« 眞鍋さんがラジオと番組サイトで質問に回答 | トップページ | 優しく強く、少しは自分にも労わりを »

2009年5月24日 (日)

心の太陽・眞鍋さんは沈まない

ブログリニューアルから一ヶ月を過ぎ、

眞鍋さんのブログ更新も週5本ペースをキープ。

生なりアクションがヴィヴィッドに返ってくるところ、

活力にもなり、楽しんでもいる様子が伺えて嬉しい限り。

 

瞬眠癖によってあらぬトラブルはあったものの、

お仕事も好調をキープしている。

0905231_022_2
 
23日放送の「世界一受けたい授業」は、

髪を切る前だからちょっと前の収録だけど、

眞鍋スマイルは変わらず。

「CTスキャンで年齢が分かる」

いきなりかまされても余裕の笑顔。

0905231_032
 
一方、食道楽らしく、食べ物ネタには食いつきます。

焼いた後で油を吹きつけたノンフライ製法では

「中まで油が沁みていないんですね」。

善悪腸内細菌のバランスを保つ食事法では、

「納豆とかキムチとかの発酵食品も効果があるんですか?」

0905231_062
 
眞鍋さんと納豆はかつてタイアップもあって有名だけど、

「韓国料理最強」なんて言っていたから

キムチにも凝っているのか ・ ・ ・ 

取り敢えず、双方とも効果があると聴いて安心安心。

そう言えば、当方も胃潰瘍をヨーグルトで治したことがあった。

 

腸が免疫力の源なら、

インフルエンザ予防にも効果はあるはず。

免疫力の強い人はやっぱりかかり難いはずだから。

0905231_090
 
夏目漱石の子孫が芸能事務所社長、

自身もCMに出演中と聞いて眞鍋さん、ふんわり笑顔。

 

でも社会の先生はキモかった。

ついでに、「天守閣を最初に作ったのは信長」

は、まぁいいとしても、

信長の居城、安土城は「天守閣」ではなく「天主閣」。

信長の思想を表すものとしてしばしば取り上げられるので、

ここは正確にして欲しかった。 

 

しかし、自己中心思想とは縁のない眞鍋さん、

「天守」も「天主」も関係ないね。

民を照らす太陽なのだから。

 

|

« 眞鍋さんがラジオと番組サイトで質問に回答 | トップページ | 優しく強く、少しは自分にも労わりを »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

インフルエンザの予防方法

・栄養と休息を十分とる
体力をつけ、抵抗力を高めることで感染しにくくなります。

・人ごみを避ける
病原体であるウイルスを寄せ付けないようにしましょう。

・外出時の手洗いとうがいの徹底
手洗いは接触による感染を、うがいはのどの乾燥を防ぎます。

・適切な温度・湿度を保つ
ウイルスは低温、低湿を好み、乾燥しているとウイルスが長時間空気中を漂っています。 加湿器などで室内の適度な湿度を保ちましょう。

・マスクの着用
高性能マスクを着用し、インフルエンザウイルスをシャットアウト!
通常のガーゼマスクでは対応不可能!!

投稿: インフルエンザマスク | 2009年5月25日 (月) 17:25

本日のおもいッきり第2部の始め 後ろのギャラリーが見えるように1人だけ最後かがむとは。 優しさに機転がきいてます。

投稿: firstheart | 2009年5月25日 (月) 18:10

感染した人が他人にうつさない為だけなら普通のガーゼでも効果はあるとエライ先生はテレビで言ってました。空気感染なら意味ないですけど、インフルエンザウィルスは単独では存在し得ないと言います。故に飛沫感染なのだと。
なお、当ブログ、基本的に広告トラバ、コメントは受け付けておりませんので、以後御了承ください。

 
眞鍋さんのDONのポーズ、あれ以上姿勢を低くすると字幕に隠れてしまいますね。

投稿: KenNagara | 2009年5月25日 (月) 21:38

いつも話題溢れる情報と、素敵なコメントありがとうございます。
眞鍋さんが輝いて見えるのは、KenNagaraさんの功績が大きいと思います。
眞鍋さんが太陽に向かってすくすく育つ木なら、KenNagaraさんは大地の養分を吸い上げて、木を育む根っこな気がします。
これからも大変でしょうが、病気に負けず頑張って下さい。

投稿: #163 hiromi | 2009年5月26日 (火) 01:19

身に余るお言葉に赤面の至りです。

社長・・・いや、ひろみ様もレースと学業、頑張ってください。
年下なのに、私はもう出られません(夢の中ではフルカウンター切ってますけど・・・ハコなので)。

投稿: KenNagara | 2009年5月26日 (火) 01:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心の太陽・眞鍋さんは沈まない:

« 眞鍋さんがラジオと番組サイトで質問に回答 | トップページ | 優しく強く、少しは自分にも労わりを »