« 快調な眞鍋さんとP6000  | トップページ | 「乱」でも「培」、そして「芒」 »

2008年11月15日 (土)

驚愕!風邪に「気合」は逆効果

驚くべき事実を知った。

なんと、「風邪には気合」は逆効果だと言うのだ!

気合を入れると抵抗力は減り、

ウィルスは活性化してしまうのだとか。

風邪は気合で治すと言う眞鍋さんには面白くない話ではないか。

14日放送の「おもいっきりイイ!!テレビ」での報告だ。

気合を入れるより大人しくしてろ ・ ・ だとさ。

 

さらに、インフルエンザ予防に効果的な食材は、チキンと緑茶。

チキンのシスチン

緑茶のテアニン

この二つのアミノ酸が抵抗力を高めるのだ!

そう豪語する先生が、データを開陳しておられた。

それを見る限り、ホントらしい。

だから発表したのだろうけど。

 

イカではなかったのか ・ ・ ・ イカ、烏賊 ・ ・

烏賊は海面に舞い降りてきたカラスを襲って食う。

何をどう間違えたのか、

そう錯覚した古人が烏賊の文字をあてがったと言うが ・ ・ ・

この際、どうでも良い。

どうやら眞鍋さんも、

精神論から科学にシフトすべき時が来たのかも知れない。

 

鶏、白葱、しめじの取り合わせは黄金の旨味を構成する。

煮込みうどんにしても良いが、

昆布だしで煮て、仕上げに春菊を加え、

おろしポン酢で食するのもいいかも知れない。

〆は雑炊にしてシスチンとテアニンをもれなく取り込む。

完璧ではないか。

フレンチではないけれど、白ワインには合いそうだ。

 

ちなみに、この両アミノ酸を摂取しておくと、

予防接種の効果も飛躍的に高まるのだとか。

注射嫌いの眞鍋さんには縁遠い話かもしれないが。

とにもかくにも、

眞鍋さんには、ゆめゆめ油断することなく、

この冬を元気に乗り切って欲しいものである。

 

 ・ ・ 豆腐を入れても旨そうだ ・ ・ ・

 

|

« 快調な眞鍋さんとP6000  | トップページ | 「乱」でも「培」、そして「芒」 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 驚愕!風邪に「気合」は逆効果:

« 快調な眞鍋さんとP6000  | トップページ | 「乱」でも「培」、そして「芒」 »