« 形になってきた魅力の総合商社・眞鍋さん | トップページ | 「とくダネ!」眞鍋さんは中身で勝負 »

2008年9月24日 (水)

政権より大事な平和学~立命と広島大

我が立命館大学と広島大学が平和学の協力協定を締結した。

と言っても新しい話ではなく、先月のことだ。

「世界へ発信する平和学研究拠点作り」

「平和分野における高度人材育成」

これらを協力して推進すると言う。

これに伴って、両大学院での単位互換も実施すると言うから

国立と私学の関係も随分自由になったものだ。

 

広島大学には平和科学研究センターがあり、

立命には国際平和ミュージアムがある。

国際平和ミュージアムのベースとなった平和運動には、私もどっぷり首まで浸かっていたから

自分の事の様に感じてしまう。

 

眞鍋さんは昨日、立命オ-プンキャンパスのイベントに出席したばかり。

広島大学と言えば、「瀬戸内つながり」と言うことで、

「College Village」でも、顔が綻びっ放しだった大学。

かなり強引だが、眞鍋さんつながりと言えなくもない。

 

正直、麻生総理の組閣人事などよりよっぽど興味深く、意義深い ・ ・ ・ と、思ってしまう。

ただ、三笠フーズの強制捜査が今日、やっと始まったことに驚く。

間にペーパーカンパニーを挟み、

二重に利ざやを稼いでいたとんでもない悪徳企業。

騙された企業の実名公表より、こっちを急ぐべきではなかったか。

 

選挙向けの総裁戦にうつつを抜かしていた自民党。

総選挙で自・公が3分の2を割り込めば、

参院で可決しなかった法案の衆院再可決が出来なくなる。

過半数より2/3が分岐点。

多分、無理。

そうなれば、来年にももう一度総選挙か ・ ・ ・ 

政権争奪より大事なことがあると思うのだが。

 

|

« 形になってきた魅力の総合商社・眞鍋さん | トップページ | 「とくダネ!」眞鍋さんは中身で勝負 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政権より大事な平和学~立命と広島大:

« 形になってきた魅力の総合商社・眞鍋さん | トップページ | 「とくダネ!」眞鍋さんは中身で勝負 »