« 祈御壮健天照眞鍋皇大神 | トップページ | 快調な眞鍋さんとP6000  »

2008年11月13日 (木)

優しい眞鍋さんの直球勝負

今朝の「とくダネ!」眞鍋さんはドールヘア。

上にボリュームを持たせて、ブログの写真より少し進化したような

オメガ(Ω)な感じで、ますますキュート。

      081113_001 

しかし、コメントには切実なまでに心がこもっている。

 

定年間近の60歳駐在さんの下着ドロ。

顔見知りの被害者女性が通報するか否かに迷ったと言う。

「もうパンツあげちゃおうかなとか思ったんじゃないかなぁ」

なんて、眞鍋さんは同情しきり。

「だって(犯人の老警察官が)いい人そうなんだもん」とは、

いかにも眞鍋さん。

 

だが、60歳のベテランが巡査部長止まりで現場勤務とは ・ ・

ノンキャリアに厳しい警察社会である。

眞鍋さんならずとも、一抹のわびしさを感じずにはおれない。

 

悪評ふんぷんの定額給付金。

「若い人がお金を使わないのは老後に不安があるから」として、

老人福祉にこそお金を充当すべきと言う眞鍋さんの意見には

一切異論なし。100%賛成である。

 

「次の選挙は総選挙ではなく総裁選」

などと囁かれているそうだが、とんでもない話である。

政治空白は官僚政治の温床。

やるべき事はまだたくさんある。

新米総理には失点を取り返すつもりで一仕事してもらわねば。

 

「関東大震災が起こればチャンス」発言の井戸・兵庫県知事。

番組終了後、(やっと)公式に謝罪会見を開いた。

人の不幸を期待してはいけない。

なのに、

わざとらしく首を捻ったりするから総スカンを食らうのだ。

 

阪神淡路大震災が起こった当日、

「これが東京で起こってたらと思うとぞっとしますねぇ」

などと言ったのは久米宏氏。「東京でなくて良かった」発言だ。

以来、同氏の番組は一度も見ていないし、今もこれからも見ない。

言われた方が同じ事を言ってはいけない。

 

白地の装飾が入った眞鍋さんの衣装、

黒だけどサテン風の光沢地。

ドールヘアを大人っぽくあしらう。

栗色の髪と明るいリップカラーと合わせて

繊細なバランス感覚。

 

心も繊細、優しい眞鍋さん。

真心眞鍋流の直球勝負。

これも報道番組ならではの眞鍋さんだ。

 

|

« 祈御壮健天照眞鍋皇大神 | トップページ | 快調な眞鍋さんとP6000  »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 優しい眞鍋さんの直球勝負:

« 祈御壮健天照眞鍋皇大神 | トップページ | 快調な眞鍋さんとP6000  »