« 風を切って駆け抜けろ、眞鍋さん! | トップページ | ツッコミ小ボケ取り混ぜての眞鍋さん「やきぐりバンバン」 »

2009年9月 3日 (木)

マイルドに追及冴えた「とくダネ!」党・眞鍋委員(?)

0909031_080
 
もはや恒例、木曜朝の眞鍋スマイル。

だがっ!笑ってばかりはいられない。

今朝の「とくダネ!」には

次期政権をになう民主党の論客、馬淵澄夫政調副会長が登場。

賛否渦巻く高速道路無料化マニフェストを論じようというのだ。

 

流石に環境への影響、財源問題などでも基礎データを揃え、

理論武装に破綻は見られない。

さしもの小倉さんも「ナルホドな」と唸らせてしまうほど。

「一つ疑問に思ったんですけど」と切り出したのは眞鍋さん。

以下、委員会審議風にデフォルメして書くと ・ ・ ・ 
 

0909031_032
 
集中豪雨による東名断裂で

大きな影響が出た事を指摘した「とくダネ!」党・眞鍋委員、

「高速道路に依存する割合が高くなると、

もしもの時に被害が大きくなるのではないか」と質した。

 

これに対し馬渕大臣(仮定)は、

「日本の大動脈であり、保守安全に関しては万全を期す」と答弁。

しかし、眞鍋委員は

「その時の為にも他の交通機関も重要であり確保しておく必要が

あるのではないか」と厳しく追及。

馬渕大臣は

「交通弱者といわれる人たちの為の公共交通機関は

改めて全体の施策の中で考えていかなければならない」と述べた。
 

0909031_053
 
実際はずっと和やかな雰囲気で、

眞鍋さんも最後は「お願いします」と微笑んだのだが、

眞鍋さんが言いたかったのはフェリーなど海上交通路を

如何に両立させるかということであろう。

 

さしもの馬渕代議士も、この点に関する検討は

まだ十分なされていないと感じた。

国の危機管理にも関わる問題であり、

本物の国会でも必ず追及されるだろう。

 

コメンテーターによってはとことん追い詰めたかもしれないが、

「改めて検討」の答弁を引き出したところでとどめたのは

眞鍋さん的見識だろう。

粘っても、あの場ではあれ以上の答は出せないだろうし。

 

だが、何が何でもがむしゃらに無料化を推し進めるのではなく、

社会実験を行って実際の渋滞状況などを調査し、

段階的に実施すると言う。

 

確かに、仕事での移動に新幹線なら数時間のところ、

倍以上の時間をかけて車移動する人もいないだろうから、

ウィークデーでどうなるかはやってみないと分からない。

実施の道筋が明らかになったことは収穫である。
 

0909031_098
 
一方、性犯罪で初の裁判員裁判、

被害者の氏名、住所を明かさないなど

被害者に配慮した工夫がなされていたらしいのだが、

 

「男女で性犯罪の受け止め方は凄く違うと思うので、

女性の裁判員が一人だったというのは

ちょっと納得いかないですね」

 

眞鍋委員の追及は続いたのだった。
 

0909031_103
 
不景気の間隙を縫い、

新たなブランド戦略が賑わいを見せているらしい。

 

キットソンと言われても小倉さん同様「知りません!」

と答えるより他ないが、眞鍋さん曰く、

「安すぎるのは厭だけど、高いのもなぁ~っていう

いい感じのライン(価格帯)を突いている」

 

お手頃価格でも「キットソンだから」という安心感があって

「きっと損」ではないらしい。
 

0909031_149
 
おーっと!眞鍋さん、岩上さんとダブルでA型君肩乗せっ!!

やっぱり頭は(滑って?)無理と判断したか。

それにしても眞鍋さん、

ホントに場の雰囲気をなごませるの上手です。

 

|

« 風を切って駆け抜けろ、眞鍋さん! | トップページ | ツッコミ小ボケ取り混ぜての眞鍋さん「やきぐりバンバン」 »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021797/31217427

この記事へのトラックバック一覧です: マイルドに追及冴えた「とくダネ!」党・眞鍋委員(?):

« 風を切って駆け抜けろ、眞鍋さん! | トップページ | ツッコミ小ボケ取り混ぜての眞鍋さん「やきぐりバンバン」 »