« 「キャラ」ではなく「本物」の眞鍋さん | トップページ | かけまくもかしこき明治神宮に感謝! »

2008年10月22日 (水)

行く道はボーダーレス

やはり負けてしまったタイガース。

苦戦しながら最後に勝つのはヒーロー物のパターンだが、

快調に飛ばして最後にコケるのはお笑いのパターン。

「負けても私達みたいに『おいしい』とか思えない」

とか、「M’s Style」の眞鍋さんは言ってたけど

私の知ってる阪神ファンは敗戦を笑いのネタにする。

一番笑えないのは退任する岡田監督か。

 

「さんま御殿」に登場した眞鍋さん。

声がデカいだけのオリラジ(不眠36時間で人間の限界なんて来ない)や、何でテレビに出てるのか不思議な大学院生(そんなことやっててマスター論文書けるのか)とか、

掛け合いの出来る相手がいなくてちょっと苦戦。

あーゆー時は、完璧に話のオチをつけるより、

さんまさんに突っ込みどころを残した方がいじられやすい。

 

最前列で笑顔と美脚をたっぷり見せて、

役割は十分果たしたものの

内野安打と敵失での出塁は、惜しかった。

裏声デブの突っ込みは、

同じ事何万回も言われてるさんまさんには陳腐だったから、

アレよりはましか。

 

フリートークもコントも出来る眞鍋さんだけど、

アクがなくて人の悪口が言えないから、コントの方が得意かも。

難しそうなドラマの現場よりは、楽そう。

コントで笑いを取るキャスターって言うのも前代未聞だけど

眞鍋さんの行く道は常にボーダーレス。

遠慮なく、何処までも行ってしまって下さい!

 

|

« 「キャラ」ではなく「本物」の眞鍋さん | トップページ | かけまくもかしこき明治神宮に感謝! »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行く道はボーダーレス:

« 「キャラ」ではなく「本物」の眞鍋さん | トップページ | かけまくもかしこき明治神宮に感謝! »