« 偉いぞ眞鍋さん(無理するな~) | トップページ | 眞鍋さんは夢幻のような現実 »

2009年7月 6日 (月)

眞鍋さん、重たいカキ氷に倒れる

0907061_011_2

鹿児島の巨大カキ氷「白熊」と言えば、

「ケンミンSHOW」にも登場した名物だけど、

「ガチ食いといえば眞鍋さん」とムチャ振りに応えた眞鍋さん、

「重たいんですよ」なんて不安(?)をのぞかせながら、

やってしまった。
 

0907061_012
 
でもって、こんなことに ・ ・ ・ 。

笑いを取りにいったのではなく、本当にきたらしい。

ムチャはいけません、眞鍋さん。

という訳での「おもいっきりDON!」だ。
 

0907061_017
 
気を取り直して「オイしい月曜日」。

いつもの簡単料理と打って変わって

豪華食材てんこ盛りの冷やし中華。

 

中国にはない和製中華のひとつだが、勿論、仙台発祥ではない。

揚子江飯店の林料理長が日本そばを真似て作ったのが最初。

横浜が発祥である(ついでだが、回転寿司は大阪の堺市発祥)。
 

0907061_038

最高級紅茶を胡麻だれに合わせ、

山形から取り寄せた麺に高級鮑。

「鮑の代わりにとろろ芋でもいいですよぉ~」と眞鍋さん。

それもまたいいけれど、鮑の肝の行方が気になる!

 

正直、肝があればあとは要らない派なので ・ ・ ・ 

ホルモン好きの眞鍋さん、魚介の肝はどうなのだろう?

どうでもいいことだけど。

 

どうでもいいついでに言うと、最近、

番組後半はチャンネルを回してしまうことが多い。

裏番組も頑張っていてなかなか侮れない。

それに加えて、どうもアンバランス感が目に付く。

 

夏目アナを売り出したい意図は分かるのだが、

力が伴っていないので、中山秀さん孤軍奮闘の図になりやすい。

それに対して、元々力のあるレギュラー陣は手持ち無沙汰気味。

手直しした方がいいような気がする。

 

|

« 偉いぞ眞鍋さん(無理するな~) | トップページ | 眞鍋さんは夢幻のような現実 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋さん、重たいカキ氷に倒れる:

« 偉いぞ眞鍋さん(無理するな~) | トップページ | 眞鍋さんは夢幻のような現実 »