« 眞鍋さんで明るく元気に! | トップページ | かをりで酔わせる眞鍋ワイン »

2008年10月30日 (木)

眞鍋さんはいつも本物

今朝の「とくダネ!」眞鍋さんは落ち着いた雰囲気。

重ね着の衣装は、濃いめのインナーにグレーを合わせた大人風。

でも、胸元の紐のあしらいなどは、いかにも眞鍋さん。

しっとり落ち着いているのに眞鍋風 ・ ・ ・ これは、

この秋の眞鍋さんの大きな特徴。

「もうラブリーなのは無理」なんてブログに書いてるくらいだから、

かなり意識しているみたいだ。

でも、眞鍋ファッションのアイデンティティーは継承している。

 

番組の性格による衣装の棲み分けも、

秋に入ってさらに鮮明になってきた。

夏までは、

バラエティーと同じシャツワンピで「とくダネ!」に登場することもあったけど、

そういう事ももう無くなりそう。

 

波紋を呼んでいる「外見チェックで不合格」の県立高校。

指導が楽そうな生徒を選別して合格させるというのは ・ ・ ・

教育の放棄ではなかろうか?

外見チェックをしなかったら不真面目な生徒が増えたというのは

単なる指導力不足。

 

「その場で注意していれば、受験生にも(学校の方針が)伝わったはず」と言う、

眞鍋さんの指摘は正しい。

隠れてチェックしていたところに、

生徒指導への自信のなさと責任回避の意識が感じられる。

しかし、だからと言って、即、校長更迭というのは

実務的に過ぎて血が通っていない。

 

どこかで見たような制服のフライドチキン店。

北朝鮮にもパクリ病伝染かと思ったら、韓国資本。

野菜からお菓子、工業製品、伝統文化までパクリまくり、

パクリ大国中国からさえ「パクるな」と非難轟々。

日本も似たような事はたくさんやってきたのだけど、

これは真似して欲しくなかった。

 

思わず笑みがこぼれる眞鍋さん。

大人になって益々綺麗になる眞鍋さんだけど、

可愛い眞鍋さんも益々可愛くなる。

その振れ幅の大きさが、それぞれをより一層際立たせる。

素直な自己表現から自然にあふれ出るものだから、

これは本物、

パクリじゃない。

 

|

« 眞鍋さんで明るく元気に! | トップページ | かをりで酔わせる眞鍋ワイン »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋さんはいつも本物:

« 眞鍋さんで明るく元気に! | トップページ | かをりで酔わせる眞鍋ワイン »