« うめチャン巨大化計画~忠犬うめ公への道 | トップページ | バラエティーではエンターティナーの眞鍋さん »

2008年10月 7日 (火)

鬼に金棒 眞鍋に美脚

インタビュアーとしても活躍する眞鍋さん。

「ココだけで教えて」(週刊『ポスト』10.17)で、

林家木久扇、木久蔵親子に話を聞いている。

インタビューと言うよりネタ振りと言った感じで、

噺家のお二人、相当喋りまくった様だ。

 

だが、木久扇師匠の柔軟な発想力には、

焼け跡から立ち上がり、

現代日本の礎を築いた人々の力強さを感じない訳にはいかない。

既存の価値観が崩壊し、

全てを失った社会を雄々しく生き抜いてきたからこその柔軟性。

自己規制と閉塞感に縛られた現代人こそ、

これらの人々に謙虚に学び、

その労苦に報いねばならないのではないか。

姥捨て政策などとんでもない話である。

 

でも、幸いなことに、そこに眞鍋さんがいる。

謙虚で柔軟で、吸収力に富み、聡明かつ美しい、

こんな人が日本の未来を作るのだろう。

などと言ったら大袈裟かもしれないが、そうとも言えない。

歴史を作るのは英雄ではなく、我々一人ひとりなのだから。

 

「木久扇さんの生き方は私の理想」と言う眞鍋さん。

「アクがない」のは、眞鍋さんも木久蔵さんと一緒。

ついでに、デカい息子を持った木久扇さんと

デカくなりそうなうめ公を飼う眞鍋さんも一緒だ。

いいところを合わせれば鬼に金棒、眞鍋に美脚(?)。

 

そんな眞鍋さん、

今日もカモシカのように飛躍してくれるだろう。

跳べ!眞鍋さん!

 

|

« うめチャン巨大化計画~忠犬うめ公への道 | トップページ | バラエティーではエンターティナーの眞鍋さん »

眞鍋かをり・書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼に金棒 眞鍋に美脚:

« うめチャン巨大化計画~忠犬うめ公への道 | トップページ | バラエティーではエンターティナーの眞鍋さん »