« 遠慮しない眞鍋さんのツッコミ炸裂 | トップページ | 目指せ!涙と笑いの二刀流 »

2009年5月10日 (日)

さりげなく じんとさせます 眞鍋さん

ちょっと遡るけど

まぼろし生ロールぅ」の眞鍋さん、なんでまた

床にしゃがみこんでケーキ食べてるのかと思ったら、

要するに、カメラの高さに合わせていたんだね。

テーブルの上かどこかに乗せておいて。

 

今さらながら気付いたこと。

我が家に残る数十年前の蛍光灯みたいに。

 

でも、胸にじんと来るものを感じてしまう。

 

眞鍋さん、自己表現がある意味、他人目線。

自分には厳しいのに、他人のことになると一生懸命。

「キレイな私を見てっ」というより、

おいしかったこと、楽しかったことを

何とか伝えたい、分けてあげたいと言う気持ちが優先。

(ヘアスタイルなんかどう見ても未完成だし)

 

一年で最も忙しい年末に、年賀状を手作りして

手書きで一枚ずつ宛名書きしてメッセージ添えて投函したり、

うっかり漏れてしまった人には

プレゼントとお詫び状を添えて送ったり ・ ・ ・ 

誰も見ていない、カメラも廻っていないところでも

真心いっぱいの眞鍋さん。

 

「笑わせたいのかな?」

などと最初は思った不自然なポーズにも、

一皮剥けば、眞鍋さんの真心が詰まっている。

悪い頭を巡らせて懸命に検索してみるのだけれど、

これほどまでに心の温かな人はどうしても見つからない。

真心眞鍋さんは、唯一無二の人。

 

たまにブログでぼやいてるから、

「落ち込んでるのかな?」と思ったら、

実はけろりとしている。

別に開き直ってる訳でも、

力み返って見栄張ってるのでもなく、それが自然。

強いけれど硬くはなく、鞭のようにしなやかだ。

 

忘れることは忘れ、覚えることは覚えておく、

一種の記憶ろ過装置は人間誰にでもあるらしいけど、

眞鍋さんのそれは飛びきり高性能。

取捨選択の基準が真心なのだから、

心の美しさを失わない。

 

きっと強くなれるのも、

根底に優しさがあるからなのだろう。

 

|

« 遠慮しない眞鍋さんのツッコミ炸裂 | トップページ | 目指せ!涙と笑いの二刀流 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

眞鍋さんの優しさは、握手会の時に一人一人に声をかけてくれるので、うれしかったです。
でも今回はいろいろ事情が重なって、東京まで行けません。残念です。
もともと、土日連休をとるのが難しい会社な上に、別の事情まで重なってしまってます。
テレビでも見て楽しみます。

投稿: かずちゃん | 2009年5月10日 (日) 19:21

私も一緒です。

投稿: KenNagara | 2009年5月10日 (日) 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さりげなく じんとさせます 眞鍋さん:

« 遠慮しない眞鍋さんのツッコミ炸裂 | トップページ | 目指せ!涙と笑いの二刀流 »