« をーりーがウォーリーを発見 | トップページ | 眞鍋リズムで軽やかに »

2009年1月22日 (木)

もう少し近くにある本当の価値

ここでもやっぱりオバマ。

オバマ風は今朝の「とくダネ!」でも吹いていた。

次期財務長官は日本語もできる日本通だとか。

でも、

0901221_014  
「日本の政府には

不信感を持っているのに

(日本政府を)飛び越えて

アメリカに期待するって

情けない」

と、眞鍋さん。

 

全くもってその通りである。

世界が注目していることなのだから

「何でアメリカの大統領に日本人が大騒ぎしなきゃならんのだ」

とまでへそを曲げる必要はないだろうけど

オバマさんの後に国会中継を見たら、

やっぱりがっかりしてしまう。
 
身近にあってこそ価値があるはずの人なのに ・ ・ ・ 。

 

60%の高金利で借金していたと言う小室哲哉被告。

勿論、違法金利だから金融「機関」ではない。

「機関」だったら、過払い利息返還請求訴訟を起こせば、

法定金利を超える額は戻ってくる。

それもできずに詐欺に手を染めたのだからヤバい金だ。

そこまでして見栄張るか?

  0901221_007

「南の島」「リゾートアイランド」

と呼ぶのが大三島と言う眞鍋さん。

例え年収が億単位になったとしても、

きっと遠くには行かない気がする。

いろんな意味で。
 
もしかして凄い値段かもしれない

蝶とクロスのダブルネックレス

でも、さり気ない。

 

|

« をーりーがウォーリーを発見 | トップページ | 眞鍋リズムで軽やかに »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報)」カテゴリの記事

コメント

 金銭感覚はなかなか落とせないものだと思いますよ。

 残業代分の支出を減らすだけでも、家計簿をつけて2,3ヶ月かかってしまいましたから。


 だからこそ、子供のころからお金について学ばなければならないのですが、なかなか数字の感覚麻痺やお金への依存には勝てないようです。

投稿: firstheart | 2009年1月22日 (木) 19:52

膨張する時は際限なく膨張するのですけどね。
その逆は、かなり卑屈な覚悟がいるようです。

投稿: KenNagara | 2009年1月22日 (木) 20:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう少し近くにある本当の価値:

« をーりーがウォーリーを発見 | トップページ | 眞鍋リズムで軽やかに »