能寺の変」

んが?どうやって画くのだ ・ ・ ・ 

ということで皆さん悪戦苦闘の様子。

 

「火がボー」(tetsuさん)

「それで?」(眞鍋さん)

「御屋形様が」(tetsuさん)

「御屋形様?」(眞鍋さん)

「織田やん」(tetsuさん)

「織田やんがファイアーってことですね」(眞鍋さん)

 

西川さんの作品に対しても

「丸腰で来ちゃったみたいな明智さん」

と突っ込みを入れていた眞鍋さん。

オープニングの逆襲とばかりに突っ込みまくり。

それぞれの作品は番組HPで公開されるはず

 ・ ・ ・ だが、まだなので見ていない。

 

事件はやはり難しいということで、

次は「有名人」でお題を募集中だ。

誰を画いて欲しいかはメールで。

 

|

« 眞鍋さん、笑顔でチクリ | トップページ | 秋型眞鍋さん完成(?)の「おもいっきりDON!」 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開けっ広げ眞鍋さんの突っ込みまくり「やきぐりバンバン」:

« 眞鍋さん、笑顔でチクリ | トップページ | 秋型眞鍋さん完成(?)の「おもいっきりDON!」 »