« びっくりズッコケ眞鍋さんの「がっちりマンデー!」 | トップページ | 美的セレブリティー・・・でも楽しさ変わらない眞鍋さん »

2009年9月21日 (月)

世間は広く、中華も広い

眞鍋さんがフレンチではなく中華!

一笑美茶樓なんていうお笑い茶店みたいな店名だが、

あの脇屋シェフの店なのだそうな。

 

さすが枠にとらわれない脇屋シェフ、

中華にあるまじき小皿料理や

北京料理なのか広東料理なのかよう分からんメニュー構成で

眞鍋さん一家を堪能させてしまったらしい。

 

中華スープを産湯に使い(ホントにやったら火傷する)

中華粥を離乳食に育った当方としては感じ入ること計り知れず。

和食器を使う店には行ったことがあるが、

コペンハーゲンだかこっぺハゲだかの洋食器を使う店は知らん。

 

中華といっても日本生まれの「中華」も多くて、

どこにでもあると思っていたタンメンやサンマーメンも、

横浜を離れて諸国漫遊するとほとんど見当たらない。

世間は広いがチャンポンや皿うどんは良く頑張った!

 

京都に鹿鳴春飯店の支店(本店北京)があり、

「風邪気味でくしゃみが止まらん」と言うと

「ワカッタ、ちょっと待て」と言って凄いスープを持ってきた。

「漢方に即効性はなかろう」と甘く見ていたが、

店を出る時にはぴたりと収まっていた。

 

やっぱり世間は広いのである。

H.I.S.かをりのブログで旅志願の眞鍋さん、

北京の本店で、美貌、美肌、美脚料理を

たらふく食べるのもいいかもね。

 

|

« びっくりズッコケ眞鍋さんの「がっちりマンデー!」 | トップページ | 美的セレブリティー・・・でも楽しさ変わらない眞鍋さん »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世間は広く、中華も広い:

« びっくりズッコケ眞鍋さんの「がっちりマンデー!」 | トップページ | 美的セレブリティー・・・でも楽しさ変わらない眞鍋さん »