« 安心して背中を叩けるのは?~「ロト6・・」も今日が最終回 | トップページ | 進化の源流は「眞鍋さんらしさ」 »

2008年9月 6日 (土)

昇華された真心眞鍋流~「ロト6・・」最終回

笑ったり、怒ったり、ドジッたり、心配したり、走ったり ・ ・ ・ 

「ロト6で3億2千万円当てた男」最終回の眞鍋さん、         喜怒哀楽めまぐるしい演技だった。

でも、自然。

別に、今までの演技が不自然だった訳では全然ないのに、

何故かそう感じた。

 

思い出したのは「メガスポ」の眞鍋さん。

表情にも言葉にも、心のこもった眞鍋キャスター。

眞鍋さん演じる真弓先生と共通するものがある。

もしかすると、内面から構築する眞鍋さんの心の演技、

他のお仕事とも共通する                          一つのスタイルとして完成されたのかもしれない。

 

だとしたら、これは大きな成果だ。

 

思えば、無防備なほどに開放的で素直なキャラクターは、

眞鍋さんの根っからの持ち味。

決して背伸びしない眞鍋さんが、                     ありのままの自分を真弓先生にぶつけてゆく中で、

キャラクターをアートにまで高めたのではないだろうか?

 

しかも、

真由美先生と眞鍋さんには似た部分もたくさんあったけど、

眞鍋さんではない。

機敏で賢く、頭も舌も回転が速い眞鍋さんとはむしろ対照的。

つまり、

自分のキャラクターそのままに演じたのではなく、

キャラクターを役作りに生かしたのだ。

素直に、感じるままに ・ ・ ・ 

声や動きは全く別人のままなのに、

いつしか眞鍋さんと真弓先生が同化していったのもその為だろう。

 

演技にも生かされた真心眞鍋流。

眞鍋さんの「これから」にとって、大きな財産になる事は間違いない。

 

 

本編の方は、みんながいい人になって、心温まる最終回となった。

甘い?

それでいいのだ。

ドン臭くても、人が好すぎるくらい真面目に誠実に生きてきたからこそ、困った時に助けてくれる人が現れる。

真弓先生が駆けつけるところまでは想像ついたけど、

そこから先は想像つかなかったから、十分、楽しめた。

返してもらうべき金は返してもらえたのだから、荒唐無稽とばかりは言えない。

現実的な帳尻もちゃんと合わせている。

佳作だったのではないだろうか。

 

 

眞鍋さんが夕方にブログを更新していたけど(「コラボ」)、

「ロト6」の最終回があるので、トラバはそれからにした。

「ロト6」関連記事はトラバすると勝手に決めているので。

|

« 安心して背中を叩けるのは?~「ロト6・・」も今日が最終回 | トップページ | 進化の源流は「眞鍋さんらしさ」 »

ドラマ「ロト6で・・・」」カテゴリの記事

眞鍋かをり・女優」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昇華された真心眞鍋流~「ロト6・・」最終回:

« 安心して背中を叩けるのは?~「ロト6・・」も今日が最終回 | トップページ | 進化の源流は「眞鍋さんらしさ」 »