« ふっくら明るい「おもいっきり」眞鍋さん | トップページ | 真っ直ぐ眞鍋さんの宝塚感動表現 »

2009年5月 5日 (火)

第3部が必要な「地球LIVE」

NHKのロケ弁は太巻き寿司だったのか ・ ・ ・ 

「立体生中継 地球LIVE」第1部と2部の間に

なんと駿河湾に浮かぶ船上からプロフィール写真更新。

それが海苔巻きを眼鏡よろしく両目に当てておどけたもの。

 

真面目な番組の合間にも茶目っ気を見せる眞鍋さん。

 

勿論、本番中は真剣だ。

NHKのこと、民放バラエティーほど自由な発言は出来ない。

しかし、さすがNHK、スケールがでかい。

国際宇宙ステーションとバハマから生中継。

 

バハマといっても街ではない。

地元の人間も滅多に来ないという広大な砂浜。

そんな何もないところから衛星中継できる設備と

それを運搬し、運用する技術を持っているところが凄い。

 

眞鍋さんは掘削船「地球」から出演だが、

どうやって乗船したのだろう?

「DON!」終了後、大急ぎで港に行って乗船したか、

それとも海上の船にヘリで着船したのか。

 

位置関係から見てどっちもありだが、ヘリの方がカッコイイ(?)

全長200メートルと言えば1万トン級巡洋艦と同等。

船幅と上部構造物から見て、もっと排水量は大きそうだから

海自のパイロットでなくても余裕で離発着できそうだ。

 

森と海、どちらも二酸化炭素を吸収してくれなくなったら ・ ・ ・

酸性雨だけでもえらい迷惑なのに酸性海なんてぞっとする。

だが、眞鍋さん力を込めて語っていたように

「どうしたらいいのか」が一番大切。

 

アメリカはイマイチ乗り気ではなく、途上国はもっと気乗り薄。

「先進国」がかつて犯した過ちの繰り返しを

あたかも権利のように主張する。

1960年代の日本のような公害の垂れ流しは他人事ではない。

 

「地球LIVE」には第3部が必要なようだ。

 

|

« ふっくら明るい「おもいっきり」眞鍋さん | トップページ | 真っ直ぐ眞鍋さんの宝塚感動表現 »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報2)」カテゴリの記事

コメント

 宇宙からみる地球は本当に綺麗でした。

 久々の休肝日も取れたようで、充実した日になったのではないでしょうか?

投稿: firstheart | 2009年5月 6日 (水) 04:09

船の中では夜更かしも出来なかったでしょうからね。

投稿: KenNagara | 2009年5月 6日 (水) 10:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3部が必要な「地球LIVE」:

« ふっくら明るい「おもいっきり」眞鍋さん | トップページ | 真っ直ぐ眞鍋さんの宝塚感動表現 »