« 08「メガスポ」は眞鍋スマイルと美脚で締めくくり | トップページ | 限界を知り、得意を知る~眞鍋さんのイイ出逢い »

2008年12月23日 (火)

元気でも笑顔は優しい眞鍋さん

「おもいっきりイイ!!テレビ」の眞鍋さん、

カメラの向こうの視聴者にも必ず挨拶してくれる。

  0812221_001

22日の「おもいっきり」眞鍋さんは

軽快なお団子ヘアーで元気系の美脚ファッション。

声の張りも良く、

司会っぷりも臨機応変に流暢で、顔もトークも表情豊か。

眞鍋さんらしさが存分に出ていて、とても楽しかった。

 

ランチ中継でタルタルステーキ風の丼が出てきたが、

タルタルには謎が多い。
 
ローマの年代記にも

ゲルマン人は生肉と草を混ぜて食うと記されているので、

ヨーロッパに流入した当初から

ゲルマン人は似たようなものを食っていたらしい。
 
だが、ドイツ人に言わせると、

「タルタル」とはタタール人のことだと言う。
 
現在のウクライナあたりに住んでいたゲルマン人は、

東方からやってきた騎馬民族(一説には匈奴の末裔)に圧迫され、

西欧に移動してゆくのだが、

タルタルステーキは彼ら騎馬民族の料理だったと言うのである。
 
タタールはモンゴルの一部族。

サクソンやフランク(フランスの語源)が

ゲルマンの部族名であるのと同じだ。

だが、ロシアや西欧人は

モンゴル系騎馬民族を総称してタタールと呼ぶことが多い。
 
ゲルマン人と一緒に西欧に乱入したフン族(フンガリー=ハンガリーの語源。但し、ハンガリー人=マジャール民族とは無関係)が、モンゴル系であったか否かは定かではない。

アッティラ大王の死後、フン族は分裂し、

周辺諸民族と同化してしまったからだ。
 
後世のドイツ人が、東方騎馬民族=タタールと言う

一種の思い込みで名付けたのではないかと想像する。

タルタルソースがステーキから独立し、

一人歩きしているのは日本だけであろう。
 
それは兎も角
0812221_008_3
美脚立ちをすっかりものにした眞鍋さん。

08眞鍋さんのたくさんある進化の一つだけど、

素直なリアクションと豊かな表情は変わらない。

 

News エスプレッソのコーナーでも、

一つひとつのニュース内容に、

時に驚き、時に首をかしげ、

一つひとつ反応する。

 

「ミヤネ屋」では宮根キャスターの突っ込みに

きちんと返しを用意して臨んでる丸岡キャスター。

「おもいっきり」でも面白さをのぞかせて

みのさん大爆笑。

つられて眞鍋さんも眞鍋スマイル。

   0812221_011

元気だけど、笑顔はとても優しい眞鍋さんだった。

 

|

« 08「メガスポ」は眞鍋スマイルと美脚で締めくくり | トップページ | 限界を知り、得意を知る~眞鍋さんのイイ出逢い »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽)」カテゴリの記事

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元気でも笑顔は優しい眞鍋さん:

« 08「メガスポ」は眞鍋スマイルと美脚で締めくくり | トップページ | 限界を知り、得意を知る~眞鍋さんのイイ出逢い »