« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

色褪せることない豊かさと心の原風景

突然、古いセピア調の記憶が甦ることがある。

 

子供の頃住んでいた街は

海と山に挟まれた狭い土地に

狭い道路を挟んで木造家屋がひしめく

日本的風景の古典のような所だった。

 

海で貝を採り、道すがら葱を抜き(他人の畑から)、

家でそれを御母上に調理してもらっていたという

眞鍋さんの地元と少し似ているかもしれないが、

田畑がなかったので多分、もっと狭い。

 

縦長のお椀を伏せたような山の上には神社があり、

麓から一直線に長い階段が伸びている。

拝殿は既になく、石の土台や灯篭が残っているだけだが、

山の上にぽっかり開いた空間はいい遊び場であった。

 

ある日、神社の背後に巨大なコンクリートの建造物が姿を現した。

「あんな山の中に何故?」と子供心に思った。

駅前から山に向かって新しい道路が作られたことに気付いて、

建造物の正体を確かめてみることにした。

 

どこの好き者が山にあんなものを作ったのか見てやろう

 ・ ・ ・ そんな気持ちだったのだが、

道を上り、トンネルを抜けてみて、これは夢かと驚愕した。

なんとそこには新しい町が広がっていたのだ。

 

山の中にぽつんと一棟、という状況を想定していたのに、

現実はそれとは大違い。

道路も広く、見渡す限り高いビルが並んでいる。

自分が住む下界とは段違いの広大さだ。

 

思い返せば新しい道路はかなり立派なもの。

たかが一棟の建物の為ではなく

宅地造成であることは想像できたのだが、

7~8歳のガキにその知恵はなかった。

 

それから数年を経ずして、今度は丘の上の小学校から

海が見えなくなったことに気付かされた。

海苔の養殖が行われていた遠浅の海岸に、

新しい道と鉄道が敷かれ工場が建った。

 

その土地を去ってから5年後、

再び訪れた時にはそこに高層ビルが林立し、

明らかにそちらが中心地となっていた。

他方、昔の街は人影もまばらに侘しい変貌ぶり。

 

さらに10年後に訪れた時には、

最寄り駅の上からいくら仔細に眺めても、

記憶に残っているものは何一つ見出せなかった。

あの街に、もう思い出はひとかけらも残っていない。

 

石で町を造った国々と違い、

京の都も江戸の町もしばしば大火や戦乱で消失し、

その度に新しい町が築かれた。

生きとし生けるもの必ず滅びるもののあわれの世界である。

 

だが、当時のままに残そうと努力されてきたものもある。

創建当時の姿を保っているのは唐招提寺だけではない。

遺して欲しいもの、遺さねばならないものもあるのだ。

それは人々の心の拠り所となる原風景でもある。

 

豊かさをカネと捉えれば都会であろうが、

広い空と緑の世界にも、見方を変えれば別の豊かさがある。

瀬戸内の海と田園と山に囲まれた眞鍋さんの原風景。

それはまだセピア調でも色褪せた過去にもなっていない。

 

眞鍋さんの中に育まれた心の豊かさも

だから決して色褪せることはないのだろう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

美脚冴え、面白さもクールさもグレードアップ~9月の検索アクセス

9月の手前味噌的検索アクセスランキング。

付属フレーズがいつになく細かく細分化されていたが、

検索アクセス自体は3500前後と変わらない。

 

いつも通り、フレーズが違っていても、

テーマや番組が同じなら同じカテゴリーにまとめて集計した。

ただし、画像検索を集計する機能がないので完璧ではない。

画像検索は分かった範囲での集計なのでアバウト。

 

でも、眞鍋さんの座右の銘も「アバウト!!」

ということで勝手に良しとしている。

 

  1位:眞鍋かをり 美脚

  2位:やきぐりバンバン

  3位:おもいっきりDON!

  4位:メガスポ

  5位:眞鍋かをり ネックレス

  6位:とくダネ!

  7位:ミヤネ屋

  8位:ぷっすま

  9位:がっちりマンデー

10位:眞鍋かをりのココだけの話・・・といろんなはなし

 

結果は以上の通り。

「美脚」は4月から1位をキープ。

結果が明らかだったのであらかじめ

別記事を掲載済みなのだが、そこでも触れたように

4位の「メガスポ」とかぶる部分が多い。
 

0902091_007_3
 
「メガスポ」画像検索で上の画像が最多だった

という事実がその証左。

ちなみにこれは2月9日に掲載したもの。

 

やきぐりバンバンHPの質問コーナーによると、

眞鍋さん、美脚維持の秘訣は「ムダ動き☆」なのだとか。

多分、日頃のダッシュもその中に入るのだろう。

 

ちなみにこの質問、当方のものではないが、

上記の「座右の銘」は当方の質問。

眞鍋さんには、なんだかんだと

20近くの質問に答えていただいている。

 

放送が聴けない地域の方でも

ファンブログには参加できるので、

是非ともチェックしていただきたいもの。
 

0909141_072
 
ボケを入れながらの進行や、的を得たコメントなどで活躍した

「おもいっきりDON!」は第3位。

 

報道からエンタメまで、テレビが扱うほとんどの分野を

「お客様」には収まらない能力でこなしてしまう

眞鍋さんのタレント力が発揮されている。
 

0909171_122
 
それは「とくダネ!」でも同じ。

「とくダネ!」眞鍋さんは最近、とみにシャープだ。

 

その反面、笠井キャスターが真面目なニュース解説から一転、

面白おかしく語り出すと、

すかさずタイミングのよい合いの手を入れるのも眞鍋さん。

「やりやすいだろうなぁ」と思ってしまう。
 

0908272_113
 
勿論、「ミヤネ屋」でもそうなのだが、9月は出演していない。

出演は8月27日だったのだが、

眞鍋さんの発言を全て文字に起こした記事

を9月にアップした結果。

 

あいにくこの日は日本一軽いキャスターは夏休み。

発言を素早く拾って当たり前のように広げてくれる

宮根キャスターとの共演は、是非もう一度見てみたい。

 

ちなみに5位にある眞鍋さんのネックレス。

定番といえば上の写真でも着けているアーカーの蝶。

右手首に巻いている細いチェーンも多分同じブランドだと思う。
 

0909201_085
 
「ぷっすま」も9月は出演していないのだが、

8月の風船割りダイプが伝説と化しているらしい。

「がっちりマンデー」には出演しているが、

やはり8月の「七福タオル」の余韻もあるようだ。

 

検索ワードを眺めていて初めて知ったのだが、

今治の七福タオル、あまりにも好評だからか、

類似品(ってか偽物)も出回っているらしい。

気を付けよう。

 

「ココだけの話・・・といろんなはなし」は、

眞鍋さんの面白センスがいたるところに散りばめられていて、

自然に顔が綻び、くすっと笑ってしまう傑作。

手の届くところにいつも置いておきたい書だ。

 

集計結果に大きな変化はなかったものの、

この本だけは例外だった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

盛り上がる姫トークに姫モード(?)の眞鍋さん

 0909281_041
 
いきなり大爆笑の眞鍋さん。

今日の「おもいっきりDON!」、

E様解雇の報に関連した中山秀さんとE様、

「世紀の凡戦」エピソードで大盛り上がり。

 

「解雇」といっても被雇用者ではないだろうから、

労基法に縛られた「解雇」ではなく

マネジメント契約の解除なのだろうけど、

そんなことよりワガママ姫との対決話にスタジオ沸騰。
 
0909281_002  

「秀さん頑張ってる」

眞鍋さんも思わず拍手の奮戦。

 

禁じ手が多いので

編み出したのが

「小腹が空いた時に何作る」

 

だが姫は、

「作らない」「包丁持たない」

 

 
擁護する声がないのは寂しいかもしれないが、

自分の出演映画の宣伝に来ておいて

その横柄な態度はないだろうとは誰でも思うこと。

世の営業マン諸氏の努力を見習いましょう(遅いか)。
 

0909281_003
 
そんな前置きがあっての「おしえてドン」は

イタリアンの片岡シェフが作る一味違うナポリタン。

「小腹が空いた時に是非」

眞鍋さん、早速のひとボケに中山秀さん苦笑。
 

0909281_009
 
さてそのナポリタン、

ケチャップ、ウスターソースにパスタの茹で汁、

一つまみのカレー粉とオリーブ油で仕上げるのだが、

マイペースの片岡シェフ、按配を見て茹で汁フライング。

 

「ホントはここでお玉一杯の茹で汁を加えるのですが」

眞鍋さんの指摘に人の好い片岡シェフ

「入れてください入れてください」

今日の眞鍋さん姫モード?
 

0909281_017
 
そんな眞鍋さんに

「味落ちてんのんちゃうかぁ」とチェックも厳しい

「レストランオーナーみたい」の声が。

 

笑顔で応える眞鍋さんだけど、

「世紀の凡戦」トークで7分押していた。

内心はかなり冷や冷やものだったのでは?
 

0909281_027
 
片岡シェフも焦ったか、続くスープでも段取りミス。

「リハーサルでこっちが先だったじゃないですかぁ」

容赦ない指摘に「間違えちゃいました」

眞鍋「オーナー」の顔色を伺ってしまうシェフ。

 

続くジェロとノンスタイルのコーナー途中で

7分遅れは正常に戻った。

シェフも眞鍋さんも頑張りました。

 

でも、片岡シェフ、

厨房で若い衆に怒鳴り散らすタイプではないようだ。

人柄は味に出るので、「食べてみたい」と思ってしまった。
 

  0909281_063
 
今日は前髪揃えた眞鍋さん。

黒シャツ黒ベストの黒い妖精風。

 

「今日は何の日」で「どんドン」と、

歌いながら首を傾げるのも相変わらず。

「イイテレビ」では、ひときわ大きい手拍子を打っていた。

 

自分らしさにとても素直な眞鍋さん。

ずっとその姿勢でいてくださいね。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊達ではない眞鍋さん超美脚の潜在能力

0909272_050
 
おーっと、眞鍋さん、ブログではおなじみの秘技!

もしかして、テレビでは初披露かっ!!

でも、これ、なんと呼んだらいいのだろう?

腕立て美脚上げ立ち?

 

平成教育委員会3時間スペシャルの一コマだが、

なんと体力測定なんてのがあって、

ここに予想外のドラマが待ち受けていたのだ。
 

0909272_014
 
勿論、普通にお勉強問題もあって、

眞鍋さん的には普通に活躍。

時代劇をあまり観ていないのか、

「かどわかし」を「かどかわし」と読んでしまったけど、

これは御愛嬌。

 

新聞などは使えない(使ってはいけない)漢字が実に多く、

使わないことに気をつけて記事を書く。

日頃目にする出版物のほとんどがそーゆーものなので、

難読漢字を覚えても、実はあまり役に立たない。
 

0909272_043
 
麻木師匠も快調に飛ばしていたのだが、

体前屈の測定になると、コソコソと背を向けて逃走。

そこに立ちふさがった眞鍋さん、引止めに必死。

「放送できない」と駄々をこねる麻木さんだが ・ ・ ・ 。

 

なんと麻木さん、驚異的な身体の硬さ。

揃えた膝を伸ばし、腰を90度曲げるだけで辛いという

衝撃の事実を露呈してしまった。

誰にでも欠点はあるものである。
 

0909272_071
 
他方、立ち幅跳びに挑んだ眞鍋さん、「手応えあり」の表情。

なんと、元陸上部員と同記録でトップの成績!

これ以上細くなったら牛蒡になってしまう、

とさえ思われるギリギリの曲線で描かれる

眞鍋さんの美脚のどこにこんな力が ・ ・ ・ 。

 

確かに、ふくらはぎなどをよく見ると、

弓を引き絞ったようなピンと張り詰めた曲線。

ぶよぶよ感がまるでないのはやはり、

場所を選ばぬ日頃のダッシュがもたらしたものであろうか?

眞鍋さん超美脚、只者ではない。
 

0909272_023
 
そんな場面を交えつつも、

眞鍋さんの笑顔はやはり優しいのだった。

これにて一件落着である。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

眞鍋さん、深みにははまらず高みを目指す

落穂拾い的にたまに過去番組を振り返ってみるのだが、

どうしても気になるのが「タモリ倶楽部」のハイサワー。
 

0909271_003
 
初めて聞く名前なのは酎ハイを飲まないからか ・ ・ ・

と思ったが、「お馴染みの」CMも全く見たことないので

地域限定なのかもしれない。

ジンやウォッカ、ラムをフレーバーと炭酸で割ることはあるが、

ライム以外はたいていフレッシュだったし。

 

暑い夏、喫茶店で

ジントニックやジンライムを頼む親戚がいたので、

酒をよく知らなかった20代前半は、よく真似をして飲んでいた。

眞鍋さんも「夏にぴったり」「リゾート感がある」と言っていた。

でも、ライムが入った酒を「海外で」飲んだと言っていたから

ジンライムも今はあまり一般的ではないのかもしれない。
 

0909271_021
 
完璧CMモードの眞鍋さん。

「アホかお前」「殴ったろか」

「リゾート感ってどんな言葉やねん」

ガラの悪いオッサンが隣で悪態をついていたが、

勿論、眞鍋さんは平っちゃらだ。

 

ただ、眞鍋さんが絶賛した泡盛のレモンサワー割りは分かる。

泡盛は米が原料なのに何故か独特の風味を持つ。

ラムの焦げ臭さと似てはいないが共通するものを感じる。

ラムもフルーツ系で割ることが多いから、

泡盛も相性がいいのだろう。

 

アルコールの話をすればきりがないが、

一番気になるのはウォッカをワイン樽で寝かせたスタルカだ。

一時輸入が止まっていたのだが、さて、どうなったのだろう。

ビンごと冷凍庫で冷やして生でいくもよし、

水割りもソーダ割りもよし、

ウィスキーが嫌いな人でもこれを嫌う人はいない。

是非、眞鍋さんにお勧めしたい「皇帝のウォッカ」である。
 

0909271_059
 
これはかなり前に放送された番組なのだけど、

見返り眞鍋さんがあまりにも綺麗なので ・ ・ ・ 

やっぱり、記憶に残したい瞬間というのはあるものだ。

 

デビュー当時のテレビ出演、

舞い上がって人の話も耳に入らなかったと話していたけれど、

今はすっかりベテラン、と言うより、

エンタメでも報道コメントでもその充実振りに目を見張る。
 

0909271_070
 
だもんで「こっちにおいで」と手招きしてしまうのだ。

呼ばれているのはガッキー(糞餓鬼ではないらしい)。

でも、最近の眞鍋さん、

そう簡単には真似のできないところにきていると感じる。

 

「ココだけ・・・といろんな話」によると、

酒量が増えたのはここ数年のことらしい。

この道も奥は深い。

こちらもさらなる高みを目指して欲しいものだ。

でも、身体には気をつけてね。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

真心に嘘のつけない眞鍋さんの悪戯心

  0909251_005
 
今日の眞鍋さんはちょっと珍しいグリーンのワンピ。

太いベルトで ・ ・ ・ ウエスト細っ!

 

昨日の「おもいっきりDON!」にも登板したので連チャンだ。

生憎昨日は見ていないけど

「とくダネ!」から2時間もない出演。

リハもあるので、髪をいじる時間はなかったのではなかろうか?

眞鍋さんの能力を以てすれば、

コーナー進行自体は軽くこなしただろうけど。
 

0909251_001
 
レギュラー当番の今日の「おしえてDON」は、

驚異の進化を遂げた今時の人間ドック事情。

モルモットになるのはアダモちゃんの島崎俊夫さん。

これといった既往症もなく、酒量も大したことなし。

 

しかし、一日60本という恐るべきヘビースモーカー。

にもかかわらず、「止める気は全くない!」と断言。

しかし眞鍋さん、

「結果を見たら止める気になると思いますよ」

 

意味深発言にビビる島崎さんに突きつけられた結果は肺気腫。

3Dスキャンで一目瞭然だ。

原因はやはり喫煙。
 

0909251_006
 
「情報によりますと、肺気腫で亡くなった方が ・ ・ ・ 」

さらに不安を煽る眞鍋さん。

でも、なんか楽しそう。

 

血液検査だけで癌の兆候まで発見できるとは初耳。

お値段は少々張るが長生きしたい人にはいいかも。

「生放送で大発表して大丈夫ですかね」

眞鍋さん軽~いノリ。

 

「もしもの結果だったらニュースじゃないか」(島崎さん)

「その時点で報道になりますよね」(中山秀さん)

「まぁ一石二鳥ですから報道もしちゃいましょう」(眞鍋さん)

あくまで軽い眞鍋さんだ。
 

0909251_002
 
勿論、結果はシロ。

「一つでも(危険度)高があったら

こんなに嬉しそうに振れませんよ」

ホントは優しい眞鍋さんに島崎さんも「そーかぁ」

 

でも中山秀さん、

「眞鍋が『コイツ空気読めねぇな』って言ってました」

これには島崎さん、

「バ、バカヤロー!」

 

楽しい中に気になるニュースが一件。

相次ぐ自衛隊員の犯罪の中に、

陸自最強をうたう第一空挺団の隊員が。

必要最小限の装備で戦い抜く個人戦のプロ。

あんなのに暴れられたらたまったもんじゃない。
 

0909251_003

 

怖い話は兎も角、

予算削減が噂される

電子黒板に全員びっくり。

 

引き戸の上に

黒板消しを挟む

「風情のある遊び」(秀さん)

など思い出ボロボロ。

 

 

しかし、爪で引っかく「キーって音もなくなりますね」

と言う眞鍋さんに「それはなくてもいい」

中山秀さん、丸岡さんのダブルツッコミが。
 

0909251_004
 
松本明子さん、東Xが電波少年ネタを出したので、

眞鍋さんも電波少年のオーディションに

「あと一歩で合格するとこまで行きました」

 

へぇ~  

 

「半年間シェルターにこもりっきりの生活になるところでした」

再びへぇ~だが、合格しなくて良かったのか悪かったのか。

 

ハッキリしてることは、人を弄んでいるようでいて、

眞鍋さん、やっぱり真心に嘘のつけない人だということだ。

どっちに転んでも、真心眞鍋さんは変わらない。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

さなぎと蝶のコンビ漫才的「やきぐりバンバン」

「ワッショイ!ヨイショーッ!」と始めたものの

「あれ?ワッショイが一個少なくない?」と眞鍋さん。

 

今日の「やきぐりバンバンコンマ3」、西川貴教さん欠席だ。

稲妻ロックフェスティバルで燃え尽きたというtetsuさん説に

「男の人、燃え尽きると何も出来なくなる人いますからね」

「身体が反応しなくなるからね」

「そっち?どうする?今日、止める人いないよ」

 

案の定と言うか

下ネタ気味に不穏な空気が流れ出した放送。

だが、眞鍋さんの説によると

「なんか今日、歯医者さん行くって言ってましたよ」

ホンマかいっ!(当方)

 

だが、tetsuさんの下ネタ攻勢は止まらず。

この秋、「栗」を食べたかの御題に

「生ものって意味?」(tetsuさん)

「生でもいいし・・・私もう食べたんですよ」(眞鍋さん)

「身体柔らかっ」(tetsuさん)

 

しかし、眞鍋さん、ハッハッハッと大笑しながら

「今日初めて力発揮してくれて嬉しい」(眞鍋さん)

「ホンマ?こんなんでいいの?」(tetsuさん)

「そういうの待ってたんですよ」(眞鍋さん)

全然動じない。

 

実は23,4まで下ネタが嫌いで、

下ネタ言うヤツを睨んでいたというtetsuさんを

「出たてのグラビアアイドルみたいだったんだ」

なんて言う眞鍋さん。

さすが10年選手は違います。

 

ちなみに、眞鍋さんが食べた栗は、

ブログで抱いていた赤ちゃんの家を訪れた際

ホントのお母さんに御馳走になった栗ご飯だそうだ。

 

で、次なる御題は「着古したTシャツをいつ処分するか」

「ばあちゃんがティーの発音ができなくてピーとかペーとか」

突然、言い出すtetsuさんに眞鍋さんも一緒に「ピーッ!!」

「さぁ放送に耐えられますか、これ?

聞くか聞かないかは貴方の自由です」(眞鍋さん)

 

肝心のTシャツの話では

「一年365日しかない訳やん。

毎日違う服着ても追いつかへん。

これ着るの何年後やろうみたいな」tetsuさんだが、

まだインディーズで頑張ってる後輩などにやってしまうのだとか。

 

一方眞鍋さんは、海外への援助物資として、

あるいはホームレスの支援団体などに寄付すると言う。

流石である。

 

仲良しのツッコミがおらず、

「さなぎになる」(眞鍋さん)ボケ役tetsuさんを

「すぐに諦めないでーっ」「私の話を聞いてーっ」

と励まし続けた眞鍋さん。

取り敢えず無事に終了してヤレヤレでした。

 

先週、三画伯が描いた「本能寺の変」が

番組HPに動画でアップされた。

tetsuさんの「バカ殿」や

眞鍋さんの「織田やんがファイアー」。

そして眞鍋さんのニーハイブーツ姿も見られる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

硬軟織り交ぜ好調眞鍋さんの「とくダネ!」

0909241_051_2
 
眞鍋さんの笑顔で始まる木曜日。

でも、今週の眞鍋さんはちょっと違う。

決め球も決まれば遊び球も無駄にならない。

休養十分、調整バッチリの先発投手のようだ。

 

そんな好調眞鍋さんが登板する木曜「とくダネ!」、

一番の話題はやはり、就任から一週間足らずで

国際舞台に立った鳩山新総理(とその夫人)だ。
 

0909241_023
 
「具体的な話はなかったとしても、

ネイティブな英語で会話ができるのは頼もしい」

オバマ大統領との会談について語る眞鍋さん。

「自分の言葉で話していることが正直にもつながる」

 

取り敢えずつかみはOKといったところか。

無論、言うだけなら誰でもできる。

実行力が試されるのはこれからだ。

それが問われているのが八ッ場ダム。
 

0909241_034
 
「この問題は民主党にとって

流れの決まっている舞台のようなもの」と言う眞鍋さん。

「絶対無駄を省くんだという意志ややり遂げる実行力、

保障という点では国民生活に立った視点、

それらを示すいい機会になると思う」

 

中止に反対している住民も

「ダムが欲しい」と言っている訳ではない。

必要なものは、

生活に不安がなく将来に展望が持てる町作り計画だ。

 

今まではそれがダム計画だったから、

取り上げられたら不安になる。

止めるだけではなく代替案を提示する必要があるだろう。

それも、頭ごなしにならない「国民生活に立った視点」で。
 

0909241_065
 
よく分からない世界だが、

「アキバ検定」なんてのができたらしい。

「超難しい。全然分からない」と眞鍋さん。

岩上さんも「これはオタク知識だけではなくて教養がいる」。

 

「合格者上位三名には特製ブレザーがっ!」(笠井キャスター)

「おーっ」(眞鍋さん)

「それを着て歩けば『あっ、アレは・・・』」(笠井さん)

「神みたいなもんですね」(眞鍋さん)

「素敵なサービスも検討中!!」(笠井さん)

「エーッ!!」(眞鍋さん)

 

細かく合いの手を入れる眞鍋さん。でも、

「選択肢に森永卓郎さんとかが出てくる」

それはシラン。
 

0909241_074
 
いまだ続く讃岐うどんブーム。

兵庫県発祥の丸亀製麺が10年足らずで全国制覇。

地元でも「お蕎麦屋さん見たことがない」と言う眞鍋さん

「揚げたて天ぷらが出てくるといっちゃいますね」。

 

ただ、明太子の塩分だけで十分だろうに出し汁を加えたり、

吸い物の倍以上の塩分がある出し汁をお替りして飲んだり、

「高血圧にお気をつけ下さい」は余計なお世話か?
 

0909241_116
 
ヤヤッ!血液型人形が揃って肩の上に!!

小倉さん、中野さんらの上にも乗っていて、

肩上揃い踏みの組体操?

 

今日は前髪おろした眞鍋さん。

ちょっと複雑そうなおまとめヘアー。
 

0909241_109_2
 
でも、ヘッドアップヘアーも似合っていましたよ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

眞鍋さん伝説の超美脚 Vol.Ⅱ

好評なので調子に乗って第2弾。

当ブログ未掲載だった眞鍋さん美脚アップ。
 

0908261_017_2
 
知的な眞鍋さんと愉快な眞鍋さん、

ふんわりと丸みを帯びた優しい笑顔とセクシー美脚。

それぞれが軽いギャップを伴っているのだけど、

肝をつぶすほどの意外性で驚かせるのではなく、

「眞鍋かをり」のイメージとしてまとまってしまう。

 

それもこれも眞鍋さんがいつも自然体だから。

素の眞鍋さん自身が多面的で人間味に溢れた

とても豊かで面白いキャラクターなので、

あえて別立てのキャラを用意する必要がない。

 

だからいつも開けっ広げ。

だからいつも魅力的。

 

一年続いた「メガスポ」美脚アップのオープニング。

眞鍋さん、レギンスやカラータイツ(流行っていたのに)

は一度も使わず、基本生足を貫いた。

 

特別に意識してのことではなかっただろうけど、

これも自然体で表れたプロ意識。

お陰で足元の佇まいが見違えるほど洗練されて、

美脚のプロらしくなった。

 

それでもたま~に隙を見せてしまうところ、

やっぱり開けっ広げな眞鍋さんではある。

しかしそれも眞鍋さんらしさ。

だからいつも魅力的。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

眞鍋さん、渋滞より海外へ美脚を伸ばす(?)

シルバーウィークとかいうよく分からない連休で、

高速道路は各地で有り得ない渋滞となっているらしい。

渋滞すると分かっていて何故、車で出かけるのか?

これまたよく分からないが、とにかく御苦労なことである。

 

眞鍋さんはニッポントレジャーで栃木に行ったらしい。

勿論、連休前のことだけど。

このシリーズ、25日(金曜日)で最終回かもしれない。

ネット上では25日だが、雑誌の方は発売されているのでは?

 

いずれにせよ、前回の埼玉、今回の栃木と

東京在住の眞鍋さんにとっては近場。

でも、佐野の耳うどんは面白そう。

中国にも猫耳麺=マオアルメンなんてのがある。

 

しかしこっちの耳は人間の耳のようでかなりデカイ。

古来、この種の麺は各地にあったと言う。

細長い麺にするには技術がいるので

こっちの方が簡単だったのだろう。

 

京の都でも、「手先が器用」という理由で

和菓子職人が蕎麦打ちをすることが多かったと聞く。

400年近く続く河道屋などは

今でも二足のわらじを履いている。

 

H.I.S.かをりのブログでは

再び海外旅行のプランを希望している眞鍋さん。

「DON!」のリニューアルがどうなるかは不明だけど、

場合によっては念願の樺太行きも可能かもしれない。

 

個人的には是非、行って欲しいと思う。

もう寒いので「美脚旅」とはいかないだろうけど。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

美的セレブリティー・・・でも楽しさ変わらない眞鍋さん

0909212_022
 
ブログのプロフ写真で予告されていた

眞鍋さんの新ヘアスタイル。

今までのどの髪型とも似ていない。

 

額を出してもバランスがいい。綺麗。

「そうだったんだ」なんて今さら気付かされる。

服装とも相まって、とても落ち着いて上品な雰囲気。

 

4年前の眞鍋さんなら似合わなかっただろう、

という意味では大人っぽいとも言えるけど、

さりとて老けてる訳じゃない。

 

等身大の眞鍋さん。

でも、この髪型と服装で

ひうちなだ踊りは出来そうにないね。
 

0909211_057_2
 
しかし、と言うか当然と言うか眞鍋スマイルは変わらない。

今日の「おもいっきりDON!」は浜内先生の親子丼。

だが、ポイントはむしろ摩り下ろしたりんご。

これを出汁、味醂の代わりに使う。

 

特に米酢、塩におろしりんごを加えた合わせ酢で

大根をあえるなますに驚き。

人参ではなくハムを使うところも旨そうだった。

ただし、これからの季節は金時人参だろうけど。
 

0909211_080
 
例によってスザンヌさん、なにやら挙動不審。

りんごのすりおろしを諦め、残りを塊で放り込んだらしい。

でも、爪が長いのでこれは大目にみてあげていいかも。

 

それより眞鍋さんが手にしている味噌だま。

味噌はラップにくるんで冷凍しても固まらないのだとか。

これはまた目から鱗、一人暮らしには嬉しい情報だ。
 
0909212_008_3  

愛犬家が多いレギュラー陣。

ただ一人徳光さんのみ

「飼いたくない」

 

これに中山秀さん、

「犬の方も飼われたくない」

 

この反撃に、眞鍋さん、

立ち上がって大爆笑。

 

セレブっぽく決めていても、

ここは譲れない眞鍋イズム。

やはり突っ込み、爆笑の時は立ち上がらないとね。   
 

0909211_003
 
酒井被告の保釈時の会見についても話題になった。

ファンの声に対する笑顔などほとんど条件反射。

演じきっていたならあの笑顔は逆になかったはず。

「人前ではかくあるべし」

身に染み付いたものから抜け出せないのだろう。
 

0909211_032
 
「みんなアイドルとしての酒井さんを求めていたと思うので、

ああいう会見になったのは仕方ないと思う」と眞鍋さん。

アイドルでなかったら記者会見など求められないしね。

 

前科があっても働かなければ生きていけない。

議員、判事、検事、弁護士、警察官など

法を作り施行する人々や医師、看護師、運転士など

人の生命を預かる職業、あるいは教育者などからは

排除されても仕方ないが、芸能人はどうなのだろう?

 

影響力が大きいという意味では、普通に復帰するのではなく、

依存症と闘い、立ち直る姿も見せる必要があるだろうと思う。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

世間は広く、中華も広い

眞鍋さんがフレンチではなく中華!

一笑美茶樓なんていうお笑い茶店みたいな店名だが、

あの脇屋シェフの店なのだそうな。

 

さすが枠にとらわれない脇屋シェフ、

中華にあるまじき小皿料理や

北京料理なのか広東料理なのかよう分からんメニュー構成で

眞鍋さん一家を堪能させてしまったらしい。

 

中華スープを産湯に使い(ホントにやったら火傷する)

中華粥を離乳食に育った当方としては感じ入ること計り知れず。

和食器を使う店には行ったことがあるが、

コペンハーゲンだかこっぺハゲだかの洋食器を使う店は知らん。

 

中華といっても日本生まれの「中華」も多くて、

どこにでもあると思っていたタンメンやサンマーメンも、

横浜を離れて諸国漫遊するとほとんど見当たらない。

世間は広いがチャンポンや皿うどんは良く頑張った!

 

京都に鹿鳴春飯店の支店(本店北京)があり、

「風邪気味でくしゃみが止まらん」と言うと

「ワカッタ、ちょっと待て」と言って凄いスープを持ってきた。

「漢方に即効性はなかろう」と甘く見ていたが、

店を出る時にはぴたりと収まっていた。

 

やっぱり世間は広いのである。

H.I.S.かをりのブログで旅志願の眞鍋さん、

北京の本店で、美貌、美肌、美脚料理を

たらふく食べるのもいいかもね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

びっくりズッコケ眞鍋さんの「がっちりマンデー!」

0909201_109
 
レンズ付きフィルムを手に楽しそうな眞鍋さん。

「『ハイチーズ』って言った後、

フィルム巻くの忘れてたってことありますよね」

 

時代遅れと思いきや、

昨年の販売台数はデジカメより多かったらしい。

と言うことで、「がっちりマンデー!」はカメラ特集。

 

電気製品が弱い水辺でも使え、

修正が利かないので証拠能力も高いというが、

使い捨てなのだからフィルムの本数と販売台数がイコール。

数が多いのはその為だろう。

病院や警察は使い捨ては使わないし。
 

0909201_131
 
進藤さんを撮ろうとカメラを構えた眞鍋さん。

進藤さんもその気になってポーズを取ったのだが ・ ・ ・ 

「あ、フィルム巻くの忘れてた」

「お前がやってんだよ」(加藤浩次さん)のツッコミに大笑い。

 

しかし、技術は目覚しく進歩している。

普及が著しいのが防犯カメラ。
 

0909201_044
 
「一見、火災報知器かなって思うのありますよね」

透明ドームの中は左右360度、上下180度、

全方位視界を持ちズーミングも可能なカメラ。

画面内で物がなくなっても増えても追跡検索が出来、

人の年齢性別も識別、時間毎の統計も取ることが出来る。
 

0909201_095
 
これには眞鍋さんもびっくり。

赤外線センサーと追尾装置をつければミサイルだが、

現に自衛隊のそれにも応用されている。

だが、防衛予算に依存せず、

民需主体に自主開発しているところが日本の偉いところだ。
 
 

「意外に安いんですね」と言う眞鍋さん。

ソフトをインストールしたパソコンと繋げればよく、

ハードウエアにコンピューターを内蔵しなくて済む。

数が増えたことに加え、この点も効いているはずだ。

 

ただ、電気屋さんはレンズを作れないので、

レンズメーカーもさぞかし儲かっていることだろう。
 

0909201_056
 
レジのバイトをしていた時、「この人30台だな」と

適当に目星をつけてキーを押していたという眞鍋さん。

「後で統計取っていたんでしょうねぇ」

そんなマーケティングも防犯しながら自動でこなすのだ。

 

それにしても

巫女さんやったり、七草詰めたり、

バイト経験豊富な眞鍋さんです。
 

0909201_147
 
「凄いすごーい」

「嬉しいうれしいー」

「欲しい欲しい」

繰り返し眞鍋さんが食いついたのが車載カメラ。

前後左右の映像を俯瞰図に置き換え、

あるべきハンドル舵角を指示して駐車も楽チンという代物。

 

ペーパードライバーの眞鍋さん、

「バックで駐車したことない」

「試験の時はどうしたんだ?」(加藤さん)

「試験の時は奇跡的にできた。でも、これがあれば・・ネッ!」

 

自動操縦装置と連動し、

手放しで縦列駐車までこなすマシンもありますよ、眞鍋さん!

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

大胆発言引き出した「太田総理」の眞鍋さん

皆さん、眞鍋さんが参院選に立候補 ・ ・ ・ 嘘。

眞鍋さんのブログの真似だけど、そう言いたくなったのが

「太田総理」に出演した眞鍋さん。テーマは政党助成金。

政党助成金をやめて景気対策に回せという提案だ。

 

使途に制約がない助成金、

中にはかつら代に使ったという例も。
 

0909182_011
 
「それは仕方ない」

眞鍋さん、ヅラ議員に同情(?)。

 

出席した議員先生方も使い方について縷々語ってはいたが、

政治活動一般と選挙活動をごっちゃにしてしまったような印象。

日頃の政治活動が票に結びつくのは当然だが、

仕事をすれば相応の評価を受けるのもまた当然。

 

しかし、公示(告示)後はできることが限られていて、

実は300万円くらいしか使いたくても使えない。

だからこそ選挙以外の時にポスターを貼りまくったり

宣伝活動を旺盛にしておかなくてはならない。

 

宣伝するにはネタがいるので、

議会で質問するなり調査するなり

何らかの成果を上げる必要がある。

やらなくても人脈○脈、知名度で通る人はいいけれど。

 

こういう時、数の力(党の影響力)と財力が物を言う。

官僚も相手を見るので、

重要な委員会に入れなかったりする少数政党は圧倒的に不利だ。
 

0909182_030
 
そこで選挙制度そのものに疑問を提示したのは眞鍋さん。

「商品を選ぶ時でも同じ条件で並んでたら公平だと思うけど、

今の選挙は訪問販売的だからいい地図持ってる人が有利」

 

「そうです、その通りなんです」

すかさず同意したのがなんと石破茂氏。

議員数と投票数によって金額が決まる今の制度では、

大きい党ばかりがどんどん大きくなる。

小さな党でも大きくなれる制度が必要だ ・ ・ ・ 

アレアレ、二大政党制の否定?

自民党の議席がどえらく減ってしまったから

という訳でもないだろうけど、

小選挙区制まで否定しかねない大胆発言だ。

 

小選挙区制に対応する為に、

協定を結んだり合併したりして二大政党を作ったのだが、

その代わり個性は薄まった。

政権交代はしやすくなったが大きな変化は望めない。

他方、政権交代こそ起きなかったが、

自民党が長期政権をなし得たのは、

強力な野党との攻防で一定の妥協をしてきたから

と言えなくもない。

 

大きな安定か、

大きな変革の可能性を秘めた安定か

どちらがいいのかはまだ分からないが、

少なくとも少数意見の尊重は民主主義の基本ではある。

ただし、民主党の新人が多数当選したことと

政党助成金は関係ないと思うけど。
 

0909182_026
 
「国民ジャンケン大会の賞金に政党助成金を」

なんて無茶苦茶な提案に眞鍋さん、

「それ凄ーい!」「一生働かなくていい」 。

盛り上げるところは盛り上げる眞鍋さん。

 

で、肝心の政党助成金はというと、

番組では太田マニフェストは否決された。

でも、反対票に制度の見直し票が入っていたことは

覚えておいていいかもしれない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

秋型眞鍋さん完成(?)の「おもいっきりDON!」

0909181_115
 
ハイッ、やっぱり来ました眞鍋さんのベレー帽。

秋ものアイテムをさりげなく入れてくるので

そろそろと思っていたら予想通り。

さすがカジュアルなモノトーンにしっくり溶け込んでます。
 

0909181_008
 
と言っても、別にお彼岸に合わせたモノトーンではないだろうけど

今日の「おしえてDON」はこんな御題。

「南無~」と眞鍋さん。

明るく行きましょう。

 

分譲マンション型のお墓も随分進化したものだと思うが、

核家族化の進行で「お墓難民」が増えているらしい。

後継者がいなければ誰も面倒みないし、

誰も訪れないなら存在理由もない。
 

 0909181_035_2
 
と言うことで、墓を作らないお手元供養グッズの数々が登場。

お骨の一部を収容し、10万円以下の品々。

ペンダントや携帯ストラップなんてのもある。

当然、仏壇もいらないし、いつも身近にいる一体感もあるが、

場合によってはうっとうしいかもしれない。

 

そしてそれとは一切関係なく、「眞鍋さん超美脚!」

秋仕様美脚ファッションの眞鍋さんだ。
 

 0909181_090
 
一方、「やっと喪が開けました」と登場したのは岡本夏生さん。

「10年の冬眠」から覚めて異様なハイテンション。

「映画に出たけど誰も観てない」とかでDVD

「ソードシーカーズ~刀狩るもの~」を宣伝。

 

「女優・岡本夏生の意味不明の演技!あわや遺作になろうか」

という作品らしいのだが、眞鍋さん、涙を流しての大爆笑だった。
 

0909181_095
 
しっかり荷造りし、鍵も閉めたトランクで旅に出たものの

「トランクの鍵を忘れてきましたぁ!」

 

似た様なエピソードは「女子!?ごころ」とかにも書いてあるけど、

人のことは細かく面倒みるらしいのに、

自分のことになるとちょっと抜ける。

そんなトコがあるみたいだ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

開けっ広げ眞鍋さんの突っ込みまくり「やきぐりバンバン」

「眞鍋さん心閉ざしてるもん、ある一定領域まで」

「何で?閉ざしてないですよ、全開なのに」

西川貴教さんの突然の口撃に戸惑う眞鍋さん。

18日の「やきぐりバンバン コンマ3」。

 

「表の扉は開いてんねん」とtetsuさんもこれに同調。

「リスナーもみんな分かってると思うよ」

「エーッ!嘘だーっ!!」(眞鍋さん)

「敷地は何ヘクタールもあるけど、

ホントの玄関は『千利休か』言うくらい小さい。

ホントの心の奥までは入れませんみたいな」(西川さん)

 

眞鍋さんがあまりにもオープンなので

「そんなはずはないだろう」的な疑問が湧いたらしい。

ちなみに「千利休」とは勿論、

身をかがめて庭から入る茶室の扉のこと。

 

「何も考えてませんみたいなこと言ってて

意外に貯金とか将来設計がしっかりしてたり」(西川さん)

「それいーじゃないですか」(眞鍋さん)

「テストの前とか『昨日寝てしもたわ』とか言いながら

実はかっちりやってるタイプ」(西川さん)

「それ超やなヤツじゃん」(眞鍋さん)

 

でも、「ホントの心の奥までは入れない」の言葉に眞鍋さん

「分かったわかった意味が、そうかもしれないけど、

その心の奥は私も入ってない」

「え?」・・・一瞬の沈黙が走ったけれど、

これは眞鍋さんの本音。

 

飛び石を飛ぶように、

瞬間の判断とインスピレーションで動くので、

改めて「何故?」と問われても分からない。

イチローだって、何であんなにヒットが打てるのか、

論理的な説明は出来ないはずだ。

眞鍋脳の神秘である。

 

さて、番組には「テレビとラジオとどっちが楽か」の質問が。

ミュージシャンのテレビ出演は

カメリハや音合わせがあって大変らしい。

だが、ラジオ、

特に「やきぐりバンバン」は楽なのだとtetsuさん力説。

 

「きっちり台本あるからそれ読めばいいだけやん」

「アァこれね、コレのことね」(西川さん)

「俺らがオモロイんやなくて台本が面白いんや。

一言一句その通り読んでるだけやからね」

「tetsuさんがエロいって思われてるのも ・ ・ 」(眞鍋さん)

「そうそう」

「絶対ちゃうわ」(西川さん)

「大変すぎるわ、そんな台本」(眞鍋さん)

 

ちょっと長めのノリ突っ込みでした。

 

そして、お絵かきコーナーは、

眞鍋さんの「歴史上の出来事」という提案に応え

「本能寺の変」

んが?どうやって画くのだ ・ ・ ・ 

ということで皆さん悪戦苦闘の様子。

 

「火がボー」(tetsuさん)

「それで?」(眞鍋さん)

「御屋形様が」(tetsuさん)

「御屋形様?」(眞鍋さん)

「織田やん」(tetsuさん)

「織田やんがファイアーってことですね」(眞鍋さん)

 

西川さんの作品に対しても

「丸腰で来ちゃったみたいな明智さん」

と突っ込みを入れていた眞鍋さん。

オープニングの逆襲とばかりに突っ込みまくり。

それぞれの作品は番組HPで公開されるはず

 ・ ・ ・ だが、まだなので見ていない。

 

事件はやはり難しいということで、

次は「有名人」でお題を募集中だ。

誰を画いて欲しいかはメールで。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

眞鍋さん、笑顔でチクリ

0909161_005
 
16日の「レッドシアター」に出演した眞鍋さん。

相変わらずホントにいい笑顔です。

とても素直に対象にすっと入ってゆける。

だから表情もリアクションも素直だ。

 

「最近の子供は弱体化してるから」という「痛烈な社会批判」

コントに「どこであのシチュエーション思いつくんだろう」。

受けてました。
 

0909161_026

 

ハット、半袖シャツにG短パン

夏ファッションと思わせておいて

スタッズつきベスト。

秋仕様の演出もさりげなく。

 

膝下ほっそりの美脚系。

ただ、眞鍋さんの隣に座る人、

ブーツかパンツの方が無難と思う。

 

 

ハットが今後どう変化してゆくのか、

これも秋冬に向けてちょっと注目したいところ。
 

0909161_015
 
「あの人がテレビ初登場の人ですか?」

眞鍋さんが言い当てたのはチェロ弾きのおかしなピン芸人。

「何でお笑いをやろうと思ったんでしょうね」なんて声が出て、

眞鍋さんも思わず吹き出してしまった。

 

また、「分かりやすかった」「嚙まなかった」

と評価された狩野英孝さんに眞鍋さん、

「それいいの?」

「なんかみんなハードル低くないスか狩野さんに」

 

笑いに厳しい眞鍋さんだった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清楚で面白く、力強さも感じさせた「とくダネ!」眞鍋さん

0909171_144
 
残暑厳しくなく、あっけなく秋めいてきた今年だが、

眞鍋さんの笑顔はいつも通り暖かい。

今日はとても清楚な雰囲気だ。

 

もっとも自動車泥棒にとってはちっとも暖かくなかった。

持ち主の主婦と目が合ったのに、「いける」と思ったか

素早く乗り逃げしようとしたらしい。

だがそのオバハン、極真空手三段の格闘家だった。
 

0909171_126
 
取り押さえようとするオバハンに、

敵もパンチを繰り出してきたらしいが 、

空手家の作法に則り、敢えて危険な打撃技は使わず。

「凄ーい」と感心していた眞鍋さん、それを聞いて二度びっくり。

 

「捕まった方のコメントも聞いてみたいですね」

確かにそうだが、運の悪いオッサンである。

 

世間には凄い空手家がいて、拳で板を割るのではなく、

指先(貫手)で穴を開けるオッサンに遭ったことがある。

「天下泰平の御時勢、そこまで鍛えてどうする」と思ったが、

勿論、口には出さなかった。
 

0909171_052
 
とは言え、今日の「とくダネ!」、目玉は勿論、組閣だ。

「未知との遭遇内閣」と言っても、

UFOに乗せられて金星に連れていかれることはなさそう。

 

「これまで『何をやりたいか良く分からない内閣だね』

って話を何度かした記憶があるんですけど、今回は、

少なくともやらなきゃいけないことは明確に出てますね」

 

そう言う眞鍋さん、脱官僚についても

「やらないとマニフェスト実行のお金も多分出てこない

と思うのでしっかりやってもらいたいなって思います」
 

0909171_092
 
しかし、視聴者から疑問集中の子供手当については

「少子化の根本的解決にはならないと思う」と手厳しい。

 

「出産で(キャリアに)ブランクができたり、

子供がいる状態では働き続けられないので

(出産を)先延ばしにしている人が多い」

「そういう(働き続けられる)環境を整えることが

根本解決になるのかなと思うんですけどね」

 

眞鍋さんのお友達がみんなやり手ばかりだからという話ではなく、

中小零細企業に働く人や派遣の人にとっても深刻なこと。

眞鍋さんが出演したドラマ「戦士の資格」にも出てきた。

 

勿論、内閣はまだ発足したばかり。

マニフェストをベースにどこまで審議を深めるかが焦点だ。
 

0909171_116
 
さて、ユニクロが今度は靴に進出。

安いか高いかどちらかしかなかった現状への隙間戦略。

「安い靴は糸が気になったりたりするけどしっかりしてるし、

人工皮革の革感も本物に近い」と眞鍋さん、感心しきり。

 

「新しい皮の匂いっていいなぁ」とくんくん嗅ぎまわって

「なにやってるんですか」と突っ込まれる場面も。

「いろいろ合わせるのに数欲しい」と言うように、

値段が手頃なので色違いを揃えられる利点があるらしい。
 

 0909171_155
 
最後は恒例、A型君頭乗せの技。

岩上さんの頭上にも乗せようとしたけど、

やっぱり滑って落ちてしまった。

 

面白芸も織り交ぜながら、コメントも力強くなってきた眞鍋さん。

「未熟ですが」前提の「若者代表」ではなく、

社会的責任を自覚した大人のコメンテーターに育った事を

強く実感した2時間だった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

転換点のようで転換点でない眞鍋さんの2010カレンダー

Photo

眞鍋さんの2010年カレンダーが調度一ヵ月後に届くらしい。

「らしい」とは他人事みたいな言いようだが、

南米の知人(AMAZONと言う)から来たメールに返信していると、

気付いたら注文が終わっている。

 

表紙を見ると、ちょっと08年のスタイルに戻ったみたいだが、

中身は見ていない(当たり前だ)。

さすがに面白ポーズはなさそうだ(あってもいいと思う)が、

09年にはあったお茶目な表情はあるのかな?

 

「何かが吹っ切れた」

と「ココだけの話・・・といろんなはなし」にも書いてある通り、

今年四月以降の眞鍋さんは昨年の「気配り、配慮」に

「遠慮せずはじける」をプラスした。

 

空気を読みつつも面白方向にかなり振れているから、

あまりお澄ましされると「笑いを取りにいってるのか」

なんて思われてしまいそうだけど

果たしてどんな世界を創っているのだろうか?

 

昨年はぐっと大人になった眞鍋さんだったけど、

「楽しくない」=「自分らしくない」と感じたらしい。

とは言え、眞鍋さんは決して後戻りはしていない。

新しい高みに向けて、階段を昇ろうとしている。

 

少なくとも実用上は、これが20代最後のカレンダー

(2011年のカレンダーも2010年中に見られるのだけど)。

これが一つのメルクマール ・ ・ ・ と言いたいところだが、

眞鍋さんには関係ないか。

 

眞鍋さんはいつでもどこでも眞鍋さん。

これからもずっと。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

得意分野に変幻自在の「おもいっきり」眞鍋さん

0909141_027_2 

ハンバーガーで飲んだ

というブログ記事に

「そんな店あるのか」

なんて思ってたら、

「おもいっきりDON!」にも

飲めるハンバーガーショップ

 

 

 

「それ100パーセント美味しいじゃないですか」

と言っていた眞鍋さん。

軽快なフットワークで今日にも飛んでゆきそうな雰囲気。
 

0909141_085
 
でも、今日の「おしえてDON」は

ハンバーガーではなく、卵かけご飯PartⅡ。

中華の巨匠、脇屋シェフの中華風というそれだ。

私の知る中国人は絶対に生卵を食べないが、まぁいい。

 

酒、醤油、味醂に生姜とレモンの皮、山椒を加え、

そこに卵の黄身(当然生)を半日漬け込む。

すると、ねっとりとした半透明の味付け卵に。

飯は黒胡麻ペースト入りの水で炊いた黒ご飯。
 

0909141_040
 
「これから眞鍋が卵白宣言します」

中山秀さん、突然のムチャ振りに、

「どんな宣言なんですか」

一瞬動揺しつつ、

「じゃあいきましょう、卵白宣言」

 

余った卵白をメレンゲにするのだが、

「泡立てと言えば眞鍋ですからね」

確かに以前もやった。

「家でこれしかしてません」

んなこたぁないだろう。
 

0909141_073
 
でも眞鍋さん、シャカシャカと見事な手さばき。

真剣な表情 ・ ・ ・ だったが ・ ・ ・ 

 

中華で卵白と言えば蟹。

スープに蟹肉(缶詰)、塩、胡椒、水溶き片栗粉、そして・・・

「そろそろ右腕が痛くなってきましたぁ」

ネを上げかけた眞鍋さんだけど、

短時間に見事にメレンゲを作り上げました。

 

蟹スープにメレンゲを加え、茹でた野菜にかければ完成。

青梗菜で食べたことがあるが、この日はオクラだった。
 
0909141_153_2  

 
今日の眞鍋さんは足長美脚系。

タータンチェックのミニスカに、

着物の帯びの様なスタッズベルト

 

全身の重心位置をぐっと上げて、

足長を強調しようという試みか。

座り姿勢が多いので、

生足じゃないのは仕方なし。

 

 
それよりちょっと変わったお団子ヘアー、

面白いけど、足長を強調するには向いてないような ・ ・ 。
 

0909141_102
 
アララ ・ ・ ・ 何でしょうこれは。

伝説の「メガスポ美脚」の再現か?

でも、足先のアップなんて初めて。

 

「オッ!」「アラッ!」

なんて言っていた眞鍋さん。

勿論、美脚アップなら手馴れたもの。
 

0909141_099
 
迷うことなく癒しの眞鍋スマイル ・ ・ ・ ではなく、

セクシーポーズ(?)で笑いに変えた。

こんなのもありということで。

 

空気を読んで、変幻自在の眞鍋さん。

メレンゲ作りに美脚アップと

眞鍋さん得意分野盛り沢山、

ちょっと嬉しい放送だった。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

「肉食系」になりきれない優しい眞鍋さんの「動物図鑑」

「史上最強の動物図鑑」なんていう

大英博物館も尻尾を巻いて逃げ出しそうな

物凄いタイトルの番組に出演した眞鍋さん。

でも、素直で真っ直ぐなリアクションにギャグも織り交ぜ、

これがかなり楽しい2時間となった。
 

0909121_020
 
コアラに興味を引かれたらしい眞鍋さん、

「ケンカ」の項にコアラが登場すると

「コアラって喧嘩しないのに」

しかし、意外にも激しい取っ組み合い。

「原因は何なの?」

 

仲裁に入りそうな眞鍋さんだけど、

縄張り争いで結構よく喧嘩するらしい。

密集して暮らすペンギンも、

微妙な距離感をめぐってフリッパー(翼)チョップで喧嘩。

「『お前、今当たったろう』って感じですね」

 

コアラは鳴き声も豚のようでおかしい。

それを聞いた眞鍋さん

「発情期?」

さすが眞鍋さん、正解です。

うめこにも発情期があったからかな?
 

0909121_039
 
動物の子供たちの中で、

子供の間だけ毛が黄色いシルパールトンという猿に着目。

毛の色が目印となって、群れ全体で守るらしいのだが、

MCのネプチューン、ホリケンさんに

「みんなあの動物だったら

ホリケンさん、多分、黄色だと思います」

同感。
 

0909121_040
 
棒で穴から幼虫を搔き出して捕食する

キツツキフィンチにも興味津々だった眞鍋さん。

「他のフィンチはあれいいやって真似しないんですか?」

だが、その手の学習能力は鳥にはないらしい。

 

もっと驚くのはラーテルなる小動物。

毒蛇をも恐れぬマングースみたいなヤツ。

「毒大丈夫なの」と見ていたら、嚙まれどころが悪くてぐったり。

「ほら、だから~」と言ったものの、やがて回復。
 

0909121_095_2
 
眞鍋さんも目を丸くしてびっくりだが

「天敵はいないんですか」の質問に

「基本的にいない」の答。

「最強~」

 

でも、水辺でワニに襲われたらどうだろう?

この奇怪な生物、恐竜以前から生息し、

小さかった初期の恐竜を食っていたらしい。

 

恐竜の巨大化に合わせて自らも巨大化した種もあったらしく、

想像を絶するほど巨大な化石が発見されている。

二足歩行の恐竜は鳥に進化したらしいが、

こいつはほとんど変わらぬ姿で今もいる。

ヌシみたいなヤツである。
 

0909121_088
 
優しい笑顔の眞鍋さんが見るのは

元恐竜、鳥たちのプロポーズランキング。

並んで水面を駆け抜けるクビナガカイツブリのカップルに

「思い出作りみたい」

 

プロポーズの為だけに建物まで作って

丹念にセッティングするアオアズヤマドリに「すご~い!」

でもあっさりふられて「三ヶ月もかけたのに~」

コメントも優しい眞鍋さん。

 

0→70km/h、2sec.という

F1並みの加速力を誇るチーターに

「頑張れー」と応援していたのに、

「群れ追い越してんじゃん」という勢いで迫ったのが

ガゼルの子供と知ると「子供かわいそう」。

 

狩りのダイナミズムに興奮するよりも

母性と優しさが勝ってしまう眞鍋さん。

ホントのところはどうも「肉食系」ではなさそうだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

省略眞鍋さんの炸裂お家芸

 0909111_109_3
 
鳩山家の朝食お好み焼きにふんわり笑顔の眞鍋さんは

11日金曜「おもいっきりDON!」。

いつものベスト ・ ・ ではなく、

スタッズ付きレザーのロックベスト。

秋仕様に完全シフトだ。

 

と言うことで、今日の「おしえてDON!」は「丸秘レシピ」

「鳩山家の味ですね~」(眞鍋さん)

「違うよ」(中山秀さん)
 

0909111_022
 
ひとボケかましたところでヘリョンさん登場。

韓国にはない日本のめんつゆを使うと

簡単にできるスーパー万能ダレ。

 

中国の料理人も、来日するとスーパーに並んでいる

○○のタレをいろいろ試して工夫する。

どうやら日本のお家芸のようだ。
 

0909111_014
 
さて、唐揚げにつけて味見した中山秀さんの感想は ・ ・ ・

「熱い!」

「タレの味ですタレ!」と眞鍋さん。

唐揚げが熱かったらしい。

 

しかし、作り方は簡単。

酒、めんつゆににんにく、皮付き生姜、黒胡椒、玉葱、

5分ほど煮てざるで越したらごま油投入。

「ぶち込んで煮るだけ」と省略眞鍋さん。

 

これを使えばプルコギだって簡単だ。

好みの野菜をタレに漬け、砂糖をまぶして数分置いた肉を焼く。

片面焼けたら裏返し ・ ・ ・ だがっ!箸がないっ!!
 

0909111_043
 
「手でやっちゃいますか」と眞鍋さん。

だが、せっかくの「女子力向上」ネイルが ・ ・ ・ 

そこまで省略してはいけません。

 

焼けたらタレごと野菜を「ぶち込んで煮るだけ」

これは省略ではない簡単レシピだ。
 

0909111_050_2  

そして韓国ネタもう一席。

DATV開局イベントで

秀さんと眞鍋さんが司会

(10月1日)。

 

「生のヨン様初めて見る」

「偽者しか見たことない」

と眞鍋さん。

 

 

「ここにも来てもらおうか」

「なんなら『おもいっきりヨン』に名前変えて」

なんて中山秀さんに、眞鍋さん引っ張りポーズ。
 

0909111_091
 
これは眞鍋さんのお家芸、美脚捻り再び!

実はコレ、爪先を内回りに回している。

つまり180度以上回転しているのだ!!

 

外回りなら省略だが、ここでは省略なしの眞鍋さん、

「いつもより余計に回してます」

恐るべし、眞鍋さん超美脚っ!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

漂流しても助かる開けっ広げ眞鍋さん

ニーハイブーツとミニワンピだったらしい

「やきぐりバンバン コンマ3」の眞鍋さん。

「らしい」というのも、番組HP

「大人の事情動画」が手元の映像の為確認できず。

 

「眞鍋さんもすっかり秋っすね」(西川さん)

「エロスだね」(tetsuさん)

「でも下に ・ ・ ・ 穿いてる~」

ミニワンピと短パンは眞鍋さんの制服のようなもの。

「短いスカート着てるようで、でも穿いてる~」

 

「イラっとするわ」と言う西川さんだけど 眞鍋さん、

「無意識のうちにやっちゃうんですよ」

知ってる。

「だからスタイリストさんも気をつけてくれていて~」

そうだろそうだろ。

「前NHKでやっちゃって」

それだけじゃないけどまぁいい。

「NHKのエロの破壊力は5倍って言われてるじゃないですか」

「初めて聞いたわっ!」と西川さん。

 

だが、西川さんによると

「NHKのギリギリのエロはラジオ体操」なのだとか。

「知らん人やったらサービス精神旺盛だよねで終わるけど

毎週一緒に仕事やってる人だと ・ ・ ・ 」

「お姉ちゃんの風呂あがりみたいな感じ?」(眞鍋さん)

「あ~っ、近いか。ちょっとあるかもね」

 

膝が緩いのは眞鍋さんのウィークポイントだけど、

どうやら中学生くらいから注意されてきたらしい。

でも、ここ最近は大分改善されてきた。

穿いてるからと確信犯的にやることはしばしばあるようだけど

ほどほどにね。

 

さて眞鍋さん、去年ジムに入ったものの、

ガラス窓から見るサラリーマンを見ているうちに、

無駄なカロリーを摂取して無駄なお金を使って

無駄な運動をしている自分に虚しくなったという。

「それならヨガとか外を走る方がいい」

 

泳ぐなら「海!」というのもその為か。

「私、結構浮けると思う」

「なに?」(西川さん)

「だから、漂流とかしても結構助かると思う」

よくワカラン。

「ずっと海の近くだったんで、足つかない(深い)とこで

ずーっと漂流したりする遊びがあったから」

「危なっ!」(tetsuさん) 

 

急がず騒がず、ゆっくり遠泳するのは楽しいが、

「漂流」はヤバイ。

でも眞鍋さんなら、陸でも海でも漂流には強いかもね。

 

一方、海と言えば西川さん、「ハワイはイイ」

「ハワイアンシエルと言われてるからね」(tetsuさん)

「違うやろっ!」(西川さん)

「滋賀は日本のハワイと言われてますから」(眞鍋さん)

「言われてねーよ!」(西川さん)

 

今日も攻撃にさらされる西川さんだが、

オークションに妙なものを出品したらしい。

「さぁ~初の落札ならずになりますかっ」(眞鍋さん)。

それが何かは上記番組HPへ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

笑顔と美爪、「とくダネ!」眞鍋さんの向学心

0909102_122
 

眞鍋スマイルで始まる木曜日の朝は「とくダネ!」だ。

いわゆる「熱愛報道」に経験者として意見を求められた眞鍋さん、

「周りが認めてくれてる分にはやりやすいんじゃないですか」

からっとさわやかコメントに一同「ウ~ン、重い」。

そうかぁ?

 

「からっと」ではなく

「スカッとさわやか」と言えば往年のコカコーラCM。

そのコカコーラなどCMのDVDが好評を博しているらしい。
 

0909102_044
 
で、眞鍋さんが小指を立ててるこれは?

「私はこれで会社を辞めました」の禁煙パイポ。

リアルタイムの記憶はない眞鍋さんでも

「何かをやめました」までは正解。

 

「亭主元気で留守がイイ」

「たんすにゴン」のキャッチもしっかり覚えていたけれど

「エ~ッ!これが始まりだったの?諺だと思ってた」

「たんすにゴン」は覚えてなかったらしい。
 

0909102_073
 
考えてみれば、「中国四千年」だって、

糸井重里氏が考えたCMコピーだ。

中国人は「五千年」と言う。

科学的に正しいか否かは疑問だけど。

 

間違いないのは眞鍋さんの「女子力向上」ネイルアート。

小指を立てた時にも見えたけど、再度確認。
 

0909102_016
 
ブログで公開していたものよりちょっと地味か?

でも、女子力向上特別強化月間は続いているようだ。

 

他方、この日は家族がらみの事件が二つ。

家族思いの眞鍋さんには胸の痛む話題。

老老介護の果ての傷害事件は、心中未遂だったらしい。

裁判員裁判で執行猶予付き温情判決が。
 

0909102_113
 
「家族同士の事件というのは被告への温情もありますけど、

その先のことをどうしても考えてしまいますよね」

仲睦まじかった老夫婦の今後に思いを馳せる眞鍋さんだった。

 

恥ずかしながら、歌手・渡辺はま子さんと

フィリピンの戦犯収容所死刑囚とのエピソードは知らなかった。

 

「私も知りませんでしたし、この時代のことは日本史の一部の

ような感覚になってしまっていました。

でも、元死刑囚の方も御健在で

あれだけしっかりと思い出を語ってらっしゃる。

これからほんとに(私も)

しっかりしていかなくちゃいけないなって思いました」

 

同感です。

御祖父様と同年代の人々の話だけに、

眞鍋さんも感じるところがあったようだ。

ドラマ化され、土曜日に「戦場のメロディー」として放送される。
 

0909102_150
 
多彩なプランニングで大好評らしいはとバス。

中には大人の社交場巡りなんてのもあって、眞鍋さん、

「夜のはとバス行ってみたいですね」

「一人で行くと

痛い勉強代みたいの取られちゃうかもしれませんけど、

はとバスの方がついてくださるなら安心かなって」

 

さすがの眞鍋さんも「ふらっと」行けるところではないらしい。

これも大人の眞鍋さんの社会勉強?

好奇心尽きない眞鍋さんだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眞鍋さん、美心、美貌、美脚に美爪をプラス?

眞鍋さんのネイルといえば、

月曜「DON!」でもきらりと光るものが。 

エナメルの輝きとは明らかに違う光沢。

あれを御覧と見詰める彼方に ・ ・ ・ 
 

0909101_003
 
やっぱりありました。

でもかなり控えめ。

眞鍋さんのブログと比べてみると ・ ・ ・ 
 

090910blog  

 

これはまた

強烈な存在感!

 

リップライナーに続く、

「女子力向上」

特別強化月間

が展開されてる模様。

 

 

 
すると美脚にも、

生足と思ったら星が輝いていたりするのだろうか?

 

それはそれでいいのだけれど、

やっぱり眞鍋さん、「素」の魅力には勝てなさそう。

何はさておき、

眞鍋さんは眞鍋さんという「人」そのものが一番の魅力だ。

 

でも、「ボロは着てても心は錦」って訳にはいかない。

内も外も美しく、美心あって美貌あり。

美貌あって美脚ありとくれば、

美爪だってあっていい。

 

もう一つ注目のファッションアイテムがあるのだけど、

そちらはもうしばらく様子を見ることにしよう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

真心眞鍋さんの「結婚相談所」

0909082_037
 
おーっと、眞鍋さん、照れくさそうな表情。

「シアワセ結婚相談所」に出演の眞鍋さん、

御尊父様が上京の折には携帯もつながらず、

彼氏とは一切会おうとしないのだとか。

 

理由はお父上を悲しませたくないから。

う~ん ・ ・ ・ 眞鍋さんらしい。
 

0909082_042
 
とても家族思いでお父さん大好き眞鍋さん。

携帯の待ち受けもお父上で着メロはお父上の弾き語り。

多少ネタっぽくはあるけれど、御家族の話をする時、

眞鍋さん、楽しそう。

 

お父上の前では彼氏の話は一切しない、

結婚もできるだけ先延ばしにしたい ・ ・ ・

でもテレビで楽しそうに喋ってしまってるし、

実は信頼関係、しっかりできてるんじゃないのかな?
 

0909082_051
 
今田さんのギャグにも大笑い。

心に引っかかるものがあったなら、

ここまで爆笑はできないでしょう。

 

「実はとても不器用な人ではないか」

名越先生、鋭い指摘 ・ ・ ・ と言いたいが、

状況によるのではなかろうか。

 

賢くて機転の利く眞鍋さん、

お仕事などで嘘をついても許される環境なら、

いくらでも器用に振舞えるし、

見事にいっぱい食わせることもある。
 

0909082_066
 
しかし、ひとたび真心の琴線に触れてしまうと、

小手先のテクニックの介在など許せない。

真心に嘘はつけない人だから、

誠実さが打算を押しのける。

 

信じられないほど真正直に

胸いっぱいの真心を決して惜しまない人眞鍋さん。

でも ・ ・ ・ 結婚もしていないし子供もいない人に

「理想の娘」なんて言われても笑うしかありません。
 

0909082_072
 
「お父さんの方から結婚していいよと言ってあげて下さい」

とか何とか呼びかけてもらった眞鍋さん、

「涙出そうになりましたぁ」

ホントに赤く涙目になって

「お父さんありがとう」

気が早い。

 

でも、余計なお世話だと思います。

落ちが決まったのはその証明。

眞鍋さんは「大丈夫です!」。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

さわやか眞鍋さんの女医姿CM

0909081_017

おやっ!眞鍋さんが白衣。

肩に聴診器、手にはカルテ(?)の女医姿に。

年齢的には研修医を終えて二年目くらい、十分アリなのだけど、

実際にこんな先生いたらびっくりだ。
 

0909081_003
 
「皆さん、車の調子はいかがですか?」

残念なことに診てくれるのは人ではないらしい。

それもそのはず、近畿地区自動車整備連絡協議会のCMなのだ。

だから「カードクター眞鍋かをり」。
 

0909081_029
 
「定期点検で早期発見、早期治療が大切です」

確かに、明らかにディストリビューターがイカレてると思われ、

すぐにエンジンが止まる車をやたらふかして

騙しだまし乗ってるオッサンが近所にいる。

ウルサイ。

 

「美しい地球の為にエコ整備」なんていうのも頷ける。

眞鍋さんのさわやかで清潔感のある雰囲気と

緑の背景もぴったりマッチング。

キレイ。
 

0909081_034
 
ということで、

「任せて安心黄色い看板の認証工場へ」

一服の清涼剤的眞鍋さんだ。

 

ちなみにこのCM、「詳しくはウェブで」と言うとおり、

同連絡協議会のwebキャンペーンのページでも見られる。

放送は午前7時から7時半の間(火曜日ABC、水曜KTV)。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

知らぬ間に成長見せる恋愛マスター眞鍋さん

0909072_012

ムムッ!眞鍋さん、恋愛マスターへの道を歩みだしたか。

恋人にされたら嫌な癖、行動を

男女に分かれて当てるというゲーム。

眞鍋さん、正解連発だ。

 

7日放送のスマスマでの一コーナーで、

臨時企画により放送延期となっていたもの。

当然、眞鍋さんも夏衣装に夏帽子。
 

 0909072_051
 
「アラサーなので分からないと」と言っていた眞鍋さん、

「喋りっぱなしで人の言う事を聞かない」と

嫌われる女性の行動第一位をいきなりヒット。

その余勢を駆って(?)、

「綺麗好き過ぎる」「ダイエットを気にし過ぎる」も的中。

 

「ハンバーガーのパンを片方だけ食べてもう一方は残す」

なんてエピソードには仲間の女性陣からも

「そんなことするの?」「ハンバーガーじゃないじゃん」

等ブーイングが飛んだけど、

眞鍋さん、実際にそれで怒られたことがあるらしい。
 

0909072_069
 
でも勝負は互角。

最後の一問に勝負がかかるとあって、

「エ~ッ!」・・・すかさず立ち上がる眞鍋さん。

リアクションが一番大きいのはいつもの元気印だ。

 

ここで眞鍋さん、「鏡ばかり見る」を当てて、見事勝利。

結局、6問中4問の正解を出してしまった。

恋バナといえば不幸話ばかりだった

3,4年前との格差に驚き禁じ得ず。
 

 0909072_007
 
不幸な過去の恋愛も

「自分がその程度の人間だったから」と自分に厳しい眞鍋さん。

ということは、これもまた人として成長した証か。

笑顔にも余裕があるような ・ ・ ・ 。

 

そう言えば、

眞鍋さんの笑顔が驚くほど優しくなったのは、

一年ちょっと前のことだった。

笑顔が成長の証なら、

さらにさらに美しく花を咲かせてくれること、

心から願うばかりだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

カワイクしっかり眞鍋さんの八面六臂

   0909071_083_4

とてもカワイイ今日の「おもいっきり」眞鍋さん。

左流れのおまとめヘアーも決まっている。

でもよく見るとかなり複雑。

一人では無理そう。
 
0909071_025  

ファッションもカワイイ。

エレガントに秋っぽさを入れつつ、

トータルとしては元気系。

 

インディアンブーツと

チビベストの取り合わせに

濃厚に出る眞鍋さんカラー。

 

秋眞鍋さんも楽しそうだ。

 

 

 
「おしえてDON」には浜内先生が登場だが、

目からうろこの料理術はやはり好評らしい。

スタジオからも「待ってました」の声が。
 

0909071_030
 
今日はそぼろ。

卵、鮭、鶏、鱈子の四品を

時間内に作り上げるという大胆な試み。

だが、若干不安な人が約一名 ・ ・ ・ 。
 

 0909071_062
 
だが、心配は要らぬと浜内巨匠、

「美味しく作るポイントが一つ二つ・・・三つ四つ」

「結構あります」

眞鍋さん、合いの手風ツッコミ。

 

鍋を中火にかけるが中の玉子には一切触らず、

少し固まってきたところで濡れ布巾の上へ、

ここで初めてかき混ぜる。

これを繰り返すのみ。
 

0909071_069
 
作業をスザンヌさんに任せ、鮭そぼろに取り掛からん ・ ・

が、その時、なにやら異音がっ!

なんだなんだと行ってみれば、スザンヌさん、

スイッチ切り忘れで警告音を鳴らしてしまっていた。

 

ムムッ、や、やはり ・ ・ ・ 

「任せられません」と中山秀さん。
 

0909071_072
 
しかし、ここからが眞鍋さんの真骨頂。

複数の作業を同時に進めながら右に左に行ったり来たり。

先生と中山さんが鮭そぼろを完成させている間に

眞鍋さんはスザンヌさんの元へ。

見事完成、めでたしメデタシ。

 

「実験のような」(徳光さん)料理教室、

今回も大好評の内に幕を閉じた。
 

0909071_128
 
「マグロッ!」のコーナーは「私の芸能スクープ」。

「『空耳アワー』に採用されたことがありますっ!」

眞鍋さんがあかす笑いのキャリア。

 

では、これはどうだ!

眞鍋さん17歳の時、地元貸衣装屋「ユニオン」の

ローカルCMに出演していたっ!!

 

 ・ ・ ・ と言っても

 

「眞鍋かをりのココだけの話・・・といろんなはなし」

に書いてあるんだけどね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

8.27「ミヤネ屋」眞鍋さんの詳細

8月27日放送の「ミヤネ屋」眞鍋さん。見落とした方も多いようなので、眞鍋さんの発言を文字におこすことにした。

 

まずは冒頭、大田アナの紹介を受け

「よろしくお願いしますぅ~。もう一度呼んでいただけて嬉しいです」

宮根キャスターは今週休みと聞いて

「なんか新婚さんだからどっか行っちゃってんのかなぁって思ってたんですけど、宮根さん」

「そういう噂もあります」

「ありますね~、いいですね~」

「こんなに早く再開できるとは思っていませんでした」と大田アナ。

「嬉しいです。有り難うございます」

 

酒井法子さんの薬物事件について詳しいVTRが流れた後、大田アナ、「ショックが大きかったんじゃないですか」と眞鍋さんに。

「そうですね、全ての行動が裏目に出てらっしゃるような気がして・・・一つひとつがイメージと違うのでショックなんですけど・・・世間の風当たりってどんどん冷たくなってるじゃないですか。やっぱり、これから外に出てきた時、裁きを受けてからかどうなのかは分からないですけど、それが彼女にとって一番の罰になってしまうと思うので、そんなに自らどんどん重くしていかなくてもいいのになって思います」

「真実を話して裁きを受けてからという事になりますよね」と大田アナ。
酒井被告が反省の言葉を語り始めたのはこれから一週間後のことだった。

 

「芸能界に闇の部分があるんだという認識が広がってるのは事実ですよね」と大田アナに振られた眞鍋さん

「これだけ大きいニュースになっているのでイメージとしてはそうかもしれないんですけど、どうなんですかね、一般の人で薬やってる割合とかと照らし合わせてみると、決して芸能界が汚染されてるっていう訳ではないと私は思うんですけどね」

お隣の経済評論家・池田健三郎さんも「社会全体にかつてないほど薬物が蔓延している」と現状を指摘した。

過去10年間に芸能人・著名人が起こした薬物事件は約70件。薬物事件全体の1%にもならず、押収された薬物は10万分の一にも届かない。だが、数は少なくても大きなニュースになる。社会的影響力の大きさから見せしめ的に利用しようとする流れが政府や捜査当局にもあるように見受けられる。

芸能人狙い撃ちの捜査がその後も続いているが、「自分たちには関係ない別の世界の話」という間違った理解を植えつけている傾向もあり(当方の周囲で数人からこの種の発言を耳にした)、必ずしも反面教師とはなっていないようである。

 

話題は押尾被告に移り、保護責任者遺棄致死罪には問われないことに大田アナ、「一般的感情として、最終的に人任せにして部屋を出ていった訳ですよねぇ」と疑問を提示。
眞鍋さんは

「すぐに119してくれたら助かったんじゃないかなって思ってしまいますし、それで(罪に)問われないっていうのは、どうしてそういう事になってしまうのかなって疑問ですけどね」

また、保釈中も仕事自体は出来ることについて

「保釈中でもいろいろできちゃうんですね・・・事務所も解雇されてますよね。だから立場上はもうタレントさんではないと思いますし・・・」

眞鍋さんの疑問に城下リポーターは「どうしてもやろうと思ったら自費でレコーディングなどはできるかもしれないが、現実問題として、依頼が来ることはありえない」
公判の準備に終われてそれどころじゃないだろう。

「今、事務所に入ってないじゃないですか。保釈された場合、やっぱり、会見というのはないんです・・・よ・・ね」

公判への影響もあり、保釈中は何も喋れないのが実情だ。

「暗いニュースばかりでスイマセン」と言う大田アナに眞鍋さん

「ホントにクスリばっかりですね~(笑)、こういうことがあると芸能界って怖いなって思われちゃうと嫌だなっていうのはありますね」

 

後半はがらりと変わって40歳以上が選ぶ慰めて欲しい女性有名人ランキング。オッサン連中は言いたい放題だ。
これに対し眞鍋さん。

「バカですねぇ~皆さんホントバカ」

「アホでしょ?」

「アホですわぁ~・・・でも、ランキング見ると、凄く清楚なイメージの方が多いですね」

8位から10位は相武紗季さん、松嶋奈々子さん、新垣結衣さんの順。しかし、「どうですか」と振られた池田さんは

「それは眞鍋さんでしょう」

「有り難うございます」

「僕があとで言うつもりだったんですよ」(大田アナ)

「慰めますよ、何かあったら」

 

また、「膝枕」への要望が多いことについて眞鍋さん

「意外ですね~、全然その魅力が分かんないんですけど、いーんですか、膝枕って」

「子供に戻るという母性本能あたりを(求める意識が)働くのかなぁ」と岩田公雄・YTV解説委員が言うと眞鍋さん、

「参考になりますぅ~」

「眞鍋さん、甘えられるのってどーなんですか」(大田アナ)

「私、甘えられる方が好きですね。いつでもどうぞ」

両手を差し伸ばされた大田アナ、「ボクですか!」とびっくり。
「軽く奇跡が起こる感じがあったんですが」に眞鍋さん、

「その代わり後できっちり請求書送りますんで」

「有料ですか」と大田アナがっくりのオチがついた。

 

ランキングの方は6位に吉永小百合さんが。
これに眞鍋さん首を傾げます。

「2位か1位だと思ってたんです、私は。(上位3人は)誰なんだろう?吉永さんが6位だったから、もう分かんなくなりました」

この時池田さんから「オッサンは若い方が好きなんだよね」と影の声。これが当たらずとも遠からずの結果に。
1位は小泉今日子さんを抑えて安めぐみさん。
著名人では森永卓郎さんが推薦の弁。
そして眞鍋さんは、

「分かります。安ちゃんのほわ~んとした雰囲気っていうのはすっごいカワイイし・・・私、森永さんに『サインして』って鍋持ってこられたんですよね、眞鍋の鍋ってことで。私は安ちゃんみたいにじゃなくて『なんスかこれ』って言っちゃったんで、そーゆーのがダメなのかなって・・・安ちゃんを見習って、『いいですよ。これで眞鍋のサインになりましたね』って言うことにします」

もっとも「あの方は特殊なケース」の声も。

真心眞鍋さんの優しさと思いやりの深さは底が知れないほど深いのだけど、カラッとして湿り気ゼロなので「場面」に遭遇したことのない人には想像つかないかもしれない。

また、世の疲れたお父さんたちへの感想を求められ

「そうなんですねぇ、ちょっとこっちで涙出そうになりましたもん、可愛そうなお父さんたくさんいて」

 

また、番組では大学生新人ライフセーバーの夏が紹介され、行楽客を前にしながら自らは厳しい訓練に励む姿に眞鍋さんも感心。

「エライですねぇ。普通、大学生なんて夏休みアホみたいに遊んでるじゃないですか。そこを『人の為に』って、偉いですよね」

そして話題の映画「20世紀少年」については

「1,2を観て3はまだ観てないんですけど観たいです。原作の浦沢さんに画集にサインとかもらっちゃったりして凄い役得でした」

雑誌連載で対談した時のことか?
この後、番宣もあったけど、既に放送終了しているので省略。

「2回目にしてとてもリラックスしてできました」と締めくくった眞鍋さんだった。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

眞鍋ワールド全開の「ココだけの話・・・といろんなはなし」

Img019_2

「・・・といろんなはなし」ってナンダロー?

なんて思っていたが、いざ手にとってみると、

これはまた抱腹絶倒、瞬きする間もない面白さだ。

 

「写真で見る眞鍋's History」

スペシャルとしての「in 韓国」にはロケ写真40枚。

「ココだけの話」にも随所に「まなべのもう一言」が。

 

お気に入りグルメスポットや眞鍋的晩酌メニュー、

愛犬うめの部屋などの特設コーナーもちりばめられている。

そこには当ブログでも紹介した絶品焼酎、「れんと」も。

 

写真にも文にもウィットとユーモアが滲み出し、

眞鍋ワールドここに全開の楽しさ。

その反面、

「あの時こう言ってたのはこーゆー意味だったのか」

と今になって合点することもポロリポロリと見受けられ、

新しい発見もある。

 

当方だけかもしれないが、

ちょっぴりしんみりする箇所もあるのだが、

眞鍋さんはいつもどおり底抜けに明るい。

 

けれど勘違いしてはいけない。

眞鍋さんは明るいけれど、決して軽くはない。

きっとここからもその片鱗はうかがえるに違いない。

 

*:ちなみに眞鍋さんが最近愛用しているサングラス、

  韓国での撮影の際、免税店で買ったグッチだそうだ

  (インタのクリ様=やきぐりバンバンHP=)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久し振りにコンビプレーも~「そこんトコロ」の眞鍋さん

0909043_002

「そこんトコロ」に登場の眞鍋さん。ゴブリンシャーク以来。

大橋アナとも久し振りの顔合わせだ。

この日も衣装はモノトーン、

下はレギンスの美脚系。

 

しかし、水に沈む木があるとは知らなかった。

備長炭の原料となる馬目樫(ウバメガシ)。

あれで船を作ったら、進水と同時に沈没する訳だ。

気を付けよう。作ることないけど。
 

0909043_023
 
眞鍋さん、備長炭の「備長」は地名と思っていたらしい。

備前、備中、備後は中国地方だが、言われてみたら、

「ビンチョー」ってなんだ?と思う。

鮪の鬢長とは字が違うし。

 

開発者が備中屋長左衛門というオッサンだったので

略して備長炭になったという説が有力だが、

ホントかどうかは分からない。

 

燃料として以外にもいろいろ使われている備長炭。

スタジオには備長炭を練りこんだラーメン、餃子が登場。

「炭っぽくない」と眞鍋さん、結構、箸が進んでいた。
 

0909043_060
 
でも、なんと言っても烏賊の沖漬けと肝和えがそそられる。

「アー、肝食べたい」と眞鍋さん。

要望に応えてスタジオにも出てきたが、

どうやって作ったのだろう?

 

烏賊はあれよあれよという間に身が白くなる。

透き通っているのは活烏賊だけだが ・ ・ ・ 

都会では限られた店でしか手に入らない。

だが、テレ東、上手く調達してきたらしい。

 

「下半期で一番」と言う清水さんに

「下半期始まったばっかりですよ」と眞鍋さん。

「うるさいなぁ~」の声にも見向きもせず、

烏賊をパクついていた。
 

0909043_040
 
最後にデザートとばかりにおはぎが出てきたが、

「おはぎ、牡丹餅のほかにもう一つの呼び名がある」

大橋さんの出題に、所さん、あっさり正解。

他局の番組で取り上げたらしい。

 

空気を呼んだか眞鍋さん、別の解答。

「さすが眞鍋さん、近いっ!」

全然近くないのに、大橋さん、上手く場をつなぐ。

思わぬところで出たM&Mのコンビプレーだった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

甘くなくても美味しくDON!と眞鍋さん

0909041_010
 
元気な「おもいっきりDON!」の眞鍋さん。 

今日の「おしえてDON!」は

家庭のパンが焼きたてパンに変身する技。

元祖アンパンの木村屋御曹司が伝授だ。

 

硬くなったパンに霧吹きで水をかけるのは以前からやっていた。

一番の難題はクロワッサンだ。

焼けばいいと分かっていても、トースターでは焦げやすい。

 

御曹司によると、

1)トースターはあらかじめ熱しておく

2)クロワッサンにも霧吹きで水をシュッ

3)30秒だけ焼いてしばらく置いておく

ナルホド。
 

0909041_018
 
「季節柄、鈴虫にも水を」

なんて言う中山秀さんに眞鍋さん、

「鈴虫とパンは気持ちちょっと変えましょう」

同じ水でも「気持ち」は大切なのだ。

 

だが、テーブルの上にはメロンパンの姿も。

「アレはどうするのだ」と思っていたら、やはり同じ質問が。 

0909041_024
 
御曹司の答えは「そのまま」。

秘技を期待していたスタジオ総員ズッコケ。

要するに「どうにもならんので早く食え」ということらしい。

言われてみりゃ、確かにそうだ。
 
0909042_022   
今日の眞鍋さんは脚長系。

モノトーン基調は変わらず。

 

でも、パンツルックでも

やっぱり美脚。

やっぱり8頭身。

 

勿論、

急に頭がデカくなったら

おかしいのだけど。

 

 

一方、中継先の山本高広さん、蟹チャーハンを食べながら、

「この蟹の甘い香り、優しい香りは、蟹業界の眞鍋かをり」

隣のエド・はるみさん「甘ーい」
 

0909042_020
 
「エッ!私?」なんて驚いてたワイプ窓の眞鍋さん、

「甘いかなぁ~」。

優しいのは間違いないけど、人には甘えない眞鍋さん。

甘いかどうかは微妙だと思います。

 

ところで、うどんと花が好きな丸岡キャスター、

なんと猫が苦手なのだとか。

森永卓郎さんに本番中にサインを頼まれ、

渡されたのが一味唐辛子入りの小瓶。

 

「いずみ」と「一味」をかけたらしいのだが、

「本番中なので」と森永さん、

ミヤネ屋で釘を刺されていた。

こちらはいろんな意味で「辛ーい」。
 

0909042_065
 
「酔っ払って交換した知らない人のアドレス、

いっぱいあるのでリニューアルしたいです」

開けっ広げ眞鍋さんの仰天告白。

イタズラされたら甘くはないぞ。

 

そう言や、「DON!」ももうじきリニューアルだね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眞鍋さん、メーテル帽で極寒旅?

「メーテルのような帽子をかぶって冬に行くのもいいかなあ」

って、眞鍋さん、お正月休みにでも行くつもり?

H.I.Sかをりのブログによると、樺太行きの飛行機は月木金。

眞鍋さんの生放送スケジュールを狙い撃ちの意地悪フライトだ。

 

しかし、1月となると、メーテル帽では済まなさそう。

冷え性の眞鍋さんだから、

防寒服に大量のカイロが必要ではなかろうか。

でも、天候に恵まれたら大丈夫かも。

 

「DON!」でも一緒のますおか岡田さん、

この冬、間宮海峡を徒歩で横断するらしい。

何時のことか分からないけど、

下見をしてもらうのもいいかもね。

 

メーテル帽の眞鍋さんも見てみたい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツッコミ小ボケ取り混ぜての眞鍋さん「やきぐりバンバン」

エコで冷房控えめの昨今、設定温度18度の人がいるとか。

「アラスカか」 ・ ・ ・ 眞鍋さん、タカトシ風ツッコミ。

眞鍋さん差し入れの抹茶クッキーで

「飢えをしのぎながら」の「やきぐりバンバンコンマ 3」だ。

 

この日の「大人の事情動画」は御三方の足元映像。

「眞鍋さん、生足セクシー、ちょっとサービスショットを」

西川さんの振りに眞鍋さん、

「パラ~ ・ ・ ・ スカートと思いきや、パンツですっ!」

 

指先が出たショートな夏ブーツの眞鍋さん。

確かに、一見スカートに見える。

番組HPで見られるが、「サービスショット」は10分あたり。

「落ち着きがない」と自覚するだけあって、じっとしてません。

 

「出品祭りじゃ、わっしょい!」

威勢のいい眞鍋さんの掛け声で登場したのは

tetsuさんのプロポ ・ ・ ・ だけ。

ラジコンのリモコンなのだが、西川さん、笑いが止まらない。

 

「ええねんけど ・ ・ ・ 本体がないのよ」(西川さん)

「どこ行ったの?ヘリコプター」(眞鍋さん)

「何でヘリコプター限定?」(tetsuさん)

「これで成立してるの?ヘリコプターなくても」(眞鍋さん)

「だからなんでヘリコプター限定なん?」(tetsuさん)

 

眞鍋さん、天丼です。

ただ、ヘリコプターではなくラジコンカーに使用していたもの。

周波数を合わせれば他にも使えるので成立しているらしい。

オークションスタート価格は「100円」。

「そらそやろ、そうしてあげて」と西川さん。

 

その西川さんの出品は上質なリュック。

PCを持ち運ぶ為に使用していたそうだが

「超キレイ」と眞鍋さん。

上記HPに写真とコメントが掲載されている。

 

さて、西川さんとtetsuさんは誕生日が続くらしい。

「うまい棒千本ずつ送ります」(眞鍋さん)

「いらねーっ!」(西川さん)

「お金で手に入るもんは全て手に入れてるからね」(tetsuさん)

「ちゃうやん!あのぉっ ・ ・ ・ 」

 

西川さんの抵抗虚しくお開きとなった賑やか30分でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

マイルドに追及冴えた「とくダネ!」党・眞鍋委員(?)

0909031_080
 
もはや恒例、木曜朝の眞鍋スマイル。

だがっ!笑ってばかりはいられない。

今朝の「とくダネ!」には

次期政権をになう民主党の論客、馬淵澄夫政調副会長が登場。

賛否渦巻く高速道路無料化マニフェストを論じようというのだ。

 

流石に環境への影響、財源問題などでも基礎データを揃え、

理論武装に破綻は見られない。

さしもの小倉さんも「ナルホドな」と唸らせてしまうほど。

「一つ疑問に思ったんですけど」と切り出したのは眞鍋さん。

以下、委員会審議風にデフォルメして書くと ・ ・ ・ 
 

0909031_032
 
集中豪雨による東名断裂で

大きな影響が出た事を指摘した「とくダネ!」党・眞鍋委員、

「高速道路に依存する割合が高くなると、

もしもの時に被害が大きくなるのではないか」と質した。

 

これに対し馬渕大臣(仮定)は、

「日本の大動脈であり、保守安全に関しては万全を期す」と答弁。

しかし、眞鍋委員は

「その時の為にも他の交通機関も重要であり確保しておく必要が

あるのではないか」と厳しく追及。

馬渕大臣は

「交通弱者といわれる人たちの為の公共交通機関は

改めて全体の施策の中で考えていかなければならない」と述べた。
 

0909031_053
 
実際はずっと和やかな雰囲気で、

眞鍋さんも最後は「お願いします」と微笑んだのだが、

眞鍋さんが言いたかったのはフェリーなど海上交通路を

如何に両立させるかということであろう。

 

さしもの馬渕代議士も、この点に関する検討は

まだ十分なされていないと感じた。

国の危機管理にも関わる問題であり、

本物の国会でも必ず追及されるだろう。

 

コメンテーターによってはとことん追い詰めたかもしれないが、

「改めて検討」の答弁を引き出したところでとどめたのは

眞鍋さん的見識だろう。

粘っても、あの場ではあれ以上の答は出せないだろうし。

 

だが、何が何でもがむしゃらに無料化を推し進めるのではなく、

社会実験を行って実際の渋滞状況などを調査し、

段階的に実施すると言う。

 

確かに、仕事での移動に新幹線なら数時間のところ、

倍以上の時間をかけて車移動する人もいないだろうから、

ウィークデーでどうなるかはやってみないと分からない。

実施の道筋が明らかになったことは収穫である。
 

0909031_098
 
一方、性犯罪で初の裁判員裁判、

被害者の氏名、住所を明かさないなど

被害者に配慮した工夫がなされていたらしいのだが、

 

「男女で性犯罪の受け止め方は凄く違うと思うので、

女性の裁判員が一人だったというのは

ちょっと納得いかないですね」

 

眞鍋委員の追及は続いたのだった。
 

0909031_103
 
不景気の間隙を縫い、

新たなブランド戦略が賑わいを見せているらしい。

 

キットソンと言われても小倉さん同様「知りません!」

と答えるより他ないが、眞鍋さん曰く、

「安すぎるのは厭だけど、高いのもなぁ~っていう

いい感じのライン(価格帯)を突いている」

 

お手頃価格でも「キットソンだから」という安心感があって

「きっと損」ではないらしい。
 

0909031_149
 
おーっと!眞鍋さん、岩上さんとダブルでA型君肩乗せっ!!

やっぱり頭は(滑って?)無理と判断したか。

それにしても眞鍋さん、

ホントに場の雰囲気をなごませるの上手です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

風を切って駆け抜けろ、眞鍋さん!

ヤヤッ!眞鍋さん、珍しく弱気かっ!!

「大殺界か」なんて明治神宮で厄払い

厭なこと忘れるは得意科目だったのに。

これはいけない。

 

でもまぁ、明治神宮の空は雲少しある青空。

綺麗なものではないか。

「天高く馬肥ゆる秋」だしね。

旨いもの食って旨い酒飲めばからっと元気の眞鍋さんだ。

 

もっとも「天高く馬肥ゆる秋」とは、

「秋になったら騎馬民族がやってくるし気をつけろ」

というのが本来の意味だったらしい。

中国北部で生まれた格言か。

 

でも、日本に騎馬民族はいない。

むしろ眞鍋さん自身が凛々しく馬上の人となり、

風を切って大地を駆け抜けよう。

風に乗って、声援の声も聞こえてくるはずだ。

 

そう言えば、JRA-VAN広場で眞鍋さん、

乗馬服姿を披露していたな。

ってことはあながち妄想でもない。

眞鍋さん、乗馬でも始めません?

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

行けたらいいね、眞鍋さんの樺太行き

「樺太に行くにはどうしたらいいですかね」

眞鍋さん、突然のサハリン行き希望。

H.I.S.かをりのブログでのこと。

ニッポントレジャーではぐっと近場の埼玉に出かけていたけど、

サハリンとはこれまた遠い。

 

しかし樺太は、御祖母様の出身地。

御祖父様も働いておられた所。

いつか一緒に行こうと約束していたのだとか。

果たせなかった約束を果たす為、

眞鍋さん一人でも行こうと考えているらしい。

 

しかし、観光地ではないし、通訳、ガイドはいるのかな?

我が父はロシア語の通訳だったけどもういないし、

私も少しはかじったが、この身体では足手まとい。

勿論、頼まれもしないだろうけど、役にもたたん。

でも、行けたらいいな、眞鍋さん。

 

物には執着しないけど、心はとても大切にする眞鍋さん。

亡くなられた方への深い思いを北の大地に開放して欲しい。

3.5日くらいしか休みは取れそうにない眞鍋さんだけど、

不可能ではない気がする。

 

是非、行ってきてください!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外な反響もあった8月検索アクセス

9月になった!

と言うことで、8月の当ブログ検索アクセスを眺めてみると

1:眞鍋かをり 美脚
2:やきぐりバンバン
3:おもいっきりDON!
4:ぷっすま風船割り
5:アーカー・蝶のネックレス
6:とくダネ!
7:メガスポ
8:がっちりマンデー・七福タオル
9:ミヤネ屋
10:アバンギャルド壁紙

単純に数字の多い順に並べるとこうなるのだが、

画像アクセスやアクセス元などを鑑みて補足してゆくと、

 

1:眞鍋かをり 美脚

2:やきぐりバンバン

3:メガスポ

4:おもいっきりDON!

5:ぷっすま・風船割り

6:がっちりマンデー・七福タオル

7:とくダネ!

8:アーカー・蝶のネックレス

9:ミヤネ屋

10:アバンギャルド壁紙

 

このあたりがより実像に近いのではないかと思う。

「美脚」「メガスポ」に関しては

既に別記事に書いたのでここでは省略。

 

「やきぐりバンバンコンマ3」は相変わらずアクセスが多い。

放送地域が限られているせいもあるだろうけど

西川貴教さんのツッコミとtetsuさんのボケに

眞鍋さんが絡むトリオ漫才はますます息が合っている。

 

0907131_090  

「おもいっきりDON!」でも

眞鍋さんは相変わらず元気。

 

ただ8月に関して言うと

やはり注目は薬物汚染。

このアクセスが多かった。

 

240㎏もの薬物が押収され、

「ドラッグのコンビニ」

なんてものが摘発される今日。

眞鍋さんが強調していたように、

他山の石と傍観できない問題であることは明らかだろう。
 

0908051_080
 
「ぷっすま」の眞鍋さんはいつもパワー全開。

この「伝説のダイブ」で、もし風船が割れていたら、

と思うと割れなくて正解だったかも。

 

風船の割れる音が大の苦手なのに、

ここまでやってしまう眞鍋さん、

取り敢えず凄い。
 

0908161_058
 
「がっちりマンデー」で

眞鍋さんが遊んでいるのは愛媛今治の七福タオル。

放送直後から300以上のアクセスがあったもの。

ただ、他サイトを経由してのものが多かったので、

単純な検索数にはカウントされていなかった。

 

ジストロフィーの進行により、

力を込めて拭くことができない当方、

通販での購入を検討している。
 

0908061_049
 
意外なことに、薬物事件に関しては

「とくダネ!」検索はさほど多くなかった。

もう一つ意外なことには、画像検索も多い。

 

よく分からないが、

十分に裏取りできていない情報には安易に飛びつかず、

取材と検証を積み上げるこの番組の見識は

評価されてしかるべきだろう。

面白ネタをどこかから探してきて

閑話休題とする努力も頭が下がる思いだ。

 

アーカーの蝶のネックレスは、

上に掲載した写真でも眞鍋さんが着用しているもの。

ずーっと検索され続けているのだが、

これも一つの不思議である。

 

「ミヤネ屋」は当日まで出演がキャッチできていなかったもの。

見落とした方も多かったのではないだろうか?

それならば眞鍋さんの全発言を

そっくり掲載しても良かったかなと反省している。

 

「ぱちんこアバンギャルド」も終了から丸一年。

時系列が曖昧になりやすいネットの影響を感じる。

 

いずれにせよ、今回の選挙結果を見ても

ネットで声の大きい人が

必ずしも世論を反映している訳ではない。

上の統計も、あくまで当ブログに限ったほんの一断面に過ぎない。

ある部分を切ってみたらこう見える、程度のことである。

それを承知していれば、

「こんなこともある」程度の参考にはなるだろう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »