« お食らいあれ!天照眞鍋皇大神への捧げもの | トップページ | 眞鍋スマイルはセットより明るく »

2008年11月 1日 (土)

「生きる」と言うラリー

日本シリーズもいよいよ開幕 ・ ・ ・ なのだが、

個人的に気になるのはやはりラリージャパン。

ジストロフィーなんぞにならなければ出場していた(?)

かもしれない。

 

レギュレーションがコロコロ変わるので、
今のマシンがどうなっているのか詳しく分からないのだが、

路面を選ばぬ公道レースこそ、モータースポーツの原点だ。

鏡のように整地された短いコースをミズスマシの様にくるくると何十週もしたところでなんだと言うのだ!

タルガフローリオもミッレミリアも、

そもそも公道レースだったではないか。

「交通事情が違う!」と言われたらそれまでなんだけど。

 

しかし、「生きる」と言う事はラリーのようなもの。

綺麗に整地された場所ばかりではなし、

滑りやすい凍結路、

「こりゃスピードが出てイイや」と調子に乗って走ってたら

曲がるべきところを曲がれずにクラッシュしてしまうこともある。

ガッツと根性だけではどうにもならない。

縦(直進)と横(曲がり)のグリップ力をアクセルとブレーキ、時々ハンドルに移し変え、パソコンばりの演算速度で最適バランスを掴み取る。

テスト走行なんてない。

初めて走る道ばかり。

  

眞鍋さんもラリードライバーだ。

お仕事本番はスペシャルステージ(SS)。

だが、眞鍋さんのマシンは目覚しくポテンシャルが向上している。

足回りのセッティングを変えて、
ドライビングスタイルも少しずつ調整していかなければなるまい。

ドライバーの腕の見せ所。

 

幸いM型エンジンType-Kは快調だ。

眞鍋さん、今日もフルスロットルで、お願いします!

 

|

« お食らいあれ!天照眞鍋皇大神への捧げもの | トップページ | 眞鍋スマイルはセットより明るく »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「生きる」と言うラリー:

« お食らいあれ!天照眞鍋皇大神への捧げもの | トップページ | 眞鍋スマイルはセットより明るく »