« もう少し近くにある本当の価値 | トップページ | グリーンカレーは辛い! »

2009年1月23日 (金)

眞鍋リズムで軽やかに

「おおっ!」うめ公、オマエ犬だったのか!

実家にて」のうめチャン、

「犬」Tシャツで我を忘れてお食事中だ。

 

じゃあなんだと思ってたんだって話だが、

犬が「犬!」とここまで自己主張すると、

そうとでも返すしかない。

なんと大胆なヤツではないか。

 

眞鍋さんの文章はリズミカル。

無駄がなくて、センテンスが短い。

新聞記事に似ている。

 

新聞は、一見すると文字ばかりだけど、

視線をあまり上下させず、

横に動かすだけで読めるように考えられている。

縦書きなのに。

 

1行11字で、一つのセンテンスは4~5行が目安。

ココログなら2行以内の字数だ。

それでも圧迫感があるのは、

情報量を増やす為、行間を詰めるから。

1行13字時代よりは、かなり広くなったけど。

 

眞鍋さんの行間は、それを感じさせない為の工夫だろう。

ブログ界では、もうすっかり定着している。

でも、眞鍋さん、喋りのリズムも共通している。

  

誰とは言わないが、

「取り敢えず映らなきゃ」的に

「そんなこと今さら言わなくても」的な事を

だらだらと喋って時間を埋める人もいる。

 

でも、眞鍋さん、決して饒舌にはならない。

「とくダネ!」等の情報・報道番組でも、

常に短い言葉でまとめようと努力をしている。

たまに言葉足らずな事もあるくらい。

 

でも実は、意外なほど奥は深い。

ひょっとしたら、

眞鍋さん自身も気付いていないかもしれないけど。

 

しかし、馬アキレスとは渋い!

丑年なのに。

 

|

« もう少し近くにある本当の価値 | トップページ | グリーンカレーは辛い! »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋リズムで軽やかに:

« もう少し近くにある本当の価値 | トップページ | グリーンカレーは辛い! »