« かすれ声でも笑顔は健在の「とくダネ!」眞鍋さん | トップページ | 美脚にも「おもいっきり」のメリハリ効かす眞鍋さん »

2009年8月21日 (金)

オットコマエ眞鍋さんのギャグ演出

眞鍋さんが横山光輝著「三国志」の愛読者

とはよく知られた話だが、この度、その全25巻を

なんとオークションに出品してしまった。

やきぐりバンバンHPに写真も掲載されている。

西川貴教さん曰く

「眞鍋かをりの歴史が刻まれている」のだとか。

 

その勢いをかってか、眞鍋さん、番組中の画伯コーナーで

「歴史上の一場面とか画きましょうよ」と提案。

「建物の絵だと個性が出にくい」からだとか。

と言うのも、この日の御題は「タージマハール」。

シャージャハーンが先立った愛妻を偲んで建設した

壮麗な白亜の廟である。

 

「先っぽしか分かれへんわ」と悩むtetsuさんに

「それスライムや」と突っ込む西川さん。

だが、正解を提示された後、せっせと画き直したらしい。

「模写はダメですよ」(眞鍋さん)

「できたーっ!」(tetsuさん)

「なんですかその達成感」(眞鍋さん)

 

眞鍋さんの突っ込みも容赦ないが、

男性陣の眞鍋さんへの信頼は相当なもの。

下ネタを振っても引くことなく

「かぶせてくれるもんなぁ~」(tetsuさん)

それがあっての突込みだ。

 

作品は前出HPに動画配信されている。

オスマン朝とは一味違ったイスラム様式を

正確に捉えているのは西川画伯。

tetsu画伯のそれは「高槻のラブホ」(西川さん)

との評もなるほどと思わせる。

 

さて、眞鍋さんはというと ・ ・ ・ 

オオッ!ワンピ姿の超美脚っ!!

画よりこっちの方がずっと美しい。

先週の「大人の事情動画」でも11分付近で、

美脚全開のサービスショットを見せてくれたのだけど

やはり ・ ・ ・ 「鬼に金棒、眞鍋に美脚」である。

 

でも、タージマハルが何故か笑顔なのが笑える。

「大人の事情」で顔が出せないので、

眞鍋さん風のこれもサービスか?

左手で胸を隠しているのも

眞鍋さん風のギャグ(服着てるのにね)。

 

男目線で自分を演出してしまうところ、

やっぱり眞鍋さんオットコマエ?

 

|

« かすれ声でも笑顔は健在の「とくダネ!」眞鍋さん | トップページ | 美脚にも「おもいっきり」のメリハリ効かす眞鍋さん »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オットコマエ眞鍋さんのギャグ演出:

« かすれ声でも笑顔は健在の「とくダネ!」眞鍋さん | トップページ | 美脚にも「おもいっきり」のメリハリ効かす眞鍋さん »