« 「忠臣蔵」の怪 | トップページ | しばし待つ、美と癒しの競演 »

2008年12月 5日 (金)

心に沁みる真心眞鍋流

4日の「とくダネ!」眞鍋さんは、

オープニングからきりりと引き締まったとてもいい表情。

    08120304_012 

衣装の肩に入った黒いラインが結構効いていて、

シャキッとした印象。

しかし、ニュースを見る目は、やはり真心眞鍋流。

 

国民の中に入ることをとても大切にする今上陛下。

「不整脈」との報に、

「月に4日しか休みがないのもそうなんですけど、

1日に多い時で5件以上御公務がある日もあるじゃないですか。

それって、若い人でも大変だと思います」

と、気遣いを見せる。

 

歌手活動休止を発表した羞恥心に対しても 、

「忙し過ぎてふらふらになっているのを見たことがあるし、

余裕を持たせてあげないと大変だと思う」

このあたり、

「身を粉にして働いてきた」

眞鍋さん自身と重なる部分もあったのかな?

 

ストーカー判事に関しては、

「単なる印象ですけど」と前置きしながら

「お仕事はきちっとされてたんじゃないかなと思うんですけど、

恋愛では、あのような表現しか出来なかった

と考えると、同情も感じます」

08120304_008

 

やっぱり眞鍋さん、

人を見る目が

何時もいつも

温かい

 

 

人のぬくもりを忘れない真心眞鍋流。

厳しい年末だからこそ

沁みてくる。

 

|

« 「忠臣蔵」の怪 | トップページ | しばし待つ、美と癒しの競演 »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心に沁みる真心眞鍋流:

« 「忠臣蔵」の怪 | トップページ | しばし待つ、美と癒しの競演 »