« ふと思い出す家族の力 | トップページ | 雨にも負けない眞鍋スマイル »

2008年9月17日 (水)

蝉より高く 飛ぶ翼

「ヘキサゴン」で「アブラゼミ」と言うタイトルの曲を二通り作って別々のユニットにそれぞれ歌わせている。

何故、秋に発表するのか?

外ではコオロギが鳴いていると言うのに。

「たった7日の命」とか「すぐに死んじまう」とか歌っているが、

土の中ではもっと長く生きている。

一生の最後に青空の下を飛びまわれるのだから、

結構なことではないか。

 

眞鍋さんも、

「ココだけで教えて」で角田光代さんにインタビューしている(はず)。

眞鍋さんが「なんともいえない気持ち」になったと言う「八日目の蝉」の著者。

鋭く切り込むと言うよりも、

素直な共感から入り込む眞鍋流インタビュー術。

「八日目の蝉」にも触れているに違いない。

 

蝉に想像力があるか否かは知らないが、

人にはその力があるから、

私のように体が動かなくなっても、

心は蝉になって飛び回ることが出来る。

眞鍋さんのいる世界でなら。

 

眞鍋さんは、

蝉なんかよりもっと大きな翼を持っているのだから

もっと高く、もっと長く、何処までも飛ぶことが出来る。

さぁ、今日の眞鍋さん

一体、どこまで飛んでゆくのだろうか?

 

帰ってきて下さいね(当たり前だ)。

 

|

« ふと思い出す家族の力 | トップページ | 雨にも負けない眞鍋スマイル »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蝉より高く 飛ぶ翼:

« ふと思い出す家族の力 | トップページ | 雨にも負けない眞鍋スマイル »