« 視聴者目線で脈絡を整理~水際立った眞鍋さんの討論 | トップページ | 真心の深さだけ突出してます眞鍋さん »

2009年6月22日 (月)

魅せる眞鍋さんの七変化

0906221_006

今日の「おもいっきりDON!」は「おいしい月曜日」。

イタリアンの片岡護シェフの登場だが、このシェフ、

なんとも肩の力が抜けていて力みがない。

だから、と言う訳ではないだろうが、

最初のメニューは「卵かけご飯」。
 

0906221_015
 
「ナヌッ !? 」「そんなん誰でもできるわい」

轟々たるブーイングの嵐に身じろぎもしない眞鍋さん。

なんと卵に大量のパルメザンチーズを投入するのだ。

旨味成分の量を昆布と比較し、遜色ないと胸を張る。
 

0906221_024
 
だが、威張らない片岡シェフ、眞鍋さんの手元に残った針生姜

 ・ ・ ・ 「いつ入れてもいいんですよ」

と言いつつ「忘れてました」

眞鍋さんも思わず脱力笑顔だ。
 

0906221_026
 
生放送なの火力が ・ ・ ・ 

あくまで自然体の片岡シェフに替わり、

眞鍋さんと秀さんがハンドパワー でお手伝い。

その甲斐あってかどうかは兎も角、時間内になんとか完成。

 

だが、チーズ入り溶き卵を熱々ご飯にまぶし、

半ば火を通すカルボナーラ風リゾットは、確かに旨そうだった。
 

  0906221_042_2
 
いつもは機敏に先生のミスをカバーする眞鍋さん。

この日は「ちょっと真面目すぎましたかねぇ」と反省の弁。

なに、ちょっと先生の力みのなさにつられただけでしょう。

誰でも作れる美味しい簡単料理、楽しく紹介してくれました。
 
0906221_046  

 

この日の眞鍋さんはオーバーオール。

たまに目にする衣装だけど、

脚長8頭身の眞鍋さん、

パンツ系も良く似合う。

 

眞鍋さん超美脚は伝家の宝刀、

決して生脚だけではない。

いろんな見せ方、魅せ方がある。

 

 

 
ところで曜日違いレギュラーの吉田沙恵子さん、

名前が小江子に変わっていることに、今頃気付いた。

ついでに1972年に「高度経済成長を迎えた」って ・ ・ ・ 

誰が原稿書いたのか知らないけど明らかな間違い。

高度経済成長は1950年代後半、「所得倍増計画」に始まり

1973年のオイルショックで幕を閉じたもの。

1年で終わってしまっては「成長期」にならない。
 

0906221_049
 
地元愛媛で280円の学生ラーメンに

「お世話になりましたぁ」と眞鍋さん。

1972年当時なら150円くらいだったはず

 ・ ・ ・ 関係ないけど。

 

さて、NHKでは知的能力の高さを思い知らせた眞鍋さん。

バラエティーの眞鍋さんは相変わらず楽しく元気。

さて、次はどんな魅せ方をしてくれるのだろうか?

期待して待つ!

 

|

« 視聴者目線で脈絡を整理~水際立った眞鍋さんの討論 | トップページ | 真心の深さだけ突出してます眞鍋さん »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021797/30227831

この記事へのトラックバック一覧です: 魅せる眞鍋さんの七変化:

« 視聴者目線で脈絡を整理~水際立った眞鍋さんの討論 | トップページ | 真心の深さだけ突出してます眞鍋さん »