« 脚長眞鍋さんに復活の眞鍋スマイル | トップページ | 困るほど、カッコ良すぎた眞鍋さん »

2008年9月 8日 (月)

眞鍋さんの古今二態

「行列」の名場面集(7日)に、3年前の眞鍋さんが映っていた。

顎の下がちょっとぽっちゃりして、黒い服ばかり着ていた頃。

失恋体験をカミングアウトしたのも、確かこの時。

でも、眞鍋さんが綺麗になってくるのも、この頃からだ。

 

一方、最近、千葉県行政書士会のポスターになった眞鍋さん。

真弓ヘアーで清楚な雰囲気。

こーゆー眞鍋さん、2005年以前にはなかった気がする。

青臭くては出せない慈しみの表情。

 

根っこからひん曲がってしまったら、こうはならない。

自分の大切なものを守り続けているからではないか

と、想像する。

眞鍋さんを見るたび、感動させられるのもその為か。

 

眞鍋さんの温故知新。

進歩はすれど初心不可忘。

 

ん?ひょっとして、生脚もその一環?

冷え性なのに何故?と、長年疑問だったのだが、

解像力抜群のテレビを入手してみて、謎が解けたような ・ ・ ・

血管が透けるほどの美脚だから。

 

アイデンティティを守りながら豊かさを増す眞鍋さん。

謙虚さも、多分、変わらない。

実るほど、頭を垂れる稲穂かな

と、村の古老も言っていた(村に住んだことないけど)。

 

そんな眞鍋さんの今日の活躍が

待ち遠しい!

 

 

ところで、ここ数日、GOOGLEBOTが盛んに当ブログをクロールしている。

そのせいか、たまたま同じ検索ワードで二つのアクセスがほぼ同時にあったのだが、YAHOOではトップページ、GOOGLEでは該当ページどんぴしゃだった。

仕組みをよく知らなかったのだが、全てのブログの全てのページがインデックスに登録される訳ではないらしい。

検索ワードとヒットページがあまりにもトンチンカンなので、眞鍋さんのカテゴリーを5種類に分割したのだが、

GOOGLEに関する限り、その心配はなくなりそうだ。

ファッションワードと「脚線美」は、検索アクセスが多い割には上手く該当ページをヒットしていなかったので、カテゴリー分けしようかと思っていたが ・ ・ ・ 手間が省けた。

|

« 脚長眞鍋さんに復活の眞鍋スマイル | トップページ | 困るほど、カッコ良すぎた眞鍋さん »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021797/23585556

この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋さんの古今二態:

« 脚長眞鍋さんに復活の眞鍋スマイル | トップページ | 困るほど、カッコ良すぎた眞鍋さん »