« 無償の優しさと明るさと家族の絆~眞鍋さんが秘密にしない秘密 | トップページ | 投げやりな投槍 »

2009年4月12日 (日)

御案内したのにお忍びで行ける店

眞鍋さん、大阪泊りでひとりホテルで飲んでいるとか。

ひとこと言ってくだされば、

お忍びで行けて

プライバシーをしっかり守ってくれるお店を御紹介したものを

 ・ ・ ・ 考えたら、私が紹介する必要もないか。

 

どうやら眞鍋さん、

サンテレビ(独立系) の深夜放送を観てびっくりしたらしい。

私はABCで眞鍋さんが出演している「テラコヤ」を観ていた。

「レッドクリフ」の宣伝番組だけど、

0904121_011

周りがボケようとするので眞鍋さんボケられず、

一人まともに語る役回り。

 

三国志と映画も違うらしいが、史実と三国志も違う。

白髪三千丈的誇張は日本にも伝染していて、

源平の物語など人数百倍増し。

木曽義仲が牛に松明をつけて放したなどと言うのは

「火牛の計」をそっくりパクッた作り話。

 

三国志時代の中国も

13億の民はおろか1億の民もいなかった。

理想の上司は誰か、なんて話題もあったけど

結局、誰も長続きしなかったので、

誰についていっても同じような気が ・ ・ ・ 。

 

私だったら戦争のない土地に移住する。

実際、そうやって移住してきた人たちが

日本に水田耕作を伝えたと言われている。

古墳時代の日本に逃れるのも手かもね。

 

とか何とか言いながら、

眞鍋さんごゆっくり!

 

|

« 無償の優しさと明るさと家族の絆~眞鍋さんが秘密にしない秘密 | トップページ | 投げやりな投槍 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御案内したのにお忍びで行ける店:

« 無償の優しさと明るさと家族の絆~眞鍋さんが秘密にしない秘密 | トップページ | 投げやりな投槍 »