« したたかよりしなやかに 眞鍋さんのテクニック | トップページ | 他人事みたいに言ってる場合じゃない »

2009年1月21日 (水)

牛すじのようにプルプルと

眞鍋さんの「牛すじ」が頭から離れないので

0901211_011

牛すじの煮込みを作ってみた。

今年に入ってから二度目だが、前回は蕪を使用。

投入時期を誤って見事に煮崩れ。ほぼ消滅の憂き目を見た。

と、言うことで今回は大根。

 

ホントは銅鍋で作ったのだが、

滲み出る生活感にそこはかとなく漂う哀感がわびしいので、

土鍋に移し替えた。

大して変わらないけど。

 

「御飯の友」にはなりにくいので、相方はハイネケン。

国産ビールを愛飲したいのだけど、結局これ。

水と麦とホップだけを原料として

腹にたまらず「かをり」も良い。

(最後のは重要だ)

 

眞鍋さんも「牛すじのようにプルプルと」

弾けるようにヴィヴィッドに、

眞鍋風味の「かをり」も高く

頑張っているだろう。
 
きっと今日も、

また明日も。

 

|

« したたかよりしなやかに 眞鍋さんのテクニック | トップページ | 他人事みたいに言ってる場合じゃない »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牛すじのようにプルプルと:

« したたかよりしなやかに 眞鍋さんのテクニック | トップページ | 他人事みたいに言ってる場合じゃない »