« 眞鍋さん、本日も快調なり | トップページ | 多事放言 »

2008年11月11日 (火)

オモロー!から逞しさへ

「シャムロック」でナベアツさんと一緒に「オモロー!」を連発していた眞鍋さん。

嫌な事を忘れる爽快感があると言う。

そのせいか、今週の「ここだけで教えて」(「週刊ポスト」11.21)では、アホになりながら「オモロ-!」をやっている(掲載写真)。

合わせ技である。

眞鍋さん、オモロイ & カワイイ。

 

相変わらず、眞鍋さん、よく準備をしている。

対談相手のナベアツさんが感心するほど。

大阪に住んでいるので私もガキ ・ ・ ジャリズムの名前くらいは知っていたが、顔も芸風も記憶にない。

「世界のナベアツ」と聞いても、何が「世界」なのか、

未だに良く分からない。

「世界のナベサダ」なら聞いたことがあるが(そのパクリか?)

 

ナベアツさんは放送作家でもあるが、

眞鍋さん、台本を通じて作家の力量がなんとなく分かるのだとか。

10年選手だし、賢い眞鍋さんだから当然と思えるのだが、

「ちょっと偉そうなこと言っちゃいますけど」

と、謙虚な眞鍋さんらしい注釈がつく。

 

でも、眞鍋さんのこの台詞、前にも聞いたことがある。

大人の責任感を強く持つようになった眞鍋さん。

主張すべきは主張するようになったらしい。

「あまりに無理やりな」注文にはNOと言うこともあるとか。

 

強く言い過ぎたら嫌われる、とナベアツさんが忠告するように

物は言いようだけど、

謙虚な眞鍋さんが高飛車な言い方をするとも思えない。

素直さと言う長所を短所(言いなり)に変えない為にも、

ある程度の自己主張は必要。

眞鍋さんは、はっきりとした自分の意見を持っているのだから。

 

前に聞いた事例と重ね合わせてみても、

眞鍋さん、随分たくましく、そして頼もしくなった。

出る所引く所、静観すべき所、上手く見極めて、

元気な姿、いつまでも見せて欲しい。

これが一番の願い。

 

|

« 眞鍋さん、本日も快調なり | トップページ | 多事放言 »

眞鍋かをり・書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

世界のナベアツさんは クイズ番組やトーク番組とかで言いがかりをつけられたときに、その 理由オモロー と ピンチを笑いに変えてしまう巧みさに感心させられます。

 それにしても、世界のナベアツさんだったら、予習しなくてもトークは成立するはずなのに、ちゃんと下調べは欠かしていないんですね。(もともとご存知なのかもしれませんが)

投稿: firstheart | 2008年11月11日 (火) 22:16

「女子!?ごころ」によると、かなり周到な準備をしているようです。
ジャリズムは東京でも活動しているのでしょうか?
どうしても思い出せなくて困ります。

投稿: KenNagara | 2008年11月12日 (水) 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オモロー!から逞しさへ:

« 眞鍋さん、本日も快調なり | トップページ | 多事放言 »