« 眞鍋さんの爆笑年賀状 | トップページ | 超特急リターンの眞鍋さん、早速「メガスポ」登板 »

2009年1月 3日 (土)

年明けから大活躍の眞鍋さんあれこれ

眞鍋さん、大晦日から一夜明けての一発目は生放送。

艶やかにして可憐な振袖姿 。

   090103_002_2

しかしなんとも贅沢な番組。

眞鍋さんを始め4人の内3人がMCとして番組を持つなど、

女性ゲストは「仕事の出来る」面々ばかり。

この4人だけで番組が一つできるだろう。

その4人が「華を添える」だけで呼ばれているのだから、

贅沢と言うよりMOTTAINAI。
 
でも、お正月から面白コメント付きの眞鍋スマイル。

これはおめでたい限り。

 

続く「ケンミンSHOW」にも眞鍋さん、放送上は連投。

47都道府県代表が勢揃いすると、

山が多くて細長く、交通の便が悪かった日本は

地方の集合体だとつくづく感じる。
 
パリがパリでありフランスそのものではない以上に、

一極集中には限界がある。

「日本中一緒だと思っていた」と言う勘違いは、

首都圏にもあるのだ。

   090103_024

全国の雑煮が紹介されていたが、

雑煮は元々全て味噌仕立て。

醤油の醸造が広まるとともに澄まし汁が増えていった

 ・ ・ ・ と言う説を聞きかじったことがある。

関東で醤油の醸造が始まるのは江戸中期のことだとか。

醤油など珍しくなかった近畿圏では、

わざわざ醤油仕立てに替えようと思わなかったらしい。

 

2日の「客観バトル」では、

「ウラオモテがないのは?」と言う質問で

眞鍋さんが大差をつけられた。

  090103_018

ヘンなの。

ボタンフェチだとかヘン顔とか街中ダッシュとか、

そういったへんてこな癖を

あっけらかんと人前で喋ってしまうのが眞鍋さん。

裏表があったら言わんだろう。

「客観バトル」と言うよりは、「主観的多数決バトル」。

090103_013

 

とは言え、

これはお遊び。

「エロスの差」

で盛り返し

最後は恋愛ネタで

大逆転勝利。

 

ちょっと前までは、

恋バナと言えば失恋話ばかりだった眞鍋さん。

 090103_020

堂々とこれで勝負できるようになって、良かった、ヨカッタ。
 
眞鍋さんは、やっぱり明るくなきゃね。

 

|

« 眞鍋さんの爆笑年賀状 | トップページ | 超特急リターンの眞鍋さん、早速「メガスポ」登板 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年明けから大活躍の眞鍋さんあれこれ:

« 眞鍋さんの爆笑年賀状 | トップページ | 超特急リターンの眞鍋さん、早速「メガスポ」登板 »