« 眞鍋さん、笑顔と美脚でラスト「マンスリー」 | トップページ | 冴える眞鍋さんの面白トーク »

2008年12月21日 (日)

歴史に残るかもしれない平原綾香 sings Chopin

AMAZONからお勧めメールが届いたので開けてみると

平原綾香さんの「ノクターン/カンパニュラの恋」だ。

お勧めされるまでもなく、既に購入している。

それもAMAZONで。

但し、アルバムの方だけど。

 

平原綾香さんと言うシンガーは、歌手と言うより声楽家。

流行の枠の中では到底捕らえ切ることは出来ない。

「ノクターン/カンパニュラの恋」もそんな一枚。

それも、もしかすると、

「歴史的名盤」として後世に残るかもしれない。

 

ノクターン(夜想曲)と言えばショパンだが、

ここで平原さんが歌っているのは、正にそのショパン。

これは驚くべきことである。

 

ショパンは作曲家である以前にピアニスト。

ピアノ的美観、ピアノ的語法でしか音楽を作ることが出来ない。

当たり前のことだが、ピアノは旋律楽器ではない。

ピアノ的発想で貫かれた音楽を

たった一人の声で表現しようと言うのだ。

 

聴いてみると ・ ・ ・
 
さても平原綾香、恐るべき歌唱技巧である。

幅広い音域と細かなピアノ的処方を難なくこなす。

そして、ショパンの本質、

メランコリックな深い詩情と

切ないまでの思慕の心があふれんばかりに迸る。

 

これは驚くべきことである。

「何回言うねん!」と突込みが入りそうだが、

驚いてしまったのだから仕方がないではないか。

そして、聴いた後に残る深い余韻 ・ ・ ・ 

これはまさしくショパン。

 

既に一年前にデモテープを作成していたと言うから、

平原さんとしても熟成させた上での発表であったのだろう。

心静かに、豊かな時を過ごしたい

そんな時に、貴重な一枚。

   081221_001_2

これは先日、大阪に来られた時、

デビュー以来何かと縁の深い

MBS「ちちんぷいぷい」に出演した時の映像。

この時はピアノ一つでの歌唱。

その方がこの人らしい。

 

|

« 眞鍋さん、笑顔と美脚でラスト「マンスリー」 | トップページ | 冴える眞鍋さんの面白トーク »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史に残るかもしれない平原綾香 sings Chopin:

« 眞鍋さん、笑顔と美脚でラスト「マンスリー」 | トップページ | 冴える眞鍋さんの面白トーク »