« 眞鍋さんに大人の落ち着き | トップページ | 闇夜も明るく 眞鍋さんの笑顔と美脚 »

2008年10月28日 (火)

さすが 眞鍋スマイルの威力

目じりがくくっと下がった眞鍋さんの優しい笑顔。

反対ページの竹中直人さんも

眉毛が下がって、とても気さくな笑顔だ。

「ココだけで教えて」(『週刊ポスト』11.1)での二人の対談。

この写真だけで雰囲気が良く伝わってくる。

 

演じていなければ、まともに話す事も出来ない竹中さん。

その竹中さんからこんな自然な表情を引き出してしまう。

「ウォーターボ-イズ」で共演経験があるだけではないだろう。

眞鍋さんの人柄と

氷山をも溶かす眞鍋スマイルの威力だ。

 

でも、「役作りと言う言葉が大嫌い」と言うのは面白い。

役作りをしなければ会話も出来ないのに。

でも矛盾している訳ではない。

演技が日常だから、プランに縛られたくないのだろう。

すぐに「素」が出てしまう眞鍋さんとは正反対だ。

 

人と階段の多い映画館にはとても行けないが、

「まぼろしの邪馬台国」は面白そうな映画だ。

共演の吉永小百合さんとのエピソードも面白い。

大女優の意外にお茶目な一面に、眞鍋さんも驚いた様子。

同じ空気を吸っているだけで、じわりと幸せ感が沁み込んでくる

吉永さんはそんな方だ。

 

大監督だろうと小道具さんだろうと出前持ちのオッサンだろうと、

相手が誰であろうと少しも態度が変わらない吉永さん。

眞鍋さんもきっとそんな感じ。

いるだけで幸せ感に包まれるような、

そんなタレントさんになってゆくのだろう。

 

今も殆どそうなんだけど、

最近の眞鍋さん、セクシーオーラが強いから ・ ・ ・

 

|

« 眞鍋さんに大人の落ち着き | トップページ | 闇夜も明るく 眞鍋さんの笑顔と美脚 »

眞鍋かをり・書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さすが 眞鍋スマイルの威力:

« 眞鍋さんに大人の落ち着き | トップページ | 闇夜も明るく 眞鍋さんの笑顔と美脚 »