« 「おもいっきり」ギャグはマグロより「マナベッ!」 | トップページ | 全力投球、表情たっぷりの「お試し」眞鍋さん »

2009年7月14日 (火)

真心とバランス感覚~「アレ今どうなった?」の眞鍋さん

眞鍋さんが出演したNHK「アレ今どうなった?」

テーマは性同一性障害者の性別取り扱い特例法。

心が先か、肉体が先か ・ ・ ・ 難解な問題である。

こねくり回すと唯心論か唯物論かの

哲学的世界観にまで広がってしまいそうだ。

 

法改正は現実に合わせて行われてきた。

「障害」ではあるが障害は障害として認めよう ・ ・ ・

政治は哲学論争の場ではないから現実的なスタンスだ。

0907141_008
 
眞鍋さんが指摘したように、

同性結婚は同性愛に由来するもので、

性同一性障害とは無関係に認める国が現れてきた。

 

古代ギリシャ以来、同性愛はプラトニックラブ

として認める文化が一部の国であったからだろう。

日本でも戦国武将の間で流行った美童趣味などは

その一種かもしれないが、あまり一般的ではない。

そもそも、美童趣味の一方で側室を大勢囲んで、

かなりの女好きでもあったりする。

 

両刀使いも認めようなんてことになったら、

性犯罪に利用されかねない。

「女です」と言いながら都合のいい時だけ男になられたら

 ・ ・ ・ これはやはり慎重にならざるを得まい。

性同一性障害に両刀使いはないはずだが、

それを正しく診断できるか否かの問題は残る。

 

ただ、文化の違いが、政治の対応を遅らせたことも事実であろう。

「無意識のうちに男か女かを区別して人を見ていた」

「世間の理解を広めることも大切」

眞鍋さんの発言は、

性同一性障害に悩む人々という現実を踏まえ、

その人達をいかに救済すべきかに的を絞っていた。

 

苦しんでいる人は助けなければならない

 ・ ・ ・ 眞鍋さんらしい真心と同時に、

さらに踏み込むと簡単でない問題が現れることも

本能的に察知していたのではあるまいか。

眞鍋さんのバランス感覚が感じられた番組だった。

 

|

« 「おもいっきり」ギャグはマグロより「マナベッ!」 | トップページ | 全力投球、表情たっぷりの「お試し」眞鍋さん »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真心とバランス感覚~「アレ今どうなった?」の眞鍋さん:

« 「おもいっきり」ギャグはマグロより「マナベッ!」 | トップページ | 全力投球、表情たっぷりの「お試し」眞鍋さん »