« 歴史をどう学ぶのかオバマさん | トップページ | 寒くても温かい眞鍋スマイル »

2008年11月19日 (水)

不気味な予兆

厚生労働省元次官殺傷事件。

とうとう、こういう事態を将来してしまった。

「格差はいいことだ」と弱いものいじめばかりするからだ。

労働組合を飼い馴らし、

「これで反対するヤツはいなくなった」「何でも出来るぞ」

などと調子に乗ってやりたい放題するものだから、

鬱積した不満が行き場をなくし、迂回的に噴出するのだ。

 

不気味な兆候である。

失業対策によって圧倒的な支持を得た男。

それがアドルフ・ヒトラーだ。

とんでもないことになる前に、

新自由主義=構造改革路線を修正しなければならない。

 

繰り返しになるけれど、

定額給付金の2兆円があれば、社会保障費を減らさずに済む。

麻生さん、予算の使い方を間違ってはいけない。

大地震が起こる前には必ず予兆現象がある。

それを見落とさないように ・ ・ ・ 

 

|

« 歴史をどう学ぶのかオバマさん | トップページ | 寒くても温かい眞鍋スマイル »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

格差社会といえども、昔に比べたら個々は豊かにはなっているはずなのですが、やはり、五木さんがおっしゃるとおり、社会は長期の鬱状態なのか 社会はますます暗いですよね。

 そういえば、昨日のぷっすまの視聴率は12.9%だったとか。

 お金を無造作に使うより派手なものよりも、あんな感じのほのぼのを時代は求めているのでしょうか。少なくても、私は求めています。 

 会社では、自分に向けられたものではないのですが、相手や他部署に毎日罵声をあびせる先輩に、やる気をそがれていますが、それ以上に回復している体と精神に支えられて、いつか気持ちが落ち込んでいた3年半を挽回し、 一人前の社会人になってやる と 小さな小さな 野望を 最近抱いています。
 

投稿: firstheart | 2008年11月19日 (水) 23:09

「ぷっすま」の反響の大きさには私も驚いています。
まだ、今日は終わっていませんけど、多分、本日の総アクセス数は300くらいになると思うのですが、「ぷっすま」での検索が60を超えています。
「ぷっす眞鍋」さんは楽しいですからね。
それに、面白い番組は予算をつぎ込めば出来るってものでもありません。いいお手本です。

威張りたがる小さなヤツはあちこちにいて、ホントに厭ですね。
でも、負けないでください。

投稿: KenNagara | 2008年11月19日 (水) 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不気味な予兆:

« 歴史をどう学ぶのかオバマさん | トップページ | 寒くても温かい眞鍋スマイル »