« しばし待つ、美と癒しの競演 | トップページ | 眞鍋画伯も及ばぬもの »

2008年12月 6日 (土)

歩きながら考える人生ゲーム

日本シリーズ、と言ってもゴルフのそれだが、

石川遼君が首位と2打差の4位に浮上した。

ナント恐ろしい17歳ではないか。

突破したばかりの賞金1億円、

いくら上積みするつもりなのであろうか。

 

最大瞬間風速16メートルを超える強風だったと言うが

アウトドアスポーツはその日にならないと分からない事が多い。

臨機応変、柔軟な対応力が必要だ。

これも一種のラリーか。

人生ゲームである。

 

24時間臨戦態勢の眞鍋さん。

てっきり託児所を前提にうめ公を飼いだしたのかと思ったら、

ペットに慎重だったワリには意外にノープランだったらしい。

しかし、そこは臨機応変、柔軟な眞鍋さん。

「サクッと見つけ」 ・ ・ ・ たかどうかは知らないが、

即、対応したようだ。

 

流石、歩きながら考える眞鍋脳。

自分で自分を窮地に追い込み、

自分で解決することで新たな道を切り拓く。

「左手で描く」鶴太郎画伯の画法と通じるかも。

努力を苦と思わないから出来るのだろうけど。

 

上原投手も絶好調とは言えない年にメジャー挑戦。

「メガスポ」の「マンスリー上原」は「続く」とあったけど、

今日、放送するのだろうか?

ハマの番長、三浦投手のインタビューもあるはずだが。

それぞれの選択がどう出るか ・ ・ 人生ゲームである。

 

「メガスポ」で新たな道に踏み出した眞鍋さん。

ベテランの隣に座って花を添えるだけではないメインキャスター。

情況に反応する柔軟な対応力で見事に結果を出した。

笑顔と美脚のコラボレーション、

心のこもった他に例のないキャスターぶり。

 

眞鍋さんの「選択」は成功した。

でも、まだまだプロローグ。

大きく成長した眞鍋さんの魅力。

その力でさらに視聴者を引きつける番組作り

期待したい。

 

|

« しばし待つ、美と癒しの競演 | トップページ | 眞鍋画伯も及ばぬもの »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歩きながら考える人生ゲーム:

« しばし待つ、美と癒しの競演 | トップページ | 眞鍋画伯も及ばぬもの »