« 眞鍋さんは夢幻のような現実 | トップページ | おやっと人柄にじむ「とくダネ!」眞鍋さん »

2009年7月 8日 (水)

素直にさわやか眞鍋さんの「ブレイク」

0907071_002
 
「キミハブレイク」に登場した眞鍋さん、

テーブル上に置かれたおかしな装置に

「気持ち悪いですねぇ」 。

 

映像を見て取り肌が立ったらこれでアピールする仕掛け。

その為に鳥肌を模したのだろうが、結局ほとんど活躍せず。
 

0907071_010
 
にも関わらず、訳の分からないことを要求され、眞鍋さん困惑。

何を言っているのでしょうか加藤浩次さん。

そーゆーことは5年前までの眞鍋さんに言いましょう。

(5年前でもちょっと違うけど)

 

でも、巨大な目の小さな猿には、期待通りの「かわいい~」。

夜間、身長の10倍もの距離をジャンプして虫を食う。

「バリバリ食ってんのにカワイイなんて言うな」と加藤さん。

どないせぇっちゅうねん!

 

ただ、夜中に虫を食って生き延びる姿は、

恐竜時代の哺乳類と同じ(と、推測されている)。

あれがなかったら人類もなかったと考えれば、

「カワイイ」も許されるのでは?

 

水族館で鮫を食ってしまった蛸などは

「まさかのミステリー」で見た映像だけど、

先端再生医療の進歩には驚き。

私の病気(ジストロフィー)でも、犬を使った遺伝子治療に

日米合同チームが成功したらしいが、

私に間に合うかどうかは微妙。
 

0907071_013
 
相変わらず表情がとても素直な眞鍋さん。

正直者丸出しの開けっ広げも眞鍋さんの魅力。

じめじめとした梅雨空の元、

アレンジしたお団子へアーと白い衣装が

清潔感とさわやかさを醸し出していました。

 

|

« 眞鍋さんは夢幻のような現実 | トップページ | おやっと人柄にじむ「とくダネ!」眞鍋さん »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

眞鍋さんとは関係がないコメントで申し訳ないのですが、
私も最先端医療に期待してます。
私の場合は身体障害ではではなく、治りつつあるも精神障害です。
精神障害は、患者本人に考え方の偏り等がありますが、本人が気づいてないのが現状です。
私も心理療法で、考え方が、少しずつ改善されつつあります。
でも、自分のおかしな所に気付くのは、治った後に気づく事がほとんどです。
私の病気も、かなりの時間が必要です。

投稿: まめタン | 2009年7月 8日 (水) 22:26

必要な時間は短縮できませんから、のんびり構えるしかありませんね。

投稿: KenNagara | 2009年7月 9日 (木) 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素直にさわやか眞鍋さんの「ブレイク」:

« 眞鍋さんは夢幻のような現実 | トップページ | おやっと人柄にじむ「とくダネ!」眞鍋さん »