« ハッスルパワーで全開眞鍋さん | トップページ | 困ったもんだ »

2008年12月17日 (水)

吸収と熟成~眞鍋さんの進む道

眞鍋さんのトークがとても軽妙だ。

「ココだけで教えて」(『週刊ポスト』12.28)での、

甲斐よしひろさんとの対談。

とても気さくでお話好きな方のようで、

眞鍋さんもすっかりリラックスした様子。

 

甲斐バンド再結成、ラストコンサートを前に、

「そういう流れで話がついているわけですね」

と言うフリから

「でも、もったいないですよね」

と誘うと、それと知って誘いに乗った甲斐さん、

「延長戦とかあるのかな、クライマックスシリーズとか

・・・日本シリーズとか」。

すかさず眞鍋さん、

「そのままアジアシリーズまでやっちゃいましょうよ」

とたたみかける。

 

実に息の合った会話である。

「この4ページでは収まりきらないほど」話が弾んだ

と言うのも頷ける。

九州出身の甲斐さんは「吸収男児」だそうだが、

吸収力なら負けない眞鍋さん。

今回も、たっぷり色々なことを吸収したようだ。

0812171_003_2 
 

服装もいつものスーツではなく

袖の広がったブラウスに

短パンブーツの美脚ファッション。

立ち姿を見たかった ・ ・ ・

 

 

 
誰もが同じかどうかは分からないが、

忙しい時の方が頭の回転は速くなる。

テレビのニュースを聞きながら、それとは別のニュース原稿を書き、

同時に、別件の打ち合わせをする ・ ・ ・

四六時中時間に追われていると、

そんなことも普通に出来てしまう。

 

ただ、そうやって次から次へとこなしていった仕事の数々、

その全てが完璧の出来だったと太鼓判を押せるかと言うと

 ・ ・ ・ それは疑問。

本気で自信の持てるところまで仕上げようとするならば、

ダレない程度の緊張感を保ちつつ、一定の余裕は必要だと思う。

 

たまに、アメリカに修行に行くなどと言って、

結局、何もものにせずに帰ってくる人がいる。

「アメリカでなければ出来ない」確かな理由がない限り、

日本で出来ないことはアメリカに行っても出来はしないのだ。

安易な発想は逃げにつながる。
 
それは兎も角、
 
「死ぬんじゃないか」と心配になるほど多忙を極めた眞鍋さん。

でも、その中でたくさんのことを吸収し、

ふた周りくらい大きくなって、

驚くほど魅力を増した。

 

得たものを忘れないように、

熟成させて欲しいものだ。

 

|

« ハッスルパワーで全開眞鍋さん | トップページ | 困ったもんだ »

眞鍋かをり・書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吸収と熟成~眞鍋さんの進む道:

« ハッスルパワーで全開眞鍋さん | トップページ | 困ったもんだ »