« 眞鍋さん一人の3ポーズ壁紙出現 | トップページ | 形になってきた魅力の総合商社・眞鍋さん »

2008年9月23日 (火)

ベストセラーよりロングセラー

眞鍋さんが前から共感していた角田光代さんへのインタビュー(「ココだけで教えて」『週刊ポスト』10.3)。

眞鍋さんのてきぱきとした質問にとても素直に答えておられる。

素直な上に自然体で、我を張らず謙虚。

コレ、まるで眞鍋さんが眞鍋さんにインタビューしてるみたいだ。

 

でも、似ているが故に、相違点も浮かび上がってくる。

例えば時間感覚の違い。

若さと美貌のグラドルとしてデビューした眞鍋さん。

若さに変わるものを身につけなければ生き残れない。

美貌は保てても若さは時間。

だから、F1の様にフルスロットルで全開走行を続けている。

 

他方、作家は一生仕事。

作風の変化はあっても物書きは物書きだから、

やることは一つ。

「30までにベストセラーを」なんて焦ってもしょうがないから

腰を落ち着けて取り組める。

無論、個人差はあるだろうけど、

若さの限界に追われることはない。

 

我を張らず、素直で謙虚な眞鍋さんだけど、

その反面、至って元気、かつアクティブ。

穏やかで「マイナス思考」と自己評価する角田さんと

ちょっと違う。

 

結果、恋愛に対しても

以前から「バリバリ追っかける派」を自称する眞鍋さんに対し

種をまいて耕し、水をやって育てる派の角田さん。

まさに対照的。

 

ただ、いつもとは逆に、褒められたりおだてられたりの眞鍋さん。

「恋愛ハンター」の上に「結婚していても(恋愛の)ディテールだけを楽しんで」後を切ってしまえば「罪にはならない」と、浮気宣言(?)まで飛び出した。

どえらく強気になってしまったけど、

眞鍋さん、意外とおだてに弱い?

それとも、

ディテールだけを楽しむ遊びの恋愛術を身につけたと言う事か。

その方が、ディテ-ルに溺れる自爆型よりは、

ずっと頼もしくはあるけれど。

 

売れても売れなくても、作家は小説を書くより他にない。

でも眞鍋さんは ・ ・ ・

キャスターなどジャーナリスティックな世界を足場に、

バラエティーやドラマにも出る麻木師匠の後継者になるのか。

浅野ゆう子さんの様に、30過ぎて演技に開眼。

大女優への道を歩むのか。

それとも、新たに眞鍋さんだけの第3の道を切り拓くのか。

まだ分からない。

 

だが、いずれにせよ、眞鍋さんには信じていい可能性がある。

実現を望みたいのはベストセラーよりロングセラー。

そうあって欲しいと心から思う。

 

今日もスタートグリッドに並ぶ眞鍋さん。

でも人生は、全開走行のSSだけじゃなく、

周りに合わせるリエゾンもあるラリーみたいなもの。

SSで勝ってもリエゾンで負ける事もあるから分からない。

でも、手抜きをしない眞鍋さんなら心配なし!

安心して勇姿を見守ることにしよう。

 

|

« 眞鍋さん一人の3ポーズ壁紙出現 | トップページ | 形になってきた魅力の総合商社・眞鍋さん »

眞鍋かをり・書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベストセラーよりロングセラー:

« 眞鍋さん一人の3ポーズ壁紙出現 | トップページ | 形になってきた魅力の総合商社・眞鍋さん »